ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】

    「先輩!」

    今日は特別な日。先輩と過ごす、初めてのクリスマス。
    ...といっても、私と先輩の部活が終わってからの、ほんの1時間程度しか一緒にいられないけれど。

    待ち合わせ場所に先に来ていた先輩は、私の声に反応してふわりと笑った。
    鼻の頭が赤くなっていて、いつも大人っぽい先輩が何だか可愛い。

    「寒いね。手袋ないの?」

    「あっあります。でもリュックにしまっちゃって」

    確かに寒いけれど、背中から取り出すのは少しめんどくさい。
    そう思いながら言うと、先輩は呆れたように笑って、それから私の手を掴んできた。

    私の手も先輩の手も冷たくて、その温度はよくわからない。
    顔だけが、かっと熱くなった。

    「顔真っ赤だよ」

    そんな風に言う先輩の頬も、何だか赤い気がした。


    「メリークリスマス」

    小さく、囁かれる。


    ──繋いだ手に握らされた、先輩からの贈り物に私が気付くまで、あと数秒。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「遅くなっちゃったなー……」

    私、佐原乃亜は図書室で勉強していたのにいつの間にか寝落ちしていて、暗くなった廊下を走っていた。

    すると中庭がなにやら明るくて、目を向けてみる。

    「クリスマスツリー……?」

    学校で飾ってあるなんて…。ロマンチックだなぁ。

    見惚れていると、後ろから腕が伸びてきて、私の体にずっしりと重みがのった。

    「ひゃっ!……って、なんだ、柚希か」

    びっくりして振り向くと、正体は幼なじみの柚希だった。

    「図書室で勉強して帰るって言ってたからずっと待ってたんだけど、いつの間にか寝ててさ。やばって思って図書室に行ったらここにいたから」

    寝てた……って。

    「わ、私も、寝てたの……。」

    「だからか、乃亜のマシュマロ肌に本の跡が残ってる。」

    柚希がぷにゅぷにゅと私の右頬をつまんでくる。

    そして耳元で。

    「クリスマスはさ、ケーキ食べて、イルミネーション見に行こ?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 校門

    「クリスマス、カフェ行かない?」
    「あー、ごめん。クリスマスは彼氏とデート」
    「私も」「私もだった!」
    校舎から校門までの道。
    みんなでどっか行けないかなーって誘ってみたのにこの返事。
    「柚乃は颯誘ったら?」
    颯か。
    「無理だよ。OKしてくれるわけないし。」
    「そんなことないよ!」
    「朱莉とね、映画行くんだって」
    「は?」
    「朱莉が誘うって言ってた」
    朱莉だったらOKするだろう。
    「なにそれ。柚乃朱莉と本当に友達?」
    「うん。」
    「はぁ。これだか「ねえ、あれって颯じゃない?」
    え?
    本当だ。
    誰かを待っているのだろうか。
    そういえば、今日は朱莉が日直だ。
    「朱莉じゃない?」
    「朱莉日直だったわ」
    私は泣かない。
    「おい、葉山」
    「私?」
    なんで。
    「葉山25日空いてる?」
    「空いてる、けど」
    「じゃ、俺と遊ぼ」
    「待って朱莉は?」
    「断った」
    「え」
    「振った後でごめん。でも葉山がいい」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

好きって言いたい、けど言えない。 (宮永菜緒/著)

  • 今晩は!
    完結おめでとうございます!
    無事2人が気持ちを伝えられてよかかったです!

    テストですか~
    私は月曜日にあります~
    なんかもう諦めてます、、、
    桜庭さんは頑張ってください!

    これからもお互い頑張りましょう!

    霜月湊   2018/09/01 17:11

    こんばんは!
    感想ありがとうございます!

    テスト……力尽きてます(´ཀ`)
    何もしてないのに←

    お互い頑張りましょう!!

    作者からの返信 2018/09/01 17:21

  • こんにちは!

    このようなドキドキのつまったお話、いつか体験してみたいです(笑)
    告白したら、距離ができてしまうかも。
    今の関係が、崩れてしまうかも。
    そう思って、感情を隠したことが私にもあります。
    多くの人が経験したことあるだろうけれど、それを乗り越えてこんなにキラキラ輝くのは、遠い世界のお話ですね……( ;∀;)

    桜庭愛莉*さん、定期テストがすぐなんですよね?
    頑張ってください!
    私は9月末なのですが、そのおかげというか、余裕ぶってまったく勉強していません。ぎゃー!って感じです(笑)

    これからも執筆頑張ってください!
    応援しています(*´∀`*)尸"

    弓削 あずき   2018/09/01 13:41

    こんにちは!
    感想ありがとうございます(*^^*)

    教室内にリア充が急増している中、わたしだけ疎外感があって悲しいです(笑)
    友達に、「恋愛したほうがいいよ!」って、言われてしまいました……(笑)
    そんなときは、わたしは少女マンガの世界に逃げ込んでますε=ε=ε=ヽ(,,> <,,)ノ
    ついつい、少女マンガみたいな恋に憧れてしまいます(>_<)

    定期テスト……来週です(^-^;
    小説書いてる場合じゃないっ!?
    ヤバいのは、言うまでもないです。
    「次回から頑張る」って、毎回言ってます(汗)

    あずき。さんも、頑張ってください!
    応援しています♪

    作者からの返信 2018/09/01 13:53

  • 今晩は!
    好きだから言えないことってあると思います。
    自分も好きな人がいて仲がいいんですけど私がいじめられているから、、、
    という理由で告白できずにいます
    それはとても辛い事だと思います
    桜庭さんは思いを好きな人に素直に伝えられますか?
    後悔しないように素直に伝えるようにしてください!
    完結楽しみにしています!!
    頑張ってください!

    霜月湊   2018/08/31 22:38

    こんばんは。
    感想ありがとうございます!

    この作品は、完結まで突っ走ろうと思います!
    いつもそう言っている気がしますが……(汗)
    わたしは、初恋もまだで恋愛事には疎いのですが……人を好きになれることは、いいことだと思います。

    霜月様、頑張ってくださいね٩( 'ω' )و
    応援してます!

    作者からの返信 2018/08/31 22:45