ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

イジワルなくちびるから~…甘い嘘。【完】 (沙紋みら/著)

やっとこさ~完結です('◇')ゞ昨年の10月10日に表紙をOPENして10月8日に完結……もうちょいで丸1年でした。(;°;ω;°;)アブナイアブナ亻!辛抱強く更新を追ってくださった皆様、本当に有難うございました。感謝デスm(__)m

  • みらさん、

    完結お疲れさまでしたぁ~(^-^)

    まさかな展開もあり

    ラストはハッピーエンドで良かったです

    次回も楽しみにしています!

    ぴす   2018/10/18 23:38

    ♥ぴすさん

    (人''▽`)ありがとう☆です。やっと完結できました!
    中盤は修正したい部分があったりするのですが、今は完結できた喜びに浸っております(*^^*)

    相変わらずのどんでん返し! 大好物なのでやめられません(笑)

    次回作はまだ全然考えてないのですが、公開しましたら、またよろしくお願いいたしますm(__)m

    作者からの返信 2018/10/20 01:46

  • ♥さちなみさん

    レビューのお礼です!
    ラストまで読んでくださり、レビューまで……有難う御座いますm(__)m
    ハラハラドキドキして頂けて良かったです(*^^*)
    中盤はダラダラになってしまってどーなんだろ~? と思っていたので心配だったのですが、有難いお言葉を頂き、ホッとしましています(^^♪

    番外編は今のところ予定していませんが、また機会がありましたら、宜しくお願いします!

    沙紋みら   2018/10/10 02:40

  • みらさん、完結お疲れ様でした。
    謎だったことが全部明らかになってよかったです。
    零士先生の深い愛がわかって嬉しいです。
    希穂よかったね、と言ってあげたいです。
    2人のパリでの生活がよりラブラブで過ごしてくれたらなぁと思いました。
    また、みらさんの新作を楽しみにしています。^_^

    wwalice   2018/10/08 23:28

    ♥wwaliceさん

    こんなに早くラストまで読んでくださり、有難う御座いますm(__)m
    謎……解けたでしょうか?
    とにかく早く完結させたくて確認もそこそこにオープンしてしまったもので、書き忘れたこともあったのですが……(今更遅い……( ;∀;))

    誤解ばかりの希穂でしたが、なんとか幸せになれたようです。(*^^)vヨカッタヨカッタ!

    本当に長い間、お付き合いして頂き、有難う御座いました! 感謝しかありません。
    また次回作でもwwaliceさんとお会いできるのを楽しみにしております!
    (まだ暫く先になると思いますが……汗)

    作者からの返信 2018/10/09 01:18

  • いつも楽しませていただいています。
    次回で最終回ですか?
    零士先生の本音が気になっています。
    ぜひ、明らかにお願いしたいです。
    どんな結末か楽しみです^_^

    wwalice   2018/10/06 00:32

    ♥wwaliceさん

    更新を追ってくださり、ありがとう御座いますm(__)m
    そーなんです! 一年掛けてやっとこさ~完結です!( ノД`)ナガカッタヨウ…
    こんなグダグタ更新なのに、読んで頂けて感謝しかありません!

    ラストは少しページ数多めですが、最後までお付き合いした頂けると嬉しいです。
    伏線は全て回収されていると思いますが、もしかしたら落としているところがあるんじゃないかと(;゚Д゚)ガクブルです。

    一応、この連休中にはオープンできそうなので、お暇な時にでも覗いてもらえると有難いです。m(__)mヨロシクオネガイイタシマス!

    作者からの返信 2018/10/06 21:26

  • みらさん、

    私辛いです(泣)

    ぴす   2018/08/21 23:07

    ♥ぴすさん

    遅くなってすみません(;´Д`)
    週末に読ませてもらいますね!

    作者からの返信 2018/08/23 22:08