ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • ブラインドタッチ

    ブ○インドタッチは忘れたよ。学生の頃、2年間かけて体で覚えたスキルなのに。10年以上もパソコンには触らせてもらえない。大切な犬と君がいるからね。そんな日常に夢をみた。ブ○インドタッチを取り戻せてる夢を、2回も。連続で。

    そんなこと話したら「俺がお前に」ブ○インドタッチすればいいんだろう?と、馴れた手つきでと、耳もとで甘く囁かれた。



    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腕ゴールドテープ

    「ええと、バスは」
    「……何してんの」

    迷子の美友は背後の先輩に驚いた。

    「え?退けます、あ!」
    「おっと」

    彼はすっと腕を伸ばし美友の行手を阻止した。

    「そっちは船乗り場だけど」
    「す、すみません」

    彼は腕の中の彼女に溜息をついた。

    「新入生だろ。一緒に来いよ」
    「いいんですか」
    「ああ。船に乗られたら困る」

    そんな二人はバスに乗った。

    「揺れるぞ」
    「きゃ」

    またまた美友を抱きしめた彼は微笑んだ。

    「お前さ。学校に通う気あるの」
    「ありありです」
    「ハハハ」

    そして一緒に空いた席に座った。

    「眠……着いたら起こせよ」
    「はい」

    美友の肩に頭を乗せて彼は寝たが美友も寝たので、他生徒が学園前で起こしてくれた。

    「降りますよ生徒会長って、彼女ですか」

    美友の寝顔に彼は頬寄せた。

    「……どうかな?おい!お前、着いたぞ」

    寝起きの二人は手を繋いで校門へ向かった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 体育館
    • 告白

    部活動の終了時間がきて、みんなが一斉に後片付けと帰りの準備を始める。
    マネージャーの私も、帰りの準備を済ませ、
    体育館を出ようとする。

    ふと横目に扉の開いた体育倉庫が見える。
    誰かが閉め忘れたのだろう。

    扉を閉め振り返ると、
    学年一のモテ男で、バスケ部1年のエース
    時川隼人が。

    「まだいたの?早く帰りな」と帰宅を促す。

    すると
    『僕、先輩に言いたいことがあって』と腕を掴まれる。
    『先輩は、学校中の男子からモテてて、かなりの話題になってる。
    それに、年上が好きだってことも
    僕は1度振られたから、僕じゃダメだってこともわかってます…
    だけど、やっぱり好きなんです!
    先輩がいいんです!諦めれないんです!
    付き合ってくれませんか』と。

    彼が好意を寄せてくれてる事を知り気になり始めていた私。

    「私、年下と付き合うのは初めて。
    ほんとに私でいいの?」
    と聞くと笑顔で全力で抱きしめてくれた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

恋の音が聴こえたら、君に好きって伝えるね。 (涙鳴/著)

  • こちらの作品、実は今何回も読み返しているんです!笑

    学校には書籍化されている本を持っていってて、もう最高ですね!!
    チャットの名前を見て違和感を抱かない小鳥ちゃん可愛すぎる♡

    涙鳴さんの作品は、私にとってありがたい作品ばかりです!
    本当に素敵な作品ありがとうございました🍒

    冬雪 うゆ   2020/02/18 23:34

  • 涙鳴さん、こんにちは!
    感想を書くのははじめましてです!

    いつも周りに馴染めない小鳥ちゃんと自分を重ねてしまいました。。私も周りに馴染めなくて。。でも!涙鳴さんの小説から勇気をもらっています!

    そして、自分の気持ちを素直に言えない、不器用な虎白くん。でも虎白くんの優しさに感動しました!。。。そして夢に向かって真っ直ぐな虎白くん、カッコイイと思いました!✨
    私も夢に向かって頑張りたいです!

    涙鳴さんの小説全部、ほんとに好きです!💞

    赤神   2019/05/01 14:05

  • はじめまして!小説読ませて頂きました。
    何でしょうかこの感情は!笑
    予想が読めそうで読めない展開の話。
    うーん、不器用な虎白くんの行動がまたいいですね!
    不器用さがなんともいい!

    私も思いつきで小説書いて見ましたので、よかったら読んで欲しいです。失礼ですが、、、

    早く続きみたいです!楽しみにしてます!

    kiwa__   2019/02/05 18:15

    kiwa__さん、感想ありがとうございます!
    お返事遅くなってしまって、すみません(; ;)

    不器用さに胸きゅんしてもらえて、嬉しいです!
    続きは書籍になってしまうのですが、見ていただけたら嬉しいです( *´︶`*)

    そして、小説なのですが『隣の部屋の彼』を拝読しました。冒頭部分の執筆中のようだったので、初めしか読めていないのですが、どこかで文章をならっていたのかな?と思うくらいしっかりしていて、感動しました!

    続き、頑張ってくださいね!
    応援しています!

    作者からの返信 2019/03/15 12:02

  • 涙鳴さん、はじめまして!
    書籍で読ませて頂きました。

    不器用で、でも優しい虎白くん、その優しさに何回心臓がぎゅーっとなったか。。。
    キュンキュンしっぱなしでした…!!

    そして、音楽の道を志している虎白くん。
    私も音楽をやっているので、気持ちがよくわかります。
    夢に向かってまっすぐ進んでいこうと思いました!

    実は私も野いちごで小説を書いているので、ぜひ読んで頂けると嬉しいです…!!
    涙鳴さんの小説、いつも参考にさせて頂いてます。

    恋の音、聴こえました!!

    天音 星叶   2019/01/13 21:17

    天音さん、感想ありがとうございます!
    書籍の方を読んでくださったとのことで、
    お迎えくださって嬉しいです( *´︶`*)

    天音さんも音楽をやられているとのことで、
    名前にも『音』が入っていて素敵ですね!

    小説に、音楽に、頑張ってください!
    天音さんが進みたい道が明るく照らされていますように、陰ながら応援しております!

    作者からの返信 2019/01/17 18:01

  • こんばんは
    お久しぶりです!
    自分の気持ちを素直に言えない……
    そんなことは誰にでもあると思います……
    自分も今までありましたし……
    それはとても辛いと思います
    これを読んだたくさんの人が、自分の気持ちを素直に言えるようになりますように……

    霜月湊   2018/12/17 22:45

    霜月湊さん、いつも応援ありがとうございます!
    湊さんは、いつも私の作品の伝えたいことを読み取ってくださっていて、深く考えてくださるのがとっても嬉しいです( *´︶`*)
    自分の気持ちを素直に言えないって、苦しいですもんね。。。
    私もそうだったので、人を傷つける言葉でなければ、
    思ったことは発信していってほしいな、と思います。

    作者からの返信 2018/12/26 00:28