ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    放課後…私は先生から頼まれ事をしていた

    朱音:はぁー、さいあくだぁー、😭

    ガラガラガラ
    椿:あ、朱音ちゃん!

    朱音:あ、先輩!なにしてるんですか?

    椿:いやー、朱音ちゃんと、帰ろうかな?って思って笑というか、朱音ちゃんこそ何してるの?

    朱音:そーだったんですねー、ってえ!?い、一緒に帰るんですか!?
    私は、先生からの頼まれ事をしてます⭐️

    天宮先輩が、急に近くに来て

    ポンポン
    椿:えらいね。朱音ちゃん。
    じゃあ、おれ、ここで待ってるから終わったら起こしてね?笑
    おやすみー!

    カアァァ自分の顔が赤くなるのがわかった

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    ある日の放課後、生徒会長の高崎 漣夜(たかざき れんや)は各教室の見回りを行なっていた。

    居残りがいないか確認する面倒くさい作業とよく思われるが、彼はその仕事に別の意味を見出していた。

    たまに、人の席ー漣夜のものだーで寝ている少女がいるのだ。

    学年も違うのになんでいるんだか。

    最初はそう不思議に思ったりもしたが、理由を聞いたら「ここは光の当たり具合が最高だから」とかなんとか。

    それ以来、彼女を起こすのが楽しみで巡回するようになっていた。

    「ほら、起きて」

    耳元で囁くと、身じろぎはするも起きない。

    ならばどうするか。これを考えるのが楽しいのだ。

    思考を巡らせていると、ふいに彼女が発する音を聞いた。

    「…たかざき、せん、ばい…」

    ーこれはズルい。一瞬で理性が漣夜から抜け落ちる。

    衝動のまま、顔を彼女の額に近づけた。

    眠り姫は目覚めたら、どんな表情を見せるのだろうか?

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「彩音、帰るよ…って、寝てるし」

    学校で寝るとか、ありえないんだけど…
    他のやつに見られたらどうするの?

    「はぁ…早く俺のもんになってよ」

    何年好きでいると思って…

    「ん…しょう、くん…」

    っ、今、俺の名前…呼んだ?

    まさか、ね

    「しょうくん…すきぃ…」

    「っ…」

    寝言…だよな?「好き」って…幼馴染として…だよな?

    でも、じゃなかったら俺…期待するよ?

    ここが学校じゃなかったからいいものの、もし家とかだったら…

    あー…くそ…

    寝言で俺の名前呼ぶとか、可愛すぎだろ…

    どんだけ骨抜きにさせる気?

    「ん…」

    寝顔も可愛すぎる

    こんなに可愛い生き物がいて大丈夫なのか?

    いてくれないと困るけど

    「しょう…くん…」

    俺の夢見てるんだよな、きっと

    寝てるし、言っても…いいよな?

    起きないだろ、多分…

    「好きだよ、彩音」

    だから、期待…させてね?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

傷だらけの君は (花袋 一/著)

ちなみにあたし、体がすごく柔らかいよ。

  • はじめまして!めちゃくちゃ面白いです!
    すみません、1言目からぶっ込んじゃって……。
    早く次のページを読みたい、と思っていたら一瞬で読み終えてしまいました!
    実際、時間はかなりかかったんですけど体感速度ではすごく早く感じました。

    ただ主人公が凄い能力を持ってチヤホヤされてるだけじゃなく、ちゃんと反対側というか、
    主人公への恐怖や嫌悪などの感情を持ってる人達のことも書いてていいと思いました。
    そして初っ端から紅ちゃんを特別扱いをせず、色んなことを含んで嫌い、と、印象的な文章が好みでした。
    話の持っていき方が良くて好みで作品もキャラの構成も好きです……!
    すごい長文ですね、すみません!!
    これからも応援してます!体調を悪くなさらないよう、気をつけてくださいね。

    とうら   2019/03/09 03:15

    *とうらさん
    はじめまして!最初に、こんなに素敵な長文を書いていただき誠に光栄です( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )
    早く次のページを読みたいと言っていただけることが、わたしの目標の一つだったのでとても嬉しいです!
    紅ちゃん!凄い能力を持っていてもみんなからちやほやされるわけではありませもんね。そこらへんは現実的に書こうと思っていました。ただあまりにも紅ちゃんが不憫すぎて、書いているのが辛い時期もありましたが...
    構成なども褒めてもらえてめためた嬉しい...(語彙力の低下)
    キャラ設定は結構具体的に作ってますので、そう感じていただいたら幸いです!
    こちらこそ長文失礼いたしました( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )これからも頑張りますね、本当にありがとうございます!とうらさんも体調にお気をつけくださいヽ(´▽`)ノ

    作者からの返信 2019/03/09 10:37

  • 初めまして。
    「新撰組だー。幕末作品だー」っと思いながら、幕末もの大好きなのでお邪魔させていただきました。
    ヒロインの能力が特殊ですねー。そして想像すると大変な能力ですね。
    その力の意味を知った皆が、この後どんな風に交わって時間を歩んでいくのか、
    楽しませて頂きますねー。
    しかし歴史もの書かれる皆様、凄いなーって思ってしまいます。
    私も約7年超えながら幕末の作品「一作品」挑戦してますが難しすぎて苦戦してます。
    世の中の「幕末作品」書かれてる方って凄すぎます。
    だから皆さん凄いなーっと思いながらも、「大好きな世界観」なのでお邪魔させて頂きました。

    佳川鈴奈   2018/12/11 19:12

    *佳川鈴奈さん
    数ある新撰組、幕末のお話の中からこの作品を見つけていただき、とても嬉しいです♪
    紅ちゃんの能力は、紅ちゃんは、生かすも殺すも周りの人次第。新撰組のみんなは紅ちゃんをどう使うのでしょうか……ぜひお楽しみいただけたらと思いますヽ(´▽`)ノ
    わたしもそう思います。やはりノンフィクションである部分もあるので、どれだけ忠実にかつ読者を惹き付けることができるのか、それが今のわたしの課題です。
    大好きな世界観と言ってくださり、嬉しいです!これからもお互いに、執筆がんばりましょう〜!

    作者からの返信 2018/12/11 20:47

  • 面白いです!!
    更新頑張ってください!!

    桜龍 舞   2018/12/08 16:58

    *桜龍 舞さん
    ありがとうございます!ゆるゆる更新ですが、これからも桜龍さんに楽しんでいただけるよう、精進します〜!

    作者からの返信 2018/12/11 20:40

  • 少女は傷を治す特異な能力持っている。
    なぜか、その少女は新選組の中に。
    そこは、女人禁制。
    傷を治す隊士たちの反応は?
    その反応が面白い。

    田村 月   2018/10/23 15:53

    *田村 月さん
    おおお...なんだかあらすじっぽく書いていただき嬉しいです!
    隊士たちの反応も、そのうち書ければなと思っています、今のところ不憫で仕方がない紅ちゃんですが、これからどんな展開になっていくのか...彼女たちの物語を温かく見守っていただければ幸いです。
    素敵なご感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/10/26 19:34