ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

瞳に太陽、胸に星 ~誤解から俺様アイドルに付きまとわれてます(困)~ (寿すばる/著)

  • 気になって一気に読んでたらこんな時間になってました!!!
    次の日、学校なのに……!!

    なんていうか、すっごくいいですね!!!!
    ほんとに私が好きなような内容で気に入っちゃいました!!


    はぁ〜っ!!!!続きが早く読みたいです!!!!
    楽しみにしています!!!


    素敵な作品です!!!!
    こんな素敵な作品に出会えて良かったです!!!

    楽しみにしています!!!!

    Rukki*   2019/01/21 01:11

    感想ありがとうございます!!!!

    なんという嬉しいお言葉。・゚・(ノД`)・゚・。
    寝不足にさせてしまってゴメンナサイ><
    だけどそれくらい楽しんでいただけていると知って、私も寝不足覚悟で頑張れそうです!

    次章からはちょっと急展開していくので、
    もしかしたら途中、少し不安にさせてしまうかもしれませんが、その先の景色を、ちとせと一緒に観てほしいです!

    頑張って書き上げますのでどうか最後までお付き合いください(≧∇≦)ノ

    作者からの返信 2019/09/12 08:49

  • こちらでは初めましての桜井です。
    足跡残すのが遅くなりましてすみませんです。
    スピンオフ読ませて頂いたのですが、こちらが本編との事で、こちらもお邪魔しちゃいました!
    まだ中盤なので読み終わりましたら、再度、感想を書きにお邪魔しまする。

    桜井 響華   2019/09/11 22:56

    きゃー(≧∇≦)スピンオフ読んでくださったんですね!
    それだけでも喜びなのに本編まで来てくださるなんて!嬉しすぎて息の根止まる!
    拙いですがハラハラドキドキ楽しんでいただけたらなと思います!!

    作者からの返信 2019/09/12 08:47

  • 230ページあたりを今読んでいます。
    切なさと甘さのバランスが良くて、ついつい読み進めてしまいます!
    俺様だけど、主人公への思いやりが見える秋田くん、かっこいいです。
    だからいつもと違うキスに隠された強い思いに、ぐっと押されました。
    主人公は当分、戻らない過去に夢を見続けると思いますし……先輩と姿が似ている分余計に切なくなります(´;ω;`)

    主人公も自覚した、と思ったら友達からの忠告……。信じている友達に言われたら踏みとどまりますよね。
    過去や立場など壁は高いけど、二人が壁を越えて歩み寄ることができれば……!

    フェザーフォルテ   2019/02/07 23:31

    いつも読んでくださりありがとうございます!!
    ちゃんとした恋愛モノをまだ書いたことがなかったので、ハラハラドキドキの甘くて切ない恋を一生懸命書いてみました(*´∇`*)
    最後まで楽しんでいただけたら嬉しく思います(≧▽≦)ノ

    作者からの返信 2019/02/07 23:38