ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 後ろからツンツン

    つんつん。

     何だろう。なんか背中に違和感。

     せっかく良い夢見てるのに。邪魔しないで。

    「おい」

     あれ? この声、晶君だ。

     変だな。隣で一緒に花火見てるのに、なんで後ろから聞こえるの?

    「幸せそうに寝てんなよ」

     え?

    「起きなきゃ、英語の八代に当てられるぞ」

     ボソボソと小さな声が聞こえてくる。

     それでも私は幸せな夢からなかなか抜け出せない。

     そんな私に。

    「起きなきゃ襲うぞ」

    「ええ?!」

     私は思わず立ち上がってしまい、八代先生に、

    「なんだ? 鳴川」

     と睨まれた。

    「な、なんでもありません」

     着席する。

     後ろを振り返ると、晶君がニヤリと笑っていた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後

    隣にいるのは彼女で同居人の一葉。
    家で二人でのんびりしてる今。

    「一葉、お前今日俺のクラスの竹内と話してなかったか?仲良さそうだったよな?」

    「あ、竹内先輩て和翔のクラスメイトなんだ!」

    「え?知らなかったの?なのになんで仲良さそうに話してたんだよ?」

    「まあ、それはね、えっと〜」

    「まさかまた告白?」

    「あ、バレた?」

    「おい、先週も今週の火曜も告白されたばっかりなのに?お前可愛すぎるんだよ」
    本当だよ、可愛すぎるんだよ、男どもがうじゃうじゃ近づいてくる。

    「やられてばっかりじゃ、俺だって気分悪ぃ」

    「え、何和翔?」
    戸惑う一葉。

    俺は彼女の腰を引き、首元にキスを落とす。

    「え、なになに!?」

    「…ちゅっ 出来た。」

    「まさか、痕つけたの!?」

    「うん、これで俺のだって分かるだろ?」

    「バレたらどうするの!?」焦る一葉だけど。

    俺はその方が都合がいい。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 屋上

    「美味しい!わざわざありがとうね!」



    今はお昼休み。幼なじみの棗(なつめ)が、昨日「お前の好きなのやるから、屋上で昼飯食べようぜ!」と連絡が来たので、一緒にお昼ご飯を食べてます!

    「気に入ってよかった!絶対お前好きなやつって思って!」

    「もう幸せ!」

    「お前ほんと甘いの好きだもんなー」

    「このシュークリームは誰もが美味しいって思うよ!」
    (こんな美味しいシュークリーム毎日食べたい…幸せだああ)

    「ん?桜。こっち見て?」

    「え?何?」
    (急にどうしたのかな)
    とりあえず顔を向けてみると…

    「!?」
    棗の指が口の少し横をかすめ、そのまま指を口に運んだ

    「んー!甘っ!クリーム、付いてたから」

    「そ、それならそう言ってよ!びっくりしたじゃん!」

    「なんかこーゆーの憧れてたから。それにお前の照れた顔も見たかったし…」


    「俺にされるの、嫌…だった?」


    「嫌じゃ…ない」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

独占欲高めな社長に捕獲されました (真彩-mahya-/著)

  • 絵の知識が博識でいらっしゃるのですね。例え名画を知らなくても、そんなふうな絵なんだなぁ〜と興味が湧きますし、またまた美術館巡りも再開したいなぁと直接観たくなりワクワクしてきましたよ〜!

    usamo   2019/01/22 12:06

    博識だなんてとんでもない( •̀ㅁ•́;)
    この作品を書くにあたり、色々と画集を見るうちに知った画家もたくさんいます(笑)
    私も美術館で本物の絵を見たいな〜!

    作者からの返信 2019/01/26 18:37

  • 真彩さま

    今回も素敵な作品をありがとうございました!
    久しぶりの?真彩さんの作品、やっぱり妄想癖強めの私には、いろんなシーンが目に浮かぶようで、映像で見ているかのようでした。
    まずはキャラクター満載の女児用ルーム、おばあちゃんのカフェ、昴さんに拉致られて連れてかれた超高級ホテル、松倉先輩と出張に行ったクラシカルホテル、落ち込んでたどり着いた海、ダメだけど愛すべきお父さんの作品。
    「団欒」、私にはチョコレートプレートも見えました!

    ああ、毎度のことですが、読み終わるのが寂しかった…
    強がりで不器用で素直な美羽ちゃん、ずっと昴さんの幸せな絵の具でいてくださいね。

    次のお話も楽しみにしています。

    きむねー   2019/01/19 14:32

    きむねーさん

    また読んでくださってありがとうございます!
    いやもう、私の力量と言うよりは、読んでくださるきむねーさんの想像力がすごいのではないかと(笑)
    もっと上手に書けるようにがんばります!

    今回は好きな絵のことを書けて楽しかったです。
    また良かったら読みに来てくださいね〜!

    作者からの返信 2019/01/20 22:58

  • 今回の作品は、一枚の絵の中に入り込んだような世界観でしたね〜。団欒、の最後の素晴らしい絵を登場人物たちが銘々に覗きこんでるみたいな。
    素敵なお話をありがとうございました。

    usamo   2019/01/11 13:23

    usamoさん、こんばんは。
    絵をからめた例えに関しては、誰でもわかる有名どころに絞ったんですが、楽しんでもらえたでしょうか。
    絵や音楽を文章で表現するのって難しいですね。精進します。
    励みになる感想やレビューを、ありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/01/13 22:55

  • どんな、電話だったんでしょう~。。気になる~。
    楽しみな妄想が広がります🎵ゴミ箱のお弁当、社長は、気付いたのかな。。。切ない。

    エリュウシャ   2018/12/19 22:08

    こんばんは! どんな電話だったのか、更新いたしましたよ~。
    続きもよろしくお願いいたします(*‘∀‘)

    作者からの返信 2018/12/19 23:37

  • 返信ありがとうございます。

    催促したわけじゃないんです。ゆっくり楽しみに待ってます🎵待つ時間も好きなので✨

    エリュウシャ   2018/12/13 13:32