ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月09日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 休日
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    金曜日
    「彩華!私、明日はバスケの練習してくる!球技会で迷惑にならないよう。」
    「希香は頑張るね。」
    「そうかな?じゃ、バイバイ。」

    土曜日
    「よし!頑張るぞ!!」
    ダムダムてりゃガコン ダムダムおりゃスカッ ダムダムほりゃボテッ
    ...30分後...ダムダムぽいっスパッーーー!!
    「入った~!」
    「クククッ」
    「斗碧!?なんでここに?」
    「俺もバスケの練習。」
    「もしかして、ボールと格闘してるとこ見た?」
    「ああ。でも、希香にしては頑張ってたな。」
    「みんなの迷惑になりたくないから。」
    「なら一緒に練習するか?」
    「うん」

    2時間後
    「よし、終わりにするか。」
    「うん。斗碧、今日はありがとう。」
    「ん。なら帰るか。」

    家の前
    「希香、今日はお疲れ。」
    ッ//////斗碧が頭ポンポン!そっと斗碧を見ると、頬が染まっていた。これは夕日のせいですか?それとも...?

    開く閉じる

    • 待ち合わせ
    • 手を繋ぐ

    待ち合わせ場所に行くと、彼女はすでに待っていた。


    マフラーも手袋も完全装備してるのに、鼻の頭を赤くしている。


    「ごめん、遅れた」


    後ろからハグをすると、彼女は俺を見上げ、嬉しそうに頬を緩めた。


    それから彼女は手袋を外し、俺の右手を握った。
    俺は流れるようにその手をポケットに入れる。


    隣を歩く彼女は、息を吐いてはそれが白くなることを楽しんでいる。


    「冬、好きなの?」


    俺が聞くと、彼女は空いている手の人差し指を頬に当てた。


    「寒いのは苦手だけど、君と手を繋いで引っつけるから、嫌いじゃないよ」


    彼女はさらに俺の腕に引っ付いた。
    そしてまた、白い息を吐く。


    だけど、ときどきそれは白くならず、彼女はつまらなそうに頬を膨らませる。


    そうやって素直に俺といられることが嬉しいと言ってくれる君も、無邪気に息で遊んでしまう君も、たまらなく愛おしく思うよ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

冷酷な王さまは愛し方を知らない (片瀬 天音/著)

  • 更新を待ち続けてたら忘れててこんな時期に!結構前に完結されていたんですね!

    めっちゃ面白かったです!ファンタジー系の中で数少ない私のお気に入りでした!ほんとにこの本は大好きです!ぜひ、ほかにも作ってください!

    R.A♔   2019/12/08 08:49

  • この物語の焦れったいところで、凄いソワソワしました。

    アルさまとリズの子供の物語を書いて頂けると嬉しいです!!

    꽃구경   2019/07/01 21:58

    コメントありがとうございます。
    確かに結構回り道というかジレジレでしたね。
    二人の子どものお話ですか……。
    リクエストありがとうございます。
    今あまり時間が取れないこともありどうなるかわかりませんが、考えてみますね。

    作者からの返信 2019/07/06 14:46

  • 天音さんの創り出す物語が大好きで新作が出る度に夢中で読んでいます!

    完結、おめでとうございますヽ(*´∀`)ノ

    すごく面白くてきゅんきゅんして、あっという間に読破してしまいました...笑

    アルとリズのその後の物語とかを書いて頂けたら嬉しいです!

    苺1018   2019/03/15 22:14

    コメントありがとうございます。

    本当ですか!?
    もう、嬉しすぎて飛びはねちゃいます。
    そういっていただけるのが、本当に嬉しくて創作の励みになっています。
    今回は少し更新が途絶えてしまったりと大変お待たせしてしまったので、無事完結できてホッとしています。
    楽しんでいただけて本当によかったです。

    その後のお話ですか、予定は未定ではありますが、書けたらいいなとは思います。
    もしそのときにはまた覗きに来てくださると嬉しいです。

    作者からの返信 2019/03/16 08:54

  • 素敵な作品いつも更新されるのをいつかなぁとかずっと待ってました笑笑
    完結おめでとうございます🎉🎉
    他の作品もお気に入りです😍

    花ゆめ   2019/03/10 14:36

    コメントありがとうございます。
    大変お待たせしてしまってすみませんでした。
    ようやく、本当にようやく更新し完結できてホッとしています。
    他の作品も気に入っていただけて嬉しいです。
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/03/10 18:13

  • 完結おめでとうございます🎉
    そして、お疲れ様でした‼️


    リズとアル様が幸せになってすごく嬉しかったです
    ルイ君との幸せな時間を過ごして欲しいです😄

    私も個人的にコハクが好きです❤️⤴️

    これからもさまざまな作品頑張ってください☺️
    他の作品も読んでいきたいです❤️


    ちやんみん   2019/03/09 22:38

    コメントありがとうございます。

    無事完結できました!
    間、ずいぶんお待たせしてしまい申し訳なく思っていたので無事完結できてよかったです。

    きっと二人はお互いを想い合い、ルイ君と三人でたくさんの人に囲まれながら幸せに暮らしていくと思います。

    本当ですか?
    嬉しいです。

    ありがとうございます。
    また新しい作品も書いていきたいと思っているので、更新した際には覗いてくださると嬉しいです。
    他の作品も楽しんでいただけると嬉しいのですが…。
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/03/10 10:17