ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    いっじわるな君

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    ──幼なじみって難しい。

    近くて遠くて、届きそうで届かない、そんな存在。


    「ゆうちゃ.....優心(ユウシン)くん、」

    ゆうちゃん、と呼びそうになって慌てて口をつぐむ。
    たった今、信号待ちでたまたま一緒になった彼は、いわゆる幼なじみだ。

    長谷川優心。
    さらさらの髪、綺麗な二重の瞳、高い背。

    彼自身の性格は目立つわけじゃないけれど、整った顔立ちと優しい性格で、校内では有名人だったりする。

    「...心結(ミユ)、」

    声をかけられるまで私に気付かなかったのだろう。
    ちょっと戸惑って目を瞬く優心くんは、何だか可愛かった。

    「久しぶり、だよね。元気?」

    私は彼に、もう一度近付きたい。

    勇気を出して声をあげると、彼はふわりと笑って頷いた。

    「心結が元気そうで安心した」

    あったかくて優しい、ゆうちゃんの声。


    ──幼なじみって近くて遠くて難しいけどきっと、また近付ける、よね。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

泣き跡に一輪の花Ⅱ~Victim or Notice~。 (咲花絵 ユーキ/著)

  • 泣き跡に一輪の花I II両方とも読みました。
    友情が深まったり恋が実ったり実らなかったりして、切なかったりキュンキュンしたり感動したり…すぐ世界観に引き込まれました。あづ達の絆は何があっても切れないなって思いました。
    そして奈々絵。本当に悲しかったです。でも、死ぬって分かっていてもめぐを愛し続けていたりビデオレターで自分の思いを形に残したりしていて本当にすごいと思ったしかっこいいなって思いました。
    これからも頑張ってください!応援してます!

    アスナ*   2019/11/25 23:06

    アスナさん、また感想をくださり、どうもありがとうございます!!

    世界観に引き込まれたなんていってくださってありがとうございます!とても嬉しいです!!

    奈々絵につきましては、彼はみらいがないことがわかってても、みんなのことを死ぬまで彼なりに考えそうだなぁと思ったので、たくさんのものを残した所存です。
    かっこいいとおもってくれてありがとうございます、すごく嬉しいです!!また応援して下さりありがとうございます。こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

    作者からの返信 2019/11/26 09:18

  • ずっとずっと見ていました!
    すっごく悲しくて、でも強い気持ちがあって、心を動かされる作品でした
    自分も、頑張れなくなる時があって、この作品の言葉達に救われました。
    ありがとうございました

    るかにゃん♡   2018/06/17 01:20

    ありがとうございます!!
    そう言っていただけて、光栄です。私も、小説に励まされることはよくあるので、るかさんがそういう風になる小説が描けて非常に嬉しいです!!
    こちらこそ、ありがとうございます!!

    作者からの返信 2018/06/17 08:35