ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 新学期SP【お題】

    「あ、桜…」

    新学期、最初の登校日。いつもの通学路を歩いていると、ふわりと目の前を横切る薄紅色の花弁。

    「まだ残ってたんだ」

    また、ひらり。数枚の薄紅色に釣られるように顔をあげる。時季はとうに過ぎてはいるけど、小さな花が幾つも風に揺れていた。

    「やっぱり好きだな、桜」

    昔から、桜が好きだった。

    もう花は散ってしまったと思っていたから、残っていたのが何だか嬉しくて、見上げながらゆっくり歩く。

    刹那、風が吹いた。

    「…っ」

    咄嗟に目を瞑る。

    風がやんで、瞼を開いた先にいつの間にか一人の男の子が立っていた。

    思わず声が溢れた。

    「桜…」

    その声は耳に届いたようで、振り向いた彼は笑う。

    「よくわかったね」

    「え?」

    「名前。…ねぇ、学校同じだよね?制服同じだし」

    「う、うん」

    桜色の髪の彼は、私の前で綺麗に微笑んだ。

    「俺、佐倉 隼人。これからよろしく?」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 廊下
    • 新学期SP【お題】

    「あれ?凜?」

    凜「あ、先輩っ!」

    「ここ、受けたんだ」

    凜「あれ?言いませんでしたっけ?」
    優「俺は知ってたぜ?」
    ヘラッと笑う優は俺の幼なじみ

    そして凜は俺らが大事にしてる後輩

    凜「これからもお願いしますね?先輩っ!」
    嬉しそうに笑う凜

    「ーーーな?」
    凜が顔を赤くする


    優「何吹き込んだんだよ!」
    言えるわけねぇ

    覚悟しとけよ?俺の女にして見せるからな?

    何てカッコつけて言ったなんて///

    凜「先輩のバカっ」




    思いが通じるのはまだ先になりそうだな///

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 新学期SP【お題】

    「春陽と一緒に過ごすのっていつぶりだろ」

    「中学になってからは話してもないから、小学生以来じゃない?」

    麗らかな日差しと春風。

    「眠たいな……」

    「んじゃあ、昼寝すれば?」

    ポンポンと優は自分の膝を叩いている。

    「え、じゃあ……お言葉に甘えて……」

    高鳴る私の心臓がうるさい。

    でも、単なる私の片思いなんだよね?

    優の膝に頭の任せて目を閉じる。

    優が髪をすいているのがわかる。

    どうか、このうるさい鼓動が聞こえませんように。

    「春陽、俺さ……お前のことがずっと好きだった。一生幸せにするから付き合ってくれ」

    突然のことに驚いて目を開ける。

    「好きって……」

    「春陽のことが好き」

    「わっ、私も!優くんのこと、大好きだよ!こんな私でよければ付き合ってください!」

    唇に柔らかなものが当たっているのが分かる。

    「んっ……!」


    「春陽……好きだ」

    「私も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

強気なサッカー選手の幼馴染みが、溺愛旦那様になりました。(番外編) (蝶野ともえ/著)

  • 楽しみにしてます

    sadsukgc   2019/02/16 00:16

    sadsukgc様

    わざわざ返信ありがとうございます!
    楽しみにしてもらえて嬉しいです!楽しみながら更新していきますので、よろしくお願いいたします。

    作者からの返信 2019/02/16 21:17

  • 蝶野ともえ様

    番外編、毎回楽しみに読ませてもらいました⭐本編終わってからすぐに、番外編がはじまったので、千春秋文熱が覚めない内に読むことが出来て、嬉しかったです。

    出、立夏のお話もあって、そして、二人がくっついて、嬉しかったですが、秋文が好きだったの!?なんてびっくり(笑)でした!

    同じ位で。年下研究者のお話もよみながら、とってもキュンキュンしてました。先生の作るヒロインヒーローは、とても、愛らしいななんて思いながら、感情移入しまくってました!
    ちなみに、年下のお話は二人ともある程度年齢はいってるのにお互い初めてという、シチュエーションに悶えていました

    違うお話の感想も含めて書いてしまって、すみません⭐私達読者の思いも考慮して書いて下さり嬉しいなと思ってます。また、楽しみに読ませて頂きます(〃艸〃)

    tarara   2019/02/15 23:06

    tarara様

    いつもコメントありがとうございます。とっても嬉しいです。番外編も読んでいただけたようで、感謝感謝です!すぐに連載できてよかったーとおもっております。
    秋文が好きだったという設定は、本編から考えていたものなので、こちらで書けてよかったです。確かに驚きのないようでしたよね笑

    「恋愛下手な年下研究者~」も読んでいただいたようで!ありがとうございます。そして、先生!!と、呼んでいただけて嬉し恥ずかしです(ありがとうございます!)。愛してもらえるキャラクターになれれば私も大切なキャラクターなので、とっても幸せです。
    年下彼氏設定は、きゅんきゅんが多くて私も好きなのです。初めての恋愛ってドキドキしますよね。

    こちらこそ、沢山感想いただけて嬉しいです。感想を貰えるとやはり力になるな~と感じました!
    感想楽しみにしております。

    他の作品も、どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/02/16 21:16

  • 千春への劇愛羨ましいしお互いに思ってる事、羨ましいな(*^^*)

    引退後、お話も読めたら嬉しいです(*^^*)

    前回もだけど話の内容が解りやすくてとても感情移入し感動しましたm(__)m

    結城せいらん   2019/02/14 20:53

    結城せいらん様

    コメントありがとうございます!
    2人ほラブラブなところを楽しんで貰えたようで嬉しいです。
    私もとっても羨ましいですー!

    続編のリクエストもありがとうございます。
    また書けるように頑張りたいと思います。

    解りやすいと言っていただけて、安心しました。ドキドキして、少しきゅんとして感動出きる話を目指していたので、すごく嬉しいですし、また書き続けたいなと思いました。

    感想本当にありがとうございました!
    次の作品も、よろしくお願いいたします。

    作者からの返信 2019/02/15 19:02

  • 秋文千春への溺愛が羨ましい。
    完結してしまうのが寂しい😢
    続編読みたいのでお願いします
    引退後の話や子供の話、立夏と出の
    恋愛などを読みたいです😍💓💓

    sadsukgc   2019/02/13 00:45

    sadsukgc様
    いつもコメントありがとうございます。
    溺愛の甘い生活を書けて私も楽しかったです。
    完結を寂しく思っていただけるなんて!嬉しいです!
    すぐには続編は書けないのですが、いつか書けたら嬉しいです。リクエストありがとうございます。

    次の作品もどうぞ、よろしくお願いいたします。

    作者からの返信 2019/02/15 18:58