「翼ぁーー」

「…」

「あれ、翼?帰ってないのか?」

「……んにゃむにゃ((寝言」

「……翼?寝てるのか?」

「ふふっ((寝言」

「はぁ、こんなところで…翼、起きろ!翼!」

「んんっ……ぁき?」

「おはよ。何してたの?こんなところで」

「えーっと美奈ちゃんと勉強して……眠たくなっちゃって、
あれ美奈ちゃんは??」

「……なにそれ、俺知らないんだけど。」

こいつ、勝手に女の子上げてるし

「あ、ごめん。晃の家でもあるのに、」

「そーゆうことじゃないし…」

お前とイチャイチャしていいの俺だけだし

なんて言えたらな。

「え?」

「なんでもない」

「……美奈ちゃんと勉強してたんだけど、俺寝ちゃったのかな??」

「知らね」

「……怒ってる??」

ヤキモチからか少し意地悪をした。

「さぁね」

もうその話を聞きたくなくて、2階の自分の部屋へと向かう。

「ごめんって、勝手に家上げて」

「そうゆうことじゃないから。」

「じゃあなにに怒ってるのっ?」

「バタンッ((ドアが閉まる」

「……あき…」