ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 教室

    「今日はここまで。片付け始めてー」

    そうみんなに向けて言ったのは部長で。

    真面目にみえて実は、話せばユーモアでいっぱいの彼が少し気になっていた。

    伸びをするフリをしながら盗み見る。

    ーああ、カッコいいなぁ。

    だらしのない表情を惜しげもなく見せていると隣から一発頭にもらう。

    「いっ…だぁ」

    隣の彼は幼なじみの早瀬だ。

    「あの人、彼女いるから」

    「へっ?」

    驚きの発言に眉ひとつ動かせない。

    「ほっ本当?」

    「うん、うそー」

    「………」

    ーうん、サラリとうそをつかれたね。

    しかし、彼の発言はこれだけでは終わらず。

    「よし、部活も終わったことだし。ちょっと遊びに行こっか〜、かなっ」

    いきなり皆に聞こえるような音量で早瀬は言った。

    「っ!ちょっと…」

    そこで最初に聞いた声がここまでの形勢を変える。

    「かなちゃん、嫌がってるみたいだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生

    管野雨愛(かんのうみ)高校三年生

    雨愛が産まれた日は大雨……

    みんな雨を嫌がる人が多いが雨でも愛されるようにと親がつけてくれた名前


    三ツ矢晴輝(みつやはるき)高校三年生

    晴輝が産まれた日は快晴

    晴れの日に輝けるようにと付けられた名前

    高校二年の時晴輝の父親が亡くなった

    雨愛の家はお寺で晴輝の父親のお墓がある

    二人は両思いになったが晴輝が自立できるまで付き合うのは待ってほしいと言われる

    雨愛はそれを承諾するがそれから一年が過ぎる

    ある日晴輝の元カノが現れる

    つきあってないなら私は積極的にいくと宣言され不安になる雨愛

    つきまとう元カノに晴輝はどう答えるのか

    泣き虫な雨愛は笑顔になれるのか

    はっきりしない晴輝に雨愛は勝手だよと……言ってしまう

    自分の勝手で動く晴輝は友人に気付かされる

    雨愛が好き

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 後ろからギュッ

    「おはよ、舞川」
    「水野くん、おはよう」
    「!」
    水野くんは顔を真っ赤にした。
    「どうしたの?」
    ギュッ
    「可愛すぎだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ (永良サチ/著)

――私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。

  • きみと泳ぐ、夏色の明日を読んで永良先生を知りました。書籍化してるのを知って読んでみたら、また感動しちゃいました。
    海月の台詞や、佐原の台詞から学ぶことありました。
    これから、たくさん読んでいきたいと思います。

    菊光   2019/07/18 15:57

    菊光さま

    感想ありがとうございます!

    きみと泳ぐ、夏色の明日もお読みくださったのですね(>_<)すごく嬉しいです!

    私はよく物語を書く時にセリフだけ書き出すことが多いのですが、海月と佐原が言った言葉で印象的なものがいくつもあります。それを汲み取ってくださりまして、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

    書籍になっているものも含めて、サイトには古いものもあり、文章が荒い作品もありますが、また菊光さんの胸に響くものがあったら嬉しく思います。

    最後になりますが、数多くある作品の中から夏色と本作をお読みいただきまして、本当にありがとうございました^^

    作者からの返信 2019/07/18 22:25

  • 感動という言葉しか出ません😭
    海月ちゃんが、素直に自分のことを言えるようになって良かったです。
    素晴らしい作品をありがとうございます。

    もふもふあるぱかさん   2019/07/03 17:41

    もふもふあるぱかさん さま

    感想ありがとうございます!感動したと言っていただけて、すごく嬉しいです……(>_<)!

    海月は器用に見えてとても不器用で、本音をなかなか言えない子でしたが、佐原のおかげで素直になることができました。そんな海月のことを最後まで見届けてくださり、こちらこそ感謝しかありません。

    これからも少しずつですが、読者の方に寄り添える作品を書いていけたらと思います。

    改めまして、素敵な感想を本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/07/03 21:17

  • 感動しました(><)ほんとにいい話です。満月蕎麦たべてみたいな。こんなに彼が思ってくれるとか。家族の温かさっていいものですね

    みゅうさま   2019/06/28 17:47

    みゅうさま さま

    感想ありがとうございます!

    感動したと言っていただけて、また満月蕎麦のことにも触れていただき、本当に嬉しいです(^-^)

    佐原は本当に一途でしたよね。海月には色々と苦しいことを背負わせてしまいましたが、海月の傍に佐原がいてよかったと私も心から思います。

    改めまして数多くある作品の中から、本作をお読みいただきまして、ありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/06/28 20:22

  • 感動しました(>_<)号泣しちゃいました💦過去一で泣いたお話だと思います笑
    とても素敵で、読んでる人に希望を与えてくれる作品だと思います。色んなことを考えさせられるお話でした!!素敵なお話ありがとうございました。

    リムルン   2019/06/23 22:09

    リムルンさま

    感想ありがとうございます!
    わー、過去一で泣いた話だと言ってくださって本当に嬉しいです(;o;)

    作品を書いている時はいつも夢中で、物語に込めたメッセージなんて半分も伝わってないのではないかといつも不安なのですが…。希望を与えてくれる作品だと言っていただけて胸がいっぱいです…泣

    海月と佐原の物語を通して、リムルンさんになにか伝わるものがあったのならとても幸せに思います。

    こちらこそ素敵な感想をくださって、本当にありがとうございました^-^

    作者からの返信 2019/06/23 23:38

  • 感動しました😭
    またこのような話を読みたいです

    poping2011   2019/06/22 18:29

    poping2011さま

    感想ありがとうございます!!感動したと言っていただけて、すごく嬉しいです……(;-;)

    いつも色んなジャンルに手を出してしまう私ですが、もちろん海月たちの物語のような作品をまた書けたらと考えています!

    本作は海月と佐原の視点が交互に入れ替わるものだったので、また同じような感じで、読者の方々に寄り添えるものを作っていけたらと思います(*^^*)もしサイトで見かけたら、読んでやってください。

    改めまして、数多くある作品の中から本作をお読みいただきまして、ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/06/22 21:20