ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺の彼女が可愛すぎて困る。 (如月 いちは/著)

『俺の彼女が可愛すぎて困る。』
読んでいただきありがとうございます!
ぜひコメント頂けると嬉しいです*´`*

  • 夏くんがいくらアピールしても気づかないハルが可愛すぎます❤︎

    このお話のモデルになっているお友達さん、彼氏がこんなんだったら幸せですね💕

    これからも応援させていただきます!

    ぴっぐれっと   2019/04/13 16:43

    >ぴっぐれっと様

    ご感想ありがとうございます✨

    こんなに夏くんがアピールしてるんだから、気づいてハルちゃん!!と度々ツッコミながら書いていました。笑
    そんなふたりのやり取りがとても好きでした🥰

    モデルのおふたりは今も幸せそうです💓
    夏くんとハルちゃんも、モデルのおふたりもずっと幸せでいてくれたら嬉しいです。

    応援ありがとうございます!
    これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

    作者からの返信 2019/04/15 11:13

  • この本を読んで夏くんがほんとにやばいほど彼女のハルをキュンキュンさせててもう読んでるこっちもずっとドキドキしてドキドキし過ぎて1人でずっと笑いが止まりませんでしたwww
    それほどすごい夏くんのストレートに『好き』とか『大好き』とか言うシーンとかアタックしてるところがほんとにキュンキュンしました!
    ハルも臆病で全然気づかなくてもあとからちょっとずつ夏くんのことが好きになっていくところも大好きになりました!
    自分の彼氏にも言ってほしいと思いながら読みました!
    またこんな話を読みたいのでまたお願いします!
    これからも応援してます!

    嵐大好き♡♡   2018/08/08 16:25

    >嵐大好き♡♡様

    俺カノを読んでくださりありがとうございました!

    この作品は書き始めた当初から、最初から最後までずっと胸きゅんできる作品にしようと考えていました。
    実際にモデルにさせていただいた方もストレートに気持ちを伝えてくるような人で、彼女さんはドキドキは止まらないし、それ以上に幸せだろうなと……

    ハルちゃんと夏くんのことを嵐大好き♡♡様に好きになってもらえて良かったです!

    彼氏さんともお幸せに^^*

    これからも楽しんで読んでいただけるよう頑張ります!
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/08/12 08:51

  • 乃々さん、作品読ませて頂きました!!すっごくキュンキュンしました!今の私はまだ絶賛片思い中だけど、いつかこんなふうになれたらいいなぁ~って思いながら読んでました!(笑)
    私も初作家に挑戦するので、良かったら読んで頂けると嬉しいです(≧∇≦)
    本当に完結おめでとうございます!

    あーたん♡♪   2018/07/31 23:00

    >あーたん♡♪様

    『俺の彼女が可愛すぎて困る。』を読んでいただきありがとうございます!
    お互いがお互いのことを思っていて、毎日幸せな恋愛って理想ですよね♡

    片想い中って楽しくもあり辛くもあり……でもちょっとした事で幸せで、こうなりたいなって思いますよね(><)
    あーたん♡♪様の恋がうまくいきますよう願っています!

    作家に挑戦するのですね!あーたん♡♪様の作家活動も応援しています^^*

    作者からの返信 2018/08/03 21:54

  • 完結おめでとうございます。
    毎回夏くんとハルちゃんとの絡みに毎回ドキドキワクワクさせられてました(*^^*)
    もう少し先が読みたいなと思いました♪
    これからもこっそりと応援してます!

    柊コウヤ   2018/06/14 19:23

    >柊コウヤ様

    ありがとうございます!!
    コウヤさんには書き始めた序盤の頃から読んでいただいていて、本当に嬉しかったです!

    ハルちゃんと夏くんの恋はまだまだ続いていくと思いますので、また番外編という形にはなるかと思いますが、いつか書けたらいいなと思います!

    作者からの返信 2018/06/17 11:06

  • 完結おめでとうございます!!
    ハルちゃん、本当に可愛すぎます♡
    「バカ」の照れ隠しも最高に可愛いです!
    毎回読んで癒されていました(*´▽`*)
    夏くんもかっこよすぎです!!
    優しいところとか、意地悪なところとか、いつも余裕そうで、でもハルちゃんのことをわかっているところ、最高すぎます(*/ω\*)
    こんな男の子がいたらいいなぁ、と思ってしまいました♪
    また幸せなふたりを読みたいです╰(*´︶`*)╯
    最初から最後までドキドキが止まりませんでした!
    ありがとうございました!!!

    ちこ♪   2018/06/13 18:33

    >ちこ♪様

    この作品を読んでいただき、感想までありがとうございます!

    ハルちゃんと夏くんには実際のモデルさんがおりまして、ストーリーは少し付け加えているものの言葉のやりとりだとか反応とか……本当にこのままなんですよ♡
    本当に可愛くて、かっこいい素敵カップルさんなんです。

    そんなふたりの幸せいっぱいのストーリーを楽しんで読んでくださったようで、とても嬉しいです。

    ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/06/17 11:03