ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

愛は、つらぬく主義につき。 (天城さくや/著)

  • ついに続編書いて下さるということで毎日、まだかなと見てしまいます‪w
    遊佐と宮子の結婚後の話などあると嬉しいです。

    Gon   2019/11/18 21:36

    自分が思っていたより続編を待っていただいていて、ちょっと嬉しすぎです(笑)。ありがとうございます! ・・・逆に、ご期待に添えるかとプレッシャーも感じてますが~~(汗)。ジレジレとか甘々がない、いつもどおりの天城作品になるんじゃないかと思います。あともうちょっとお待ちください~

    作者からの返信 2019/11/18 22:02

  • いつも早々にお返事いただきありがとうございます。天城作品ファンの私としては、この作品に限らず、征一郎目線(長編)の作品も見たいです!
    今後も多いに期待しています!
    寒くなってきましたが、暖かくして執筆活動頑張ってください!

    りさたばさ   2019/11/14 16:54

    ありがとうございます。期待値に脳ミソが比例してくれるといいんですが(笑)。頑張ります!

    作者からの返信 2019/11/14 17:32

  • いつも早々にお返事いただきありがとうございます。天城作品ファンの私としては、この作品に限らず、征一郎目線の作品も見たいです!
    今後も多いに期待しています!

    りさたばさ   2019/11/14 14:53

  • おまけの追加笑えました。
    その後、遊佐と宮子が夫婦になっていく過程など、まだまだ続編、スピンオフなど期待しています!

    りさたばさ   2019/11/14 12:17

    レビューまでいただいて、ありがとうございました~(嬉泣)。ときどきコントみたいなシーンが浮かぶので、つい書いてしまいました(笑)。予定している続編のほかに、仁兄が絡んだ話を書きたいなぁと思っています。気長にお待ちくださいね!

    作者からの返信 2019/11/14 13:53

  • 続編読みたいです
    ぜひお願いします

    A-gon   2019/07/27 05:53

    この作品に一番最初に感想をくださって、完結したときも続編を熱望していただいてました(感激)。またもラブコールをいただき、本当に作家冥利に尽きます! ありがとうございます(号泣)。これはちょっと本格的にガンバってみようかと思います。連載中の『恋は~』の合い間に、少しずつでも書けたらいいなとは思ってますが、いっぺんに二つのことが出来ないタイプなので、連載後になったらゴメンナサイです(汗)。でもプロットが浮かびつつあります。
    待っていてくれると嬉しいです!

    作者からの返信 2019/07/27 10:42