ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    「ずっ、ずっと好きでした!コレ…受け取って下さい!」


    震える両手で支えるチョコを、目の前の彼に差し出す。


    全国の恋する乙女の決戦日であるバレンタインの今日、私は好きな人に告白した。


    両想いになれるだなんて思ってない。きっとフラれちゃう。


    でもせっかくのバレンタインに勇気を出そうと頑張って作ったチョコは、スッと私の手を離れた。


    「サンキュー。今日から恋人としてよろしくな」


    「えっ…私を彼女にしてくれるの……?」


    「じゃなかったらチョコ受け取ったりしねぇし。ってかつき合い始め1日目なら、笑顔が見たいんだけど、オレ」


    "まぁ……1日だけじゃなくてずっと笑顔が見たいけど………"


    ポツリと呟かれた言葉と両想いの嬉しさで、私の涙腺は刺激される。


    でも今は彼が見たいと望んでくれた最大級の笑顔も一緒にプレゼントする事に、こちらもとてつもない幸せを感じたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「ん~…」
    「なに唸ってんの」
    放課後、空き教室。席で一人友達に借りた少女漫画にらめっこしている私を、幼なじみの健が覗き込んできた。
    「いや、恋愛漫画で壁ドンとか顎クイとかってよく出てくるけどさ、ぶっちゃけ現実でやられると引くよなって思って…」
    今更だな、と健は笑う。そして、悪戯を思いついたような顔になった。
    「本当にときめかないかやってみてやろうか?」
    「は?」

    私の顎に当てられた冷たい指。
    上を向かされたと思うと同時に、健の顔が驚くほど近くに来た。それはまるで、少しし動けば唇だって触れ合ってしまいそうなほど。

    「~~~っ、馬鹿、ちかい!!」
    反射的に押し返してしまった。
    心臓がバクバク言っていて、逆上せそうな程熱い。
    「ときめいたか?」
    ニヤニヤする健の顔を、直視できなかった。
    「…うっさい」

    だから私は、気付かなかったのだ。
    健も、耳を真っ赤にさせていたことに。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

私のご主人様Ⅴ(SS?投稿しました) (柊 琥珀/著)

  • すごい感動しました。面白かったです。
    でもやっぱりあたし的に季龍さんが大好きなので置いていかないで…結婚して…とかめっちゃ思いました。
    時間がある時に季龍さんが置いて行かず季龍さんと結婚した様子が見てみたいです!!
    これからも頑張ってください!

    柊 桜華   2019/08/22 10:48

    柊 桜華様

    素敵なコメントありがとうございます!!
    季龍のことをとても気に入っていただけたご様子で、私も嬉しいです!
    ifの世界の話として、季龍と琴葉が共に歩む道の話は考えてはあります。ですが、形に出来るかは正直今の時点では分からないです。
    ご期待に添えず、大変申し訳ありません。
    余力があれば形にすることも考えていきたいと思いますので、またお目にかかる機会があれば幸いです!
    応援ありがとうございます!

    作者からの返信 2019/08/23 00:17

  • あぁああ...とても感動しました。こんな素敵な小説を書いていただきありがとうございます。途中途中泣いたり胸がギューって苦しくなったりしながらも最後まで読み終わりました...
    源之助さんはどうなったのか...
    奏多くんや暁くん、その他色々な方は裏か表どちらにいったのか...
    季龍さんのお母さんはどうなったのか...
    とても気になることが多いです( ´꒳​` )

    本当にとても面白かったです!好きな小説の中にこの作品は仲間入りです...

    今までお疲れ様でした!そして、頑張ってください!

    R.A♔   2019/05/02 09:01

    R.A様

    コメントありがとうございます!!
    感情移入をたくさんしていただけるほど読んでくださりありがとうございます!
    謎を多量に残してしまいました…。それぞれがどうなったのか、しっかり考えてはいたのですが、そこまで書くことが出来ずに完結にしてしまいました。
    本当に申し訳ないです。
    もし、もし何かの形で書くことができたらまたお目にかかれる機会になればとても嬉しいです。

    ありがとうございました!
    また何かの物語で出会うことが出来たら幸いです。

    作者からの返信 2019/05/02 21:07

  • 完結おめでとうございます✩
    一番好きなシリーズでした…
    完結し、全部見れたのは嬉しいけれど、琴音(琴葉)と季龍さんのお話が見れないと思うと寂しいです( ´・ω・`)
    ラストはわたしにとっては予想外でした
    個人的な予想で2人一緒に組を背負って生きていくのかな、と思ってたのでw
    逆に2人が結ばれなかった方がなんだか綺麗な恋に見えました
    ほんとうに素敵な作品でした
    エピローグ(最後のがそうなのかな?)がないのもよかったと思います
    書きすぎるよりも、なぞを少し残した方が読者の方も想像ふくらませて楽しいかと...!(上から目線ですみません💦)

    そういえば、私は前にIVの途中まで読んでたんですけど、待つのが苦手で放置しちゃってたんです。。。
    今回、たまたま完結シリーズにこれがあったのでⅠから読み返させて頂きました
    普通、私の場合読み返したらつまらなくてやめちゃうんですけど、これはやっぱ面白くて楽しんで全て読み返しちゃいました♬︎♡

    ほんとうにお疲れ様でした
    ファン登録させていただきます♡
    次の作品も楽しみにしてます
    これからも頑張ってください!
    陰ながら応援してます\( ˙ ˙ )/.。o♡

    小悪魔ひめ   2019/04/04 13:08

    小悪魔ひめ様

    こんにちは!素敵なコメントありがとうございます!!
    気に入っていただけて嬉しいです!
    番外編…とも考えていますが、今のところ難しいかなと思ってます。(すみません…)
    ラストはいろいろ考えましたが、やっぱりぶれちゃ嫌だなと思い、書き始めから考えていたものになりました。
    不評なものになる覚悟だったので、そう言っていただけるととても嬉しいです!ありがとうございます!!

    本当にお待たせしてしまった期間が長くなってしまい、申し訳ありません。
    最後まで見届けていただいた上、素敵なコメントを書いていただき、ありがとうございます!

    また、なんらかの物語を通してお会いできたら光栄です!
    応援ありがとうございます!!

    作者からの返信 2019/04/05 14:56

  • 泣いてしまいました。
    最後の最後まで、ドキドキで、、
    季龍さんと結婚してほしかったなぁ…なーんてw
    最高の作品でした!

    きれマユ   2019/02/16 21:40

    きれマユ様

    はじめまして!コメントありがとうございます!
    泣いていただけるほど感情を込めて読んでいただきありがとうございます!
    期待を裏切ってしまったことについては、申し訳ないです(>_<)
    素敵なお言葉ありがとうございます(*´ω`*)

    作者からの返信 2019/02/17 10:58

  • 完結おめでとうございます。
    そして、長い間お疲れ様でした٩(*´︶`*)۶
    私の大好きな「私のご主人様」シリーズ。。。
    遂に完結...嬉しい反面、寂しい気持ちが押し寄せてきます、、
    最後は絶対、季龍さんと歩んでいくのだと思っていたので、最後の最後に、やはり思いっ切り裏切りられました!!でも、そんなところが癖になります。この作品では、いい意味で裏切られることにより、もしかしたら今もどこかにこんな人達がいるかもしれない...という様な現実味や"人間"の本能的な感情、歪んだ想いをとても感じることができました。
    特にラストの季龍さんの手をとらないところが、、
    琴葉にとってもう"過去"となってしまったんだなぁと。。。( ̄^ ̄゜)
    更に、"旦那さん"とだけで誰とは書かないところが流石だなぁと。驚かされることばかりでした。
    この作品、本当に大好きです。
    読んだ後に後味が残る、心に残る、とても考え深い作品です。
    きっと、また読みに来ますね。

    ここまで、長文失礼致しました、、、
    本当に完結、お疲れ様でした!

    KEI✩.*˚   2019/02/10 00:44

    KEI☆.*°様

    コメントありがとうございます!
    ありがとうございます(*´ω`*)やっとこさっとこ終わりました…。長かったです(´・ω・`)
    ここまで読んできたのに…小説の中くらい全て上手く行ったっていいじゃないか!そんな思いを与えてしまわないか、とても不安になりましたが、そう言っていただけると嬉しいです!
    リアル感が出せていたのなら、本当に嬉しいです!素敵なお言葉ありがとうございます(*´ω`*)
    ラストはエピローグ手前にするか、結婚式まで持っていくか悩みました。ですが、琴葉の未練にまみれた後味悪いものになるくらいなら、決別を決意した瞬間まで見届けていただけたらと判断しました。
    旦那さんは…みなさまのご想像にお任せすることにしました。正直なところ、成夜かな?と考えていましたが、丸く収まりすぎだろと思ってしまい、ぼかしました。

    そういえば、前に使用人の女の子の夢小説、友達から好評だったな…。そんなきっかけで書き始めたこのお話がKEI様の思い出の1つになっていただけたのなら光栄です。
    素敵なコメントありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/02/10 12:31