近衛騎士であるジョージの任務は、王族の警護と王宮の警護である。

 かつては王直属の軍団だった近衛騎士隊も、軍事国家となってからは名称のみを存続した形となっていた。

 ジョージとエカチェリーナが所属する近衛騎士隊第四小隊は、王位継承権第三位を有する第二王子、アリスタルフ・ロスティの警護を担当している。

 国民からの人気は軍司令部に集中し、王族は二の次にされがちだが、第二王子は見目の良さから好意的な支持を得ている。

 南方の異国から嫁いできた母親似のエキゾチックな容貌は、ロスティでは珍しい。前王から受け継いだ紫がかった青い目が、その雰囲気をさらに神秘的な印象にしていた。

 深窓の令嬢のような白い肌のなよなよした王族が多い中、生まれつき肌が浅黒く、腹が割れるほど鍛えられた体は、細身ながらなかなか頼りがいがあるように見える。