ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 図書室
    • 壁ドン

    放課後図書室で調べ物をしていると急に同級生の男の子が正面に座ってきた

    驚く私に彼は「俺も使っていい?ここしかなくて」
    と一言

    「まだ空いてるのに?」と私がからかい気味に言うと

    突然私の腕を引っ張り
    壁に押付けられるとがっちり体制を取られ身動きが取れなくなってしまう

    そして「嘘、ホントは君が来るの待ってた」

    (もしかして私今壁ドンされてるの!?)

    開く閉じる

    • 後輩
    • 卒業式
    • 校門前
    • 告白

    私の好きな人は後輩の泉くん。

    私と同じく水泳部で、特別扱いしてくれる彼に恋していた。

    ても泉くんはモテるしチャラいし、何しろ私は脈ナシだし…って諦めて見つめるだけの日々が続いた。
    そしてとうとう彼の1つ歳上の私は卒業を迎えた。

    今は卒業式が終わって、最後のお別れの時間。

    泉くんはどこかと気づいたら私は探していた。

    「先輩もしかして、俺探してる?」

    「え!?うん、まあ?最後だし挨拶ぐらいしたいなーって。」

    「ふーん、あ、俺先輩にプレゼントある!」

    「え!?なになに!?」
    好きな人からのプレゼントなんてとても嬉しい。
    「俺だよ。俺がプレゼント。」

    「先輩いつもすごい熱っぱい目で俺の事見てくるんだもん、好きだって気づくよ。」

    「バカ、好き。」恥ずかしくてそれしか言えなかった、

    「よく出来ました。」
    彼は、たくさんの生徒がいる中、私にとびきり甘いキスをくれた。

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 体育館
    • 宣伝エアラブ

    私は今春樹くんや隼斗くんたちと
    鬼ごっこをしているの!

    何戦もして疲れたから今は休憩中。

    その時、ふと気になったことがあって聞いてみた。


    「隼斗くんて、私の名前知ってる?」

    「そこまで馬鹿じゃねえよ。恋歌結愛だろ」


    そりゃ知ってるか。


    「でも隼斗くんいっつもお前とかハゲとかで私の名前呼んでくれたことないよね!」


    事実だもん。



    「結愛ちゃん」


    え?


    「はい呼んだー」



    きゅううん、、





    このときめきは誰にも教えてあーげない。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ビター・シュガー (来栖璃稀/著)

星月姫薇さんの「ドキキュンシェアハウス」企画に参加させて頂きました。

淳史と桃のこの先は……果たして?

  • こんばんはぁ。
    感想を残すのが遅くなりまして申し訳ないです。
    (読み終わってたのに感想書いてなくて、もう一度読んじゃいました。)

    この後の2人が気になります(;_;)
    桃が恥ずかしがって上手くかわしちゃうのか素直に受け入れるのか?かなり気になっています…!
    しかもベッドで昼寝しちゃうとか…敦史にとっては修行(書きたかった単語が✕になってしまったのでコレで察して(笑))みたいな感じよね。
    理性と誘惑の狭間で悩む敦史が目に浮かぶようだわ(^^)
    二人のやり取りも好き。
    璃稀ちゃんのキャラってどの作品のやり取りも好きになっちゃうんだよね。
    キャラ作りが上手いからページをドンドンめくっちゃう(笑)

    敦史の思いが伝わると良いな。
    私は敦史を応援しています。
    二人のやり取りもっと読みたかったなー。

    素敵なお話ありがとうございました!
    是非とも敦史を幸せにしてあげて下さいませ!

    桜井 響華   2019/09/12 01:11

    響華さま、おはようございます!

    企画物なので、まだ先は書けないのですが(苦笑)、私もこの二人を書いていてとても楽しかったです(笑)
    彼にとっても彼女にとっても、この恋はまだまだ未熟で…。
    そこを今後上手く出せたらいいなぁと思いつつ、あれこれ考えております。

    そして、キャラのやり取りを好きになって下さってありがとうございます♡
    そう言って頂けると、感激の涙で前か見えません(笑)

    この度は素敵な感想をありがとうございました♡
    今後も彼らの恋の行方を応援してやって下さいね♡
    頑張って参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します♡

    作者からの返信 2019/09/24 08:01