なんてことない話題を、ふたりで話しながら帰る。

亮介は自転車を押して、私はその横を歩きながら。


・・・なんだろう、いつもと変わらないのに、調子が狂うな。




「ねぇ、そういえば亮介のお父さんって何してる人?」

「ん?あぁ、カメラマン」

「・・・・・。」



・・・カメラ、マン?って写真撮る人よね。



「え?何美奈子その疑いの目。ほんとなんだけど」

「いや、見た感じどこかの会社の重役さんかなって感じだったから。何の写真撮るの?」

「空とか自然とか人とか色々?」

「へぇ」