【真湖サイド】


その後は無事に結婚式を挙げることが出来て、私の名前は「中村真湖」になったけど、職場ではめんどくさいから、「小松」で通してる。


「あれ…?悠斗まだ寝てたんだ」


いつもなら私より先に起きてる悠斗がなぜかまだ布団の中にいた。


中「ん…真湖…おはよう…ハァハァ」


目が潤んでて、頬が赤くて、すごく汗かいてて、鎖骨らへんを汗が伝っててそれが無駄にエロいんだけど…。


……じゃなくてっ!


「ちょっと!悠斗大丈夫??」


中「ん?…なにが?ハァ」


「なにがって…顔赤いけど!ちょっあつっ!!悠斗熱あるじゃん!!」


おでこを触ってみると、案の定すごく熱い。


熱を測ってみると、38.9℃もある。


「寒い?」


中「暑い…かな…ハァ」


汗もかいてるし、暑いってことは、もう上がりきったか。


今日は私も悠斗も仕事休み。


病院連れて行ってあげたいけど、動くのキツそうだから、私が病院に行って、先生に薬処方してもらおう!


そのために、私が軽く診察してあげなくちゃ!