ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

一途な小説家の初恋独占契約 (槙野スミレ/著)

  • どこまでも一途なジョーの愛にとても心が暖かくなる作品でした。
    汐璃ちゃんはどこまでも真面目な子でしたが、ジョーと二人で幸せな所まで書かれており、とても良い読後感を頂きました。
    次作も楽しみにしております。

    織原深雪   2018/02/04 11:27

    織原深雪さん

    ご感想どうもありがとうございます!

    一途なジョーと真面目な汐璃を読み取ってくださり、とても嬉しいです。
    最後が駆け足だったので、読後感が良いとおっしゃっていただけて安心しました。

    新しい短編を、いくつか公開させていただきました。
    長編は、お待たせいたしますが、また読んでいただけるよう頑張ろうと思います。

    最後まで読んでいただいた上に、ご感想まで、どうもありがとうございました。

    作者からの返信 2018/02/04 20:25

  • すごく暖かい話でした。
    言葉の大切さとか重みとか日本語独特の感じがすごくよかったです。

    次の作品も読みたいと思います。
    いい作品に出会えてよかったです!

    ミルクオレ←♥︎   2018/01/22 20:41

    ミルクオレ←♥︎ さん

    ご感想どうもありがとうございます!
    主人公カップルは、二人共ちょっとおっとりしてるタイプなので、暖かい話と言っていただけて嬉しいです。

    それから、本文は出てこないものの手紙や小説、言葉が影の主人公になっているので、その点を感じていただけたのも感激しています。

    時間をいただきますが、新しいお話も書きたいと思っていますので、お付き合いいただければ幸いです。
    どうもありがとうございました。


    作者からの返信 2018/01/23 17:05

  • いいですね。
    イケメン作家の一途な初恋こういうの大好物です。
    結婚までしてしまって。うれしい限り。
    一途な思いって通じないことも多々ある中、素敵でした。
    途中ヒヤッとストーカー?に匹敵するようなライバル出現があったり
    少しどきどきもしたし大好物要素いっぱいでした。

    新作待ってますね?
    あっ続編でも・・・結婚式とかエピローグまでのお話とか・・・

    宜しくお願いいたします。

    大仏ちゃん   2018/01/17 16:08

    大仏ちゃんさん

    ご感想どうもありがとうございます!
    大仏ちゃんさんの大好物要素に当たって、良かったです。

    新作、続編のリクエストもありがとうございます。
    本編終了~エピローグの間の様子は、話の収まりをよくするために書かなかったのですが、もしリクエストいただけるようなら、短編の番外編を考えてみようかなと思っていました。

    なので、番外編、もしくは新作のどちらかは、書かせていただこうと思います。
    ただ、現在執筆の時間が取れないので、番外編にしろ新作にしろ、春以降の披露となります。

    お待たせしてしまいますが、また読んでいただけたら嬉しいです。

    最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

    作者からの返信 2018/01/18 16:28

  • ジョーは外国人の設定がすごく生かされていると思いました!
    最初はすごく意外だったんですけど、物語がスムーズに進んでいって、違和感もなく楽しんで読めました。
    ジョーはほんとにイケメン!私も外国人のイケメン彼氏に独占されたい!汐璃ちゃんが羨ましいです!

    羽咲 芽映   2018/01/14 22:31

    羽咲 芽映さん

    ご感想どうもありがとうございます!
    外国人ヒーローを受け入れていただけるのか心配だったのですが、違和感がなかったとのことで、ホッとしました。
    楽しんでいただけて嬉しいです。

    ちょっと情けないところも多いジョーですが、イケメンと言っていただけて良かったです。

    作者からの返信 2018/01/15 16:31