ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺がきみの一番になる。 (miNato/著)

感想を頂けると、すごく励みになります(*´˘`*)

  • こんにちは!
    ひとつ、質問があります。
    今、miNatoさんの過去作品を2回目、3回目…と読んでいて、現在は『ずっと、君が好きでした。』を読んでいるんです。
    そこにしずくちゃんという主人公のお友達に『柳井亜子』ちゃんというしずくちゃんから『やっちゃん』と呼ばれている女の子がいるんですが、もしかして、それはこの作品の主人公の亜子ちゃんですか?
    同姓同名なので「もしかして……」と思い、質問してみました。
    お答え頂けると嬉しいです!


    これからも頑張ってください!
    応援しています!

    宮風 和歌   2019/08/20 20:49

  • miNatoさん
    完結おめでとうございます
    やっぱりサイコーでした

    途中朱里が出てきたときはハラハラするやらイライラするやらどっぷり亜子に感情移入してしまいました笑笑

    でもハッピーエンドで本当によかった
    いいお話を読ませて頂きありがとうございました

    これからもmiNatoさんの作品楽しみにしています
    お疲れ様でした

    追伸 完結したばかりですみませんがよければ続編書いて欲しいです
    お願いします

    syuntoki   2019/06/10 21:48

  • 完結おめでとうございます🎉🎊
    亜子ちゃんが天然かつドジっ子で、とっても可愛かったです❤️
    プールサイドで寝ちゃって、しかも怪我して倒れているのかと思われちゃうなんて(笑)
    でも、ただの天然じゃなくて家事もしっかり出来てお弁当も自分で作れるなんて女子力高いな〜って思いました✨✨
    亜子ちゃんみたいな優しい子にクラスで友達がいないなんて‥💦って思ってたので咲希ちゃんが友達になってくれてよかったです!!
    でも、亜子ちゃんの友達に私がなりたい(笑)!!
    なので、亜子ちゃんがいじめられてるシーンでは感情移入しちゃって、本当に辛かったです‥
    でも、いじめてた主犯の沢井さんを亜子ちゃんが誰の手も借りずに1人で解決できたところがすごいなぁって思いました!!
    太陽くんもエピローグでは結構ひどい人だったけれど、だんだんと読んでいくうちにただのひどい人ではなかったのかな〜って思いました。
    でも、もう少し亜子ちゃんを優しく振って欲しかったと今でも思ってしまうけれど‥💦
    朱里ちゃんが出てきた時はどうなっちゃうの〜ってハラハラしたけど、最終的に2人の想いが強くなってよかったです✨😊
    朱里ちゃんにも本気で好きになれる人が現れますように!!
    お金持ちの両親って頑なだったり厳しかったりすることが多いのに、草太くんの両親は優しくてラブラブでいいな〜って思いました✨!!
    私も草太くんみたいにまっすぐ想いを伝えてくれる人が現れて欲しいです(笑)
    最後に2人の子供のゆずちゃんまで見られるなんて✨✨
    超絶かわいいんだろうな💕💕って想像しちゃいます!!
    咲希ちゃんと高木くんがテーマパークのシーンですっごく仲が良さそうだったので、何か進展あるかな!?と思ってはいたけど、まさか結婚するなんて✨💒
    欲を言えば亜子ちゃんと草太くんの結婚式も見たかったです(笑)
    miNatoさんの作品は主人公がだんだんと成長していくところが大好きです❤️😍
    今回の作品でさらに大好きになりました!!💕
    他の作品も読んでいるので、また感想書かせていただきます!!
    特にキミに捧ぐ愛を早急に読みます(笑)
    素敵な胸キュン作品をありがとうございました💕💕

    桃咲 あんず   2019/06/08 22:07

  • 完結おめでとうございます!
    亜子ちゃんのお話、結愛ちゃんのお話を読んだ時から読みたいと思ってたんです!
    また、結愛ちゃんと亜子ちゃんの絡みとか読みたいです!
    そして、咲希ちゃんと亜子ちゃんの絡みも読みたいです!

    お話を書いてくださって本当にありがとうございます!

    宮風 和歌   2019/06/07 22:43

    こんばんは、コメントありがとうございます!ようやく完結致しました!
    キミに捧ぐ愛から読んで下さっていたんですね!
    太陽が最低すぎて、亜子がすごくかわいそうだったので、私もずっと亜子ちゃんのお話を書きたいと思ってたんです。
    なので、そう言ってもらえてとても嬉しいです(*´꒳`*)
    最後まで読んで下さってありがとうございました♡

    作者からの返信 2019/06/07 23:10

  • miNatoさんの作品大好きです!
    いつも本屋で買ってます♥
    続きがすごく楽しみです!
    これからも頑張ってください︎💕︎
    応援してます!

    あんさん♪   2019/03/28 15:59

    あんさん♪
    コメントありがとうございます!大好きといってもらえて、とても嬉しいです(∗ ˊωˋ ∗)
    しかもしかも、書籍を購入してくださっているんですね!!ほんとにありがとうございますー!
    これからもがんばりますので、よろしくお願いしますー(˶ᵔᵕᵔ˶)

    作者からの返信 2019/03/28 16:22