目に映ったのは、月明かりに照らされた一人の女性だった。

 カラスの羽のような光沢のある黒髪が、夜風にサラサラと流れている。

 長いまつ毛に縁取られた目は意地悪そうにつり上がっていて、小さな顔に高い鼻梁と上品そうな唇が収まっている。

 胸は大きく、腰はキュッとしていて──腕も足も細く長く、女性の理想を詰め込んだような羨ましい体躯がそこにあった。

(うげぇ……)

 色気のある女性だ。口元の小さなホクロは、嫌でもキスを連想させられる。
 魅惑的な体に禁欲的な近衛騎士の服を身につけた姿は、背徳感が漂っているようだった。

 いかにもどこぞの良家のお嬢様といった風情の美女は、レーヴに指を突きつけて仁王立ちしていた。そんな姿さえ気高く見えるのだから、美女というのは得である。