ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年11月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • ベタ惚れ【お題】

    バタン!!

    イキナリ何も喋らず彼氏に空き教室に連れて来られた。
    私は何も分からないまま積まれた机の方に詰め寄られる。

    「どうしたの??」
    私がそう聞くと目をじっと見てきた。
    「分かんないの?」

    少しムッとしている事だけは察した。
    私は脳みそをフル回転する。

    「…分かんないです」
    顔を下に下げるとクイッとすぐに上げられた。
    又もバッチリとあう目に頬が赤くなる。

    「お前、最近東堂と仲良すぎ。」
    東堂は同じクラスの同じ委員会のまぁまぁイケてるヤツ。

    「委員会一緒でしょ?だから…」
    「言い訳。お前はオレの彼女だろ?」

    オレより他のヤツと仲良くなんな。
    そう耳元で囁く。
    私の頬を再度赤くさせると
    ぷっと満足したように笑う。

    そして、私をギュっと抱きしめると

    「俺はお前にべた惚れなんだよ。お前もだろ?」

    そう言って頭を撫でた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • ベタ惚れ【お題】

    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」

    照れながら私はそう返事する。


    彼氏のかずとは毎日のように「好き」と言ってくる。

    嬉しいけど、やっぱり少し恥ずかしい。


    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」


    やっぱり恥ずかしいな、と思っていたら、


    「ねえ、るいは?俺の事好き?」

    「えっ…」


    そんなの好きに決まってる。顔を赤くして下を向いていると、

    「ねえ、言ってくれないと、キス、するよ?」




    「……す、き…」

    「よくできました。」

    そう言ってキスしてきた。

    「結局するんじゃん。」

    「可愛くて我慢できなかった。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「たすけて……!」

    __________

    「はぁはぁ、そいつに触んな!」

    「ばか、くんの遅い…」

    「怖がったよぉー、ぐすっ」

    「うん。ごめん、もー大丈夫だよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

☆毎日が映画のような一コマ★ 〜妹よ〜 (ジウ/著)

  • 久しぶりです。書き込みがなかなか出来ないです。こういう一瞬と言うか短い出来事を上手く切り取った作品好きですね。

    架空のお兄さん秀樹より。
    妹よー側にいて震える私のは違ういますね。
    良かったです(^-^)

    高山   2017/11/15 02:42

    高山さん

    兄さん、来てくれたんですね!感想だけでなくレビューまでありがとうございます。素敵な誕生日プレゼントもらっちゃったなぁ。しかも歌まで…て兄さん、それ五輪真弓の恋人よですやんっ∑(゚Д゚)

    わたしも一瞬の光というか心の動く瞬間、好きだなと思います。そして、それを伝えたくなります。

    良かったと言っていただけて良かったです。てへへ。

    作者からの返信 2017/11/15 20:40

  • 月乃ミラさん

    レビューありがとうございました!
    あいらびゅー!

    ジウ   2017/11/13 19:48

  • シリーズ新作だ‼とテンション高々に読もうもしてもう表紙で泣きそうなったよね(¯―¯٥)
    歳の離れた兄を持つミラ子でございます。
    なんかねぇ、何かにつけて口出す癖に責任は持たない人。ミラ子の兄の位置付けです(笑)
    ほんっと、針の穴ほどのところを突いてくるなぁジウさんは。我が身に思いっきり重ね読ませて頂きました。じわりじわり胸の奥に芽生える感じ。久しぶりの感情を思い出しました。読めて良かったです。ありがとう(^o^)

    月乃ミラ   2017/11/13 17:57

    月乃ミラさん

    わーい、ミラさん!
    ありがとうございます。何々、みんなお揃いで。何かお祭りでもあるんですか、ウキウキ←はしゃいでるらしい

    こんにちは、ジウです。特技は重箱の隅をつつくことです!一寸法師みたいに針を腰にぶらさげて、お椀に揺られてどんぶらこっこ!←テンションおかしいぞ

    そうかそうか。ミラさんにはまさに年の離れたお兄さんがいらっしゃるんですね。あ、何かで読んだ気がするぞ。ミラ子の呟きだったかな。ふふふ。懐かしい気持ちを思い出していただけたなら幸いです。

    余談ですが、これね、書いてる時に頭の中でチューリップの青春の影が流れてました。最終回の、あんちゃんが買ってくれたワンピース着た小梅が「あんちゃん!」て叫んでるシーン…あぁ、書いてるだけで泣けてきましたぞな。

    みんなが優しい気持ちに、誰かを大切に思う気持ちや誰かにとって自分も大切な存在なんだということを伝えたかったお話でした。

    お付き合いくださり、ありがとうございます。

    作者からの返信 2017/11/13 19:45

  • この夫婦、素敵…♪
    お互いオジサンだオバサンだって言いながら凄い愛を感じるやりとり…。
    会話だけで伝わる熟年感、仲良し感が流石ジウさんですね。

    こんなお兄ちゃんいいなぁなんて思いつつ、
    うちのお姉ちゃんもすごく私を気にかけてくれるんですよ。
    妹としてたいしていいことした記憶もないのに、ちょいちょいメールくれたり、ものを送ってくれたり、私の結婚式のときには関係者全員に心づけを配ってくれて……
    思い出して、ちょっと「うっ」てなっちゃいました。

    優しい気持ちになるお話、有難うございます。

    ちなみに「優しそう」は、私も含みを感じる表現だと思うwww分かるwww

    うまの   2017/11/13 12:41

    うまのさん

    わあっ!
    うまのさんだー、ありがとうございます!

    実は裏設定なのですがこちらのご夫婦、真音とシロさんのつもりで書いてました(笑)。関西弁にするとすぐわかっちゃうなと思って標準語で書いていますが。なので、気に入っていただけて嬉しいです。ありがとうございます。

    うまのさん、お姉ちゃんがいるんですね!わたしは兄しかいないので小さい頃からお姉ちゃんの存在に憧れてました。お姉ちゃんがいるお友だちって同じ歳なのにどこか大人びてるとゆーかね。いろんなことをお姉ちゃんから学んでるんですよね(笑)←含みのある言い方だな

    たいしていいことした記憶って…(笑)。いいんですよ、そんなのなくたって。妹のためにあれこれ世話焼くのが楽しいんだから、きっと。妹いないからわからないけど(笑)←説得力ゼロだな

    妹や弟を思うお姉ちゃんの気持ちはお姉ちゃんにしかきっとわからないんじゃないかな。だから、うまのさんもうまのさんのまんまでいいと思いますよー。そのままで。

    追伸★
    やっぱり優しそうってアレですよね(笑)
    わかっていただけて良かったです

    作者からの返信 2017/11/13 19:27

  • わぁっ!
    ジウさんが一コマシリーズの新作を公開しているーっ!嬉しいなぁ。しかも結婚式の一コマだー!
    本人ではなく、親族として、若干距離のある兄としての参列。
    ジンワリきました。
    嬉しさと、気恥ずかしさと、寂しさと。色んな気持ちがないまぜになったものが感慨、と一言で表されるのかな。いくつになっても、名字が変わっても、妹は妹なのですね。結局、いつまでも気になるというか。可愛いのよね。うんうん。
    あ、あと。
    「優しそう」の使い方について考えさせられました(笑)受け取り方は人それぞれ、というのは確かに、です。あと「素敵」という言葉も多用してしまいます、わたし。なんか見せられた時に感想がまとまるまでとりあえず、ってクッションみたいに使えて便利なのだけど。便利なものは気をつけて使わないといけませんね。言葉も、道具も。それに頼りすぎて他の選択肢があることを忘れてしまうから。
    ジウさんの新作嬉しかったです。(*^_^*)

    東雲 葵   2017/11/12 17:07

    東雲葵さん

    わあっ!
    葵さんが感想を書き込んでくれている!
    ありがとうございます!

    公開してすっかり満足してました。お返事遅れてすみません。

    はいな。シリーズ新作の今回は新婦の兄にスポットをあててみました(*^^*)

    新婦の兄と言えば結婚式当日はビデオ係とかカメラ係とか(笑)。そんな役割を担いがちじゃないですか。しかも新婦の友人はみんな女の子だからお酒を注ぎに回るのも難しく、どう過ごしたらいいのかわりと戸惑いがちな立ち位置ではないかなぁと、勝手に思っています。小学校とか中学校のご友人だとお兄さんも仲良しとかはいらっしゃいますけどね。

    そんな、モジモジなお兄さんのお話でした。父親とは違うけど、お兄ちゃんにはお兄ちゃんなりの思うところがあるわけで…

    そうそう。優しいの話、深く読んでいただいてありがとうございます。クッションかぁ、なるほどさすが葵さん。まぁ、感想も長ければいいってもんじゃありませんからね(前置きもな←痛い(笑))。ストレートに相手に伝える言葉っていうのはやはり必要で、それに頼りたくなる、頼らざるを得ない場合もやっぱりあると思います。回りくどいと伝わりづらかったりするし、何が言いたいの?て言われちゃうし。

    ちなみにこれももちろん実話です。友だちに彼氏の写真見せられて優しそうな人だねって言ったら怒られただよ(笑)。かっこいいって言ったら言ったで怒るくせに!

    あ、すいません。話がズレました。

    とにもかくにもありがとうございます。葵さんが感想書く込んでくれて嬉しいです。

    作者からの返信 2017/11/13 12:47