ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 教室
    • プロポーズ

    私は今頑張ってる、なぜなら大学の卒業がかかった授業中だからだ
    そんな私には同じような立場の彼氏がいる、ただ1つだけ秘密がある
    彼は世の中の女性を虜にしてる人気モデル…

    そんなある日、1通のメッセージが届いた
       授業終わったら◯◯◯号室で待ってる
    それをみたと同時にチャイムが鳴り急いでその教室に向かった

    教室に入ったけど、人の気配は全くなく鍵が閉まる音がして振り返ろうとした瞬間後ろからギュッと抱き締められた

    「最近マジで梨沙不足で耐えらんない」
    『まーくん』「ん?」『お疲れ様』
    そう言うと彼がいっきに視界に入ってきた
    「梨沙ごめんな」
    『ん?なんのこと?』
    「俺の分まで勉強してくれて」
    『何で謝るの?』
    「今から将来の奥さんに苦労させてんなって」
    『それって…』
    「卒業したら俺と結婚して」

    世界中が知るのはもう少し後のこと

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 髪クシャ

    ”キーンコーンカーンコーン”

    「日直だりぃ〜」
    ヤンキーっぽいというか、やんちゃというか…とにかく 幼稚園からの幼なじみが 机に乗っかって呟いた。

    「ちょっと。あんたなんもやってないでしょ〜」

    もう声かけてもやってくれないの知ってるから1人でやろ…ってあれ?
    黒板 上の方消せない…。

    「ふおぉぉ…ふんっ…だめだぁ」

    「貸せよ。」
    女子より白くて綺麗なんじゃないかっていうぐらいの 手が頭の上から伸びてきた。

    …ってなんか、こいつドヤ顔してるし。ムカつくな…。

    「お前チビだもんなぁ〜。」
    そう言いながら 髪をくしゃくしゃしてくる。ボサボサだ…。

    「もうほんっとにやめてよぉぉ。」
    バサバサの髪を手で直しながら、少し怒った口調で言った。

    「…。」

    「(え…なんかめっちゃこっち見てくるじゃん。しかも真顔。)」

    「ん…?なに…?」

    「い、いや、可愛いからさ。」

    「はぁ…?!」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「せーんせ」
    ギシッと肩を強張らせて振り向くと、男子生徒が笑みを浮かべて立っていた。
    何となく嫌な含みを感じ、持っていた名簿帳で口元を隠す。
    「何か用事ですか」
    「警戒してるの?かーわい。猫みたい」
    彼は以前から私をからかって遊んでくる。おかげで一部の女生徒から嫌がらせを受けていることは知らないのだろう。10代の嫌がらせなんぞ私の逆鱗に触れることはないが面倒臭い。彼の顔面の良さを全面的に出してかわいこぶる所も面白くない。
    「先生がオレと付き合ってくれんならもうからかうのやめるけど」
    もう我慢ならない。人目がないのを良いことに、私は彼のネクタイをぐいと引いて顔を寄せた。不意打ちの近さに目を丸くする彼をキッと睨む。
    「ガキに興味ないの。もっと周りが見えるような大人になって出直すことね」
    吐き捨てた言葉と同時に踵を返す。
    「…ぜってー落とす」
    背中を向けた私の耳に、彼の呟きは届かなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

初恋のうたを、キミにあげる。 (丸井とまと/著)

  • 初めまして!
    昨日書籍で読ませていただきました( ु ›ω‹ ) ु♡✨

    私は声が小さいことや場面緘黙症でいじめられていて、少し違いますが、とても親近感を感じて一気に読みました( ˶˙ᵕ˙˶ )♡

    星夏ちゃんには森井くんが居て羨ましくなりました(*´艸`)笑
    でも、そんな森井くんの想いが丸分かりなのに自分の恋心に気づかない星夏ちゃんがまた可愛くて( ⸝⸝•௰•⸝⸝ )♡

    後半は涙ボロボロでしたが、星夏ちゃんが森井くんを好きって気づいた瞬間が一番泣けました!!!

    学生時代に出会えてたら、また人生変わってたと思います٩(*´︶`*)۶
    でも、大人になった今でも楽しめました(*´∀`*)

    2人のキュンキュンなじれ恋を書いてくださり、ありがとうございます!

    彰野くみか   2020/01/19 18:31

  • めっちゃ良かったです!
    実は私も地声が高い方で馬鹿にされたりする方で、この小説を見つけた時、何かの縁を感じて一気読みしました笑
    星夏の抱いている気持ちには共感しかなくて、歌が好きとかなんだか親近感を持って読んでました
    そして森井くんと星夏のじれ恋がきゅんっきゅんしました♡
    星夏がだんだん話していけるようになるのも良くて現実味があるなって思います!
    いつか書籍も購入したいです(*´﹃`*)
    素敵な物語をありがとうございました!♡

    鈴咲 音彩   2019/07/31 01:59

    夏涼 湖夜里さん
    感想ありがとうございます!
    星夏の悩みや葛藤はできるだけ現実味があるように心がけて書いていたのでそう言っていただけて嬉しいです!
    私自身、人の声が好きで高い声もその人の個性で魅力だなぁと思うんですが、中にはからかってくるような心無い出来事もありますよね……。声に個性があるのはとても素敵な長所だと思うので、星夏を通して近い悩みを持っている人に届くといいなぁと願っております。

    じれ恋も楽しんでくださりありがとうございます〜!
    書籍版にはふたりが初めて出会った話や、少し甘めな付き合ってからの話なども追加しておりますので、お時間のあるときにでも楽しんでいただけると嬉しいです。
    素敵な感想をありがとうございました!

    作者からの返信 2019/08/01 23:00

  • めちゃくちゃ、良かったです。森井くんと小宮ちゃんのその後の話がとても幸せでほんわかしてて好きでした。森井くんと付き合ったら絶対大切にしてくれるじゃないですか、めちゃくちゃ羨ましかったです笑

    私は個人的に「人を傷つけるのも言葉だけど、人を癒やしたり守ったりするのも言葉」であるという部分が1番印象に残っています。とても納得するし、心があったかくなりました。

    言葉で何かを伝えるのは難しいことだけど、しっかりと自分の言葉で伝えることができれば誰かを幸せにしたり、喜ばせたりすることができる。小宮ちゃんの成長とともにそれを知ることができました。

    ありがとうございました。!

    悠木夏恋   2019/07/09 14:21

    悠木夏恋さん
    ありがとうございます!素敵な感想いただけて嬉しいです!
    森井はかなり大事にしますね。笑
    木崎視点で見たふたりのその後の話を前にちょこっと考えていたことがありまして、幼馴染の木崎が驚くくらいぞっこんで大事にしている森井になってしまっていたほどでした。笑

    星夏は言葉によって傷つけられたけれど、森井たちの言葉によって救われたことが伝わるといいなと思って、大事に書いていました。私が考えながら書いていたことが、悠木さんに伝わっていただけてうれしいです。
    星夏たちの物語を最後まで見届けてくださりありがとうございました!




    作者からの返信 2019/07/11 22:03

  • 森井くんかっこいいですね。
    しかも、その友達のお二方も最高でした。
    こんな素晴らしい作品の人物の設定とか、ストーリーの流れを考えるの大変じゃないんですか?
    私だったら、途中で手が止まってその小説を放棄しています。今、さらにその状態です。
    次の作品を楽しみにしています!
    ╰(*´︶`*)╯

    さくらんぼーちゃん   2019/06/14 21:40

    さくらんぼーちゃん さん
    楽しんでいただけてよかったです!
    私も手が止まって放置多いですよ〜。書ききるの大変ですよね……。
    最初から最後まで流れを決めてから書き始めて、ラストまで書けそうになったら公開することが多いです〜。公開せずに眠ったままのものもたくさんあります。笑
    止まってしまう時は、書きたいところを先に書いてそこにたどり着くために音楽とか聞いて気分高めます!笑

    感想ありがとうございました〜!
    次の作品も形にできるようにがんばります〜!

    作者からの返信 2019/06/15 15:17

  • こちらも凄くよかったですっ(。˃ ᵕ ˂ )ƅ
    森井くんて、ステキですね☆.。.:*・
    トラウマを抱えた星夏ちゃんを変えたこと、
    感動しました☆
    じれじれな両片思いでしたが、ほのぼのしてて、
    好きでしたー⸝⸝⸝⸝♡森井くんの言動がヤバいっ!
    キュンキュン♡ドキドキでしたぁ(,,><,,)♡
    あとペットボトルのメロンソーダ✩.*˚
    見つけたときはつい買っちゃいたくなります(öᴗ<๑)

    書籍化!!おめでとうございます☆彡
    こちらも楽しみにしてまーす٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    mikuriku   2019/01/15 17:10

    mikurikuさん、いつもありがとうございます!
    じれじれな両片思いを楽しんでいただけて嬉しいです〜!
    森井の言動に胸キュンしていただけましたか…!読者さんにも楽しんでいただけるといいなぁと思いながら書いていたので、感想いただけてほっとしました。(個人的には星夏に振り回される彼を書くのが楽しかったです〜)
    メロンソーダのペットボトルいいですよね。私も見つけるとつい買ってしまいます。あまり売っていないので、特別感があるというか…。
    書籍の方にはサイトに公開していない話もいくつか入れさせていただいて、ふたりのその後の話もありますので、お時間がありましたら楽しんでいただけると嬉しいです(´`*)

    作者からの返信 2019/01/15 23:45