ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上
    • ギュッ

    「はぁ…」
    「どうした?」
    「あたし…彼氏出来るのかなって」
    見た目もそんなに可愛くないし頭も運動神経も良くない。ドジばっかしてるし…。
    「こんなあたしを好きになる人なんて…いないしね…」
    「じゃあ、こんなあたしを好きな俺はどうなるの?」
    「えっ…?」
    今、好きって言った…???
    遥のことは気にはなっていたけど絶対あたしのことなんて好きになるはずないって思ってた。
    「ねぇ…」
    「っ…」
    頬を包まれ遥と目が合い恥ずかしくて視線を逸らした。
    「こっち見て」
    「っ…、は、恥ずかしい、よ…」
    「顔真っ赤」
    「遥のせいだもん…」
    「じゃあ、お詫びに…」
    「んっ…」
    優しくキスを落とされた。
    「なっ、今、キス…!?」
    「自分で思っているよりだいぶお前にハマってるかも」
    「なっ…!?」
    そう言った遥はあたしを抱きしめた。そっと遥の背中に手を回すと更にギュッと抱きしめられた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白5秒前。

    『先輩すみません!忘れ物を…』
    私は今日、ずっと片想いをしている憧れの先輩と帰れる事に成った
    しかし…教室に忘れ物をしてしまった…
    『じゃ、一緒に行くか』
    『え?良いんですか?』
    『良いに決まってるだろ。ほら、行くぞ』
    と、憧れの先輩に手を引かれる
    それだけで、心臓が持たない位に、私はドキドキしていた

    『此処だよな?』
    と、彼女のクラスの前で止まる
    『はい!先輩、ありがとうございます!
    取ってきます!』
    と、笑顔で彼女は席に向かう
    『有った!!』と、ふわりとした笑顔をしながら言って、彼女は俺の所へと戻ってくる
    正直、可愛過ぎて堪えた
    『なぁ、お前さ…いつまでも俺が…手を出さないと思うなよ?』
    『へ?先輩、何の事ですか?』
    と、きょとんとする顔すら可愛い
    『可愛過ぎて問題有んだよ』
    『へ!?』
    と、彼女は顔を真っ赤にする
    『手を出したくなる…て、意味』
    『それって…』
    そして俺は彼女に…?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 教室
    • 告白

    『死ね』『ウザい』『消えてちょうだい?』

    そんな悪口だらけのメモが今日も机の中に入っていた。

    後ろの方で女子の笑い声が聞こえる。

    いつも私をいじめている、石野くんファンクラブのリーダー、ジュリたち。

    「ねぇ、まだ学校来てんの?」
    「......っ」
    「こーんなにいじめてるんだし、そろそろ辞めちゃえば?」

    目の前で教科書がビリっと派手な音を立てて破れる。

    どうしたらいいのかわかんないよ...

    石野くん...!!


    「あのさ」


    それは、唐突に聞こえた。

    私が求めていた、好きな人の声。

    「...どうしたの、石野くん?」
    「そういうの、こいつにやるなよ」

    そうしている間にも私の顔は紅潮していく。

    「お前、分かりやすすぎるんだよ」

    石黒くんはこそっと耳打ちした。


    そして、ジュリたちを向いてきっぱり言った。


    「オレの彼女に手だすなら彼氏のオレが許さねぇからな?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛は、つらぬく主義につき。 (天城さくや/著)

  • はじめまして
    遊佐と宮子の関係がすごくムズムズして読む手が止まらなかったです。
    感情移入してしまい途中大号泣してしまいました。
    2人が結ばれてくれて本当に良かったです。
    ユキねぇと紗江がいてくれて背中を押してくれて私もそんな人周りに欲しいなと思いました。
    いい作品に巡り合えてとても幸せな気持ちです。
    婚約後の2人の生活そして仁兄の溺愛ぶりが気になります。
    続編待ってます!

    シャケ   2019/05/16 05:27

    初めまして、天城さくやです。感想をいただきありがとうござ
    います!
    泣けたと言ってくださる方や、続編を希望してくださる方がい
    て、本当に書き手冥利に尽きます(泣)
    登場人物全員に思い入れがあって、自分でもすごく気に入って
    いる作品です。いい作品に巡り合えたと思ってくださるって、
    本当に最高に嬉しい言葉で、これからも書き続ける励みになり
    ました。続編、がんばります!

    作者からの返信 2019/05/16 10:44

  • はじめまして!
    凄く壮大なお話でした✨
    泣いちゃいました💦
    個人的には凄くいいツッコミを途中で入れまくっていたユキねぇさんが好きです笑
    遊佐と宮子の続編も見たいですが、仁兄やユキねぇのお話なども是非読んでみたいです!

    椋夏   2018/08/21 22:25

    初めまして、天城さくやです。感想ありがとうございますー! ユキ姉に目を付けてくれるとは、なかなかに嬉しいです(笑)。自分で書いていて言うのもなんですが、主役より脇役の方が、気に入りが多いんですよね。思い入れもあるので、短編ででも書いてみたいと思ってます。気長に待ってて下さると嬉しいです!

    作者からの返信 2018/08/21 23:15

  • はじめまして
    読み始めて号泣の連続でした
    最後まで泣き続けてしまいました。
    2人が幸せであることを願っていますが個人的に仁兄が好きです笑
    これからも頑張ってください!
    応援しています!!

    ぁ~みゅ   2018/06/04 22:20

    初めまして、天城さくやです。とても嬉しい感想をいただけて、本当に嬉しいですっっ(大泣)。私も、仁兄がお気に入りです。哲っちゃんも、捨てがたいですけども(笑)。これからも、極道を絡めた話が多いんじゃないかと思いますが、こうして応援していただけて、ものすごく励みになります。ガンバリます!! ありがとうございますっ(嬉泣)

    作者からの返信 2018/06/05 10:01

  • 最後に幸せになれて良かったです!また、この話の続きを読みたいので、ぜひ、続編お願いします(笑)
    お疲れ様でした!!

    A-gon   2018/05/30 21:16

    無事に完結できました~(大泣)。個人的には、『仁兄』に次の恋はあるのか、とか妄想してますが(笑)。応援いただいて、本当にありがとうございました。続編、前向きに構想を練りたいと思います!

    作者からの返信 2018/05/30 21:57

  • はじめまして。読み始めたらどっぷりとハマってしまっています!
    宮子さん、辛すぎます。やるせない気持ちでいっぱいです。
    このまま結婚とか・・・なんとかなりませんかぁぁぁあ???!
    いえ、タイトルの言葉を信じて、幸せな未来を待ってます!

    jun*jun   2018/05/17 09:32

    初めまして、天城さくやです。感想、ありがとうございます(嬉泣)! 結末は内緒ですが、ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。完結の感想も、ココロの準備をして、お待ちしてます(汗)少しずつの更新になりますが、ガンバリます~

    作者からの返信 2018/05/17 10:38