「すぐに実行したい気持ちはわかる。だが、焦ってはいけない。まずは任務を優先しなさい」

 今すぐにでもデュークの命を救おうとしているレーヴに、ロディオンは言った。

「盛り上がった若者は止まらないものだ。両思いになって浮かれた君たちが任務を失敗したりしたら、目も当てられない。安心しなさい。デュークは君がそばにいる限り、絶対に消滅しないから」

 恋する男は愛する女性の前ではかっこつけたいものだから、とロディオンは苦く笑んだ。

 彼の言葉に、レーヴの頬が赤く染まる。うっかりデュークにされた恥ずかしい記憶が蘇って、ついでとばかりにハッピーエンドを迎えた自分たちがキスをするところまで妄想してしまい、恥ずかしさをごまかすように自身の頬をパチンとたたいた。

(ば、ばかばか! 今は任務って言われたでしょ。デュークとのことは、後よ、後!)