この世界は滅びの一途を辿っている。

と、いうのも

約10年前辺りから、津波、地震、台風、日照りなど自然災害が多く、例年にない酷い災害ばかりが続いている。更には

10年前まで大人しかった、魔獣や妖魔が正気を失い人や動物、挙げ句は同族まで襲い喰らうようになってしまった。

人々は、それを伝説の“幻の国”に原因があるのではないかと噂していた。


この世界は8つの国(大陸)がある。

それぞれ、民族性で能力も老いるスピード、寿命さえ全然違うし国の特産品や気候、衣服や文化などそれぞれ違う。

魔法や波動の存在する世界。

しかし、魔法も波動も使える者は世界でも数少ない。

魔法で言えば、光、水、火など、それぞれの属性を一つ、小さなビーズ玉一つ分出せただけでも驚かれるほど希少である。

その希少さはほぼ波動も同じである。

この世界の波動とは、音、空気、様々なエネルギーの振動を操るのだが、主にその力を増幅させ発動させる。

その力を使えるものも希少だ。


魔法と波動にはそれぞれランクもある。

最低ランクのFから最高ランクの特Sまで存在するが、今のところ

魔法の特Sクラスは、現在0名。

波動の特Sクラスは、現在1名。

ーーーーー

魔法のSクラス、現在2名。

波動のSクラス、現在1名。


ーーーー


魔法のAクラス、現在5名。

波動のAクラス、現在10名。


ーーーー


魔法のBクラス、現在30名。

波動のBクラス、現在50名。


ーーーー


魔法のCクラス、現在250名。

波動のCクラス、現在500名。


ーーーーなど、ランクにより人数も限られてくる。ちなみに最下位ランクのFクラスに至っては


魔法、10000名。


波動、25000名



が、確認されている。

と、魔法、波動の力を持った者は世界中どこを見渡してもこのくらいしかいない。

そして、それらの力を持ったDランク以上の者の多くは城で働いている。

その世界を支える柱となっているのが、神秘の国“幻の国”と言われている。

幻の国は世界中にあらゆるエネルギーを送り、生命の維持、安定、自然の秩序を守っているのだと言われている。

しかし、ほとんどの人々は幻の国など見た事も無く

ごく稀に、その国へ行く事ができたという者もいたが、変わり者とか精神状態がおかしくなっているんだと病院に連れて行かれる始末。

ほとんどの人々は、幻の国の存在など本気で信じてはいなかった。

無いものとされている為に世界は8つの国しかないと思われていた。

だから、“幻の国”なのだ。


ところが、数年前に全世界が眩い光に覆われ、その光が消えた時

突如として

何も無かったはずの海の上空に、謎の小さな大陸が浮かんでいたのだ。


しかも、全世界の空に神々しい仮面を被った人物の映像が浮かび上がり

その人物は、こう言ったのだ。


『我は、精霊王国の王である。
世界は今、破滅の一途を辿っている。遅くとも30年後にはこの世界は滅びる。

何故なら、今まで世界に様々なエネルギーを送り自然の秩序を守っていた我が王国であったが、恐ろしい悪魔により世界を守る為の“宝の一つ”が盗み出されてしまった。

その為、我が王国は力を失いつつある。

世界の破滅を食い止める為にはその“宝”が必要。

よって、皆のものにはその“宝”を探し出してほしい。見つけた者には、褒美として“不老不死の薬”と“永遠と遊んで暮らせる財宝”を与えよう。』


と。

それを聞いた世界中の人々は、実在した幻の国と精霊王の褒美の内容に希望を見出し興奮したと同時に絶望もした。

冷静になって考えると、精霊王のいう『宝』の正体が分からないのだ。どんな形をして、どんな大きさ、色をしているのか。まったくの不明である。

それが知りたく、海の上に現れた幻の国へある国は飛行する乗り物に乗り、ある者は魔法で、ある者は波動術で飛行し行ってみたのだが強力なバリアーが施され入る事などできなかった。

何度、呼びかけても返事すらなかった。

しかも、精霊王が現れたのはその時の一度のみ。それ以降、何年も精霊王は姿を見せる事はなかった。




ーーーーーーーーーー



…ハァ、ハァ!

…なんで?どうして、こうなってしまったの?


小さな少年は、魔獣や妖魔に跨った大人達に追いかけられていた。

何人で追いかけてきているのか、よく分からないが幼すぎる少年には何百、何千人にも追いかけられてる気持ちだったし、鎧を着ていたり魔法衣を着ていたり…何故、自分が武器を持った大人達に追いかけられているの分からなかった。

ただ、分かるのは、この大人達は自分達の敵である事。悪意を持って、自分達を追いかけてきているのだ。

…怖い…怖くて、自分の抱えているものを投げ出して助かりたい気持ちになる。
だが、自分の胸に必死になってしがみつき泣きじゃくる赤ん坊を見るとそんな事もできなかった。

知ってるから。

この赤ん坊は、自分がいないと何も出来ず死んでしまう弱い存在だという事を。

けど、悔しいが今の自分には何も出来ない。

ただただ、ヤツらの攻撃をかわし逃げるのがやっとで反撃する余力も何もない。

今、思う事は

なんで、こんな事に?怖い、助けて…誰か助けて!

だ。

雷雨で天候が荒れ狂っている。

必死で逃げるうちに、恐れと恐怖、困惑で混乱していた精神状態も落ち着きを取り戻してきて幼い少年の心が一つの気持ちに固まってきた。


逃げなきゃ!今は、とにかく逃げるんだ。

そして、助けを求めるんだ。

悔しいけど、今の俺にはアイツらを倒せるほどの力が無いから。

とにかく、幼い少年は逃げ必死に叫んでいた。幼すぎる少年は赤ん坊につられて大泣きしながらもとにかく必死に叫んだ。

生きる為に。


「…助けて!誰か、助けて!!うわぁぁぁーーーーーっっっ!!!!」


胸に小さな小さな命を守るように抱えながら。

しかし、小さな命はこの大雨に濡れ、弱過ぎる体は体温を奪われたのだろう。
泣く力も無く体がグッタリとしていた。少年はそれを感じとると消えゆく小さな命に恐怖でどうにかなってしまいそうだった。

それに少年ももう、疲労困ぱいで体力の限界がきてしまい豪雨でぬかるんだ地面に足を取られ地面に倒れていった。

そして、ついに…

少年は、誰かに腕をガシリと掴まれてしまった。




……………………


……………




「…ウッ、ウワァァァァーーーー!!!???」


ユサユサ!ユサユサ!


「…ょうぶ?大丈夫?」


と、呼ぶ声にハッと目が覚めた。

パチリと目を開けると、自分の目の中に愛おしいまん丸な顔が心配そうに自分を覗き込んでくるのが見えた。

嫌な汗をたくさんかいたのだろう。自分の髪や服はビッショリと汗に濡れている。


「…どうしたの?怖い夢でも見たの?」


そう聞いてくる、プクプクまん丸な少女に


「…!?も、申し訳ございません!
私の汗で布団を濡らしてしまいました。」


と、慌てて謝り慌ててシーツと布団の替えを用意しようと動いた。

すると、プクプクな手で手を掴むと


「シーツより、サクラの着替えの方が先じゃない?風邪、ひいちゃうよ?」


と、心配そうに自分を見てきた。


「滅相もありません!私の事などいいのです。早く、シーツを取り替えないとショウ様にご迷惑がかかります。」


ショウの気遣いにキュンとしつつも、アセアセとシーツと掛布を取り替え軽くシャワーを浴びて戻って来た。

そして、いつものようにショウのいる布団に入り、いつものようにショウのボンレスハムのような体をそっと抱き締めた。
いつもと変わらず、フワフワ、プニプニで気持ちがいい。


「サクラ、どんな怖い夢見たの?オバケ?」


そんな風に、ワクワクしながら聞いてくるまん丸体型の少女ショウは今日で12才となった。


何故、このタイミングであの時の事を夢に見たのか。幼い頃はよくこの夢を見てはうなされていた。

しかし、何故か分からないがショウが側にいると心が穏やかになり怖い夢も見ないのだ。

それが分かってから、サクラはずっとショウと一緒の布団で眠っている。

さっき、怖い夢を見たのはショウがトイレに行き側にいなかった為と分かった。

いつもなら、怖くて一人でトイレに行けないのでトイレの度にサクラは起こされトイレに付き合わされる。

しかし、ごく稀に平気な日もあるらしい。それが、たまたま今だったわけで。

でも、今の今まで少しばかりショウが側にいない程度の短い時間であったなら、この夢を見る事は一度もなかったのに。

…何故だろう。不吉な予感がする。


そして、サクラは習慣のようにショウの顔中に軽くキスを落としショウの眠り顔を眺めていた。


「…ショウ様…」



言いようのない不安から、サクラはショウを包み込むようにギュッと抱き締め
自分が寝付くまで何度も何度もショウの首口や肩に口を這わせ吸い付いていた。

その度に、漏れ出すショウの甘美な声に興奮を覚えながら。