ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中

    初恋は小学校の入学式の時だった。

    恋に気づいたのは小学校の卒業式だった。

    意識し始めたのは中学一年生の後半だった。

    いつも、俺は遠くから君を見つめているだけだった。

    君は....。

    他の奴が好きで

    俺のことは好きじゃない。

    いつになったら....。

    君に


    『好き』


    って、言えるのだろうかーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 修学旅行

    まずいまずい…。
    私、小林梨花は只今修学旅行真っ最中。
    そして迷子。
    知らない場所に1人なんてどうしよう…。

    「あ、梨花じゃん」

    「前澤くん…」

    私の名前を呼んだのは同じクラスの前澤くん。
    すごく顔が整ってて、学年で大人気の男子だ。

    「なんで涙目なんだよ。ほかの人達は?」

    「はぐれちゃったの…。誰もいなくて怖くて…」

    「そうなのか」

    前澤くんは手を震わせて俯いている私の顔を覗き込んできて笑った。

    「じゃあ俺にちょっと付き合ってよ」

    そう言うと私の手を握り歩き出す。

    「えっ、ちょっと前澤くん!」

    「いいから」

    さすがに、手を繋いだままだと恥ずかしい。

    「手…」

    「いいじゃん別にー。嫌なら離すよ?」

    「嫌じゃない…けど…」

    「じゃあいいじゃん!」

    前澤くんは握る手の強さを強めた。
    この手からドキドキが伝わっちゃいそうで私は深呼吸を繰り返した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 教室

    私、和泉紗矢香は風邪をひきました…
    3日前、好きな人である悠斗が風邪ひいて辛そうだったから近くで色々手伝ってあげてたからかな。喉痛いし辛い...こんな日に限って今日は朝から教室の大掃除。私は何も出来なくて椅子に座っていた。そんな私に気づいた悠斗が声をかけてきた。
    「大丈夫?辛いの?」
    「うん」
    「俺の移ったのかな?喉痛い?飴あげる」
    「うん、ありがとう。」
    好きな人に優しくしてもらえるなんて風邪ひいて良かった~笑

    その後私は朝よりかは楽になりお昼休みを迎えた。友達とお昼を食べていたら少し離れたところから悠斗に声をかけられ体を向けると
    「紗矢、これあげる!」
    悠斗はそう言い、軽く投げ渡してきた。残りののど飴を全てくれたのだ。
    「いいの?ありがとう!」
    いつも優しい悠斗だけど今日の優しさは心に染みる..

    何の変哲もない普通ののど飴だけど、私にとっては特別なものになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

茜色の記憶 (みのり/著)

  • 茜色の記憶を発売日にドキドキしながら買いに行って読んだのを覚えています
    三月のパンタシアさんの茜色の記憶の曲も大好きです!!!!

    やっぱり、大切な人が記憶を失うのは
    とても辛いですね
    感情的になると号泣ですね。
    感動をありがとうございます!!!!

    御影_   2019/01/17 11:43

  • 最初は友達から借りた本でしたが、とても気に入って自分でも買ってしまいました。くるみちゃんの凪君への思いがホントに感動して最後の20ページは涙が止まりませんでした。
    感動をありがとうございました!

    くりはゆ   2018/11/22 20:01

  • とても好きで分冊本も持っています!!
    くるみと凪の物語がまだ見たいです(*^▽^*)

    白瀬琥珀   2018/06/14 17:35

  • 感動して涙が溢れました。すてきな感覚ですね。

    ももちゃんのかぁさん   2018/04/06 16:04

  • 感動しました。涙が止まらなくなってしまって…
    私は今大好きな人がいます。
    凪くんは、手紙の心を読むたびに大切な記憶をひとつ失ってしまう。私がもしくるみちゃんの立場だったらと考えると、くるみちゃんみたいに強く居られるか、考え込んでしまいました。
    そのシーンをイメージしながら読むのが凄い、ドキドキしてワクワクして、悲しくなって、物語の中を旅しているような気分になりました!
    この作品を書いて下さり本当にありがとうございます。
    とても、素晴らしい作品でした。

    Dream☆mk   2017/12/08 02:39