ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 告白

    「外回り終わりですね」
    私は重い営業鞄を抱え直した。

    「メシにするか」と腕時計を見ながら先輩が言う。

    入社した時から先輩はずっと私の教育係だ。たまに他の女子社員から嫌味を言われることもあったが、庇ってくれるのはいつも先輩だった。

    尊敬はしている。でも恋心かと聞かれたら答えに困ってしまう。

    私は…

    先を歩いていたはずの先輩が、私の腕を掴んだ。
    鼻先ぎりぎりを、クラクションを鳴らしたトラックが通り過ぎた。

    呆れたため息。

    「…すみません」
    謝った私の髪を、大きな手がくしゃっと撫でた。

    「全くお前は…」
    先輩は言い掛けて、私に何かを握らせた。

    「鍵。お前を一人にする方が不安だわ。ま、俺の心配解消って事で」

    「はあ?」

    「24時間体制で指導してやる」
    「え?」

    「鈍すぎ。好きって言ってんの。俺から離れんな。わかったな、新人!」

    先輩は顔を真っ赤にして、私の手を握った。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    私はいつも屋上で予鈴まで昼寝をしていた。

    もちろん、人が他にいたらしない。

    今日みたいに。

    「どうしてこんなとこにいるんですかぁ、先生」

    先生と呼ばれた相手はいつもと変わらない笑みを浮かべる。

    「えー、僕も結構ここには来てるんだけどな〜」

    「…今みたいな時間に?」

    嫌な予感をしながらも尋ねると案の定、頷かれた。

    「…寝顔。見ました…?」

    「ああ、ごめん。…嫌だった?」

    言うと、何故か先生はこちらへ近づいてくる。

    恥ずかしさで悶絶しているうちに、彼を目の前にまで接近を許してしまっていた。

    「っ……な、なんですか」

    驚いて後ずさると、先生も来るので退路がなくっていく。

    「ね、どうして恥ずかしがってるの?」

    とうとう詰んだとき彼は壁に片腕をもたれさせると、覗き込んできた。

    「どうして?」

    あまりにも甘い声音に、私はたまらず逃げ出してしまった。

    「あーあ、残念」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 家の前
    • 壁ドンからの告白

    私は、高校2年生。名前は有菜。私には、2歳年の離れた幼馴染みの男の子がいる。名前はマサト。

    「よっ、有菜、今帰り?」

    「マサト、有菜って呼び捨ては・・・」

    「別にいいだろ?幼馴染だし」

    「そう言う事じゃ無くて!」

    昔はお姉ちゃんって呼んで可愛かったのに・・・

    「うるせーな、来年有菜の高校に入って有菜の彼氏になるつもりだから」

    そう言って、壁際まで追い詰められた。

    「マサト?」

    まだ、気付かないのかよ?」

    怒ったマサトに。

    「何言ってんのかわからない」

    「ハァー」

    思いきりのため息。

    ドン!

    「好きだって言ってるんだよ!」

    いきなりの壁ドンからの告白、マサトの真剣な顔に

    私は、胸キュンしました。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛してるからこそ手放す恋もある (みうらうみ/著)

最後までお付き合い頂きありがとうございました。
持病の悪化で入院したさいに妄想したものを書いてみました。途中、下書を全部削除したりとハプニングは有りましたが、なんとか、″完″ ボタンを押すことが出来ました。
(*´∀`*)ヨカッタ
続編として浩司sideを短編で書いてますのでそちらも宜しかったら…
″全てを失っても手に入れたい女が居る″

  • 菱野部長は燿一ですか?祐司でなくて?
    続編の方でも祐司になってますが…

    あお♪   2018/12/07 01:47

    続編まで読んで頂いてるんですね?
    有難うございます。
    続編まで間違えてるとは…( ̄◇ ̄;)
    やっぱり書きっぱなしはダメですね?
    確認しないと…m(_ _)m
    まだまだ、誤字脱字がありそう…(><)

    当初、耀一と祐司を迷っていたからでしょうか…?
    登場人物の名前、考えるの苦労してます。皆さんはどうしてるんでしょうか…?

    作者からの返信 2018/12/07 12:03

  • 75ページ辺りから菱野部長の名前が違っているように思うのですが…どっちなんだろ?

    あお♪   2018/12/06 23:02

    あお様 こんばんわ (^o^)
    ご指摘有難う御座います。
    書き留めていたものを掘り出して書いた為、でしょうか…間違ってます。
    菱野耀一です。m(_ _)m

    作者からの返信 2018/12/07 00:26

  • こんな終わり方って…、と
    胸が辛くなりました。
    それにしても元婚約者とといい、
    友達といい…最低!
    あれは母が勝手にって
    お前はマザコンかってイライラした。

    切ないね。
    でも、現実でありそうな話
    だからリアル感が半端ないよ。

    ちょこ15   2018/11/05 01:12

    ちょこちゃん、いつもありがとう。😃💕
    マザコン…
    困るよね?子供じゃないんだからさ?好きな女なら、どんなに反対されても守ってほしいよ…
    恋人、妻、母、どの立場になっても!

    作者からの返信 2018/11/05 19:23

  • 一気に読んでしまいました。
    切なすぎて、涙なしでは読めませんでした。
    出来ることなら未来のある終わり方であって欲しかった。
    続編があるとかで、そちらも読ませていただきます。

    tomato1956   2018/09/30 12:25

    tomato1956様
    最後まで読んで頂きありがとうございます。
    そのうえ感想まで…感激です。(о´∀`о)

    作者からの返信 2018/09/30 22:46

  • やっと読ませていただきました。
    今、冒頭10ページのあたりですが…切ない(´;ω;`)!
    続きが気になります。

    佳乃こはる   2018/08/04 19:52

    いつもありがとうございます。
    こはるさんにそう言って頂けると嬉しいです。

    作者からの返信 2018/08/05 06:05