ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「帰るぞ」

    そう言って私の教室のドアに立っているのは幼馴染の京介だ。

    「今準備してるから待って」
    「美羽はいつも遅いなあ」

    とか言いつつ京介はいつも待ってくれる、そんな京介が好き。

    「…つか美羽好きな人いんの?」
    「え?!」

    なんでそんなこと聞いてくるの?普段恋話なんて一切しないのに、まさか私が好きなことがバレた…とか?
    だとしたら、京介はなんて言うのかな

    「いるって言ったら…?」
    「まじ?ならいっか」
    「なにが?」
    「俺、今好きな人いるんだけどその子が俺と美羽の関係気にしてたからさ、美羽に好きな人がいるなら、あっちも安心かなって」
    「あー…なるほど…」

    もしかしたらって思ってる自分がいたことに恥ずかし過ぎて、泣きそうになった。

    「まあ、俺たちただの幼馴染だし、心配されるようなことねえよな〜」

    こんな想いをするくらいなら幼馴染なんかになりたくなかったよ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「先輩来てるよ!」


    その声に窓からグランドを見下ろせば
    幼なじみのアイツが居た


    『俺、お前の事大事にしたいから』


    そう言ったのはあんたでしょ?



    人の気持ちも知らないで
    今日も違う女の子連れて
    そうやってまたカッコイイ姿をみせ付ける



    "ワタシダケヲミテ"


    そう言えたらどんなに楽だったのだろう




    近すぎて遠いこの距離に溢れていた想いは
    もう枯れ果ててしまったのだろうか?



    それでもアイツの笑顔が大好きだ




    甘い甘い恋人たちの歌・・・
    イヤホンから聴こえるラブソングに嫉妬して
    慌てて音を消したんだ

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 食堂
    • 切ない【お題】

    「ごめん」
    この一言で私の恋は片付けられてしまった。

    私が好きだったのは、斜め前の席の凉くん。自習の時間は必ず話しかけてくれて、仲良くしてた。
    でも、凉くんに好きな人ができた。たぶん…。
    その子は、私と喋っていることにヤキモチをやいているらしい。

    さっきのごめんは、
    もう関わらないで、の意味のごめん、だよね?

    私だって好きなのに…。
    言いたいけど言えないことがどんなに苦しいか。

    「こっちこそごめん」
    本心じゃないことを口に出すって難しいな…

    翌日も話しかけれなかった。
    2人がいっしょにいたから。

    私がどんなに鈍臭いことしても、
    転んでも。大丈夫?って言ってくれる君が、手を差し出してくれる君が
    大好きでした。

    また、話せたらいいな。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】雨ふって、恋、始まる。 (犬甘/著)

  • はじめまして…!
    この話、むっちゃ好きですっ!
    ファン登録しました!
    セイくん、かっこいいですね…
    アイドルをやめたのは惜しいですね笑
    あー私もこんな恋したいですわw

    AZ828   2018/07/12 21:46

    AZ828さんへ

    こちらも読んでくださったのですね
    そして感想残していただき、本当にありがとうございます(;;)

    まず最初に、雨って、それこそ大きな被害を起こし得るので『雨ふって恋始まる』と今いうとなにを不謹慎なんだと思われても仕方ないのですが
    (ニュースを見て心苦しく感じております)

    例えば小さな子供が長靴をはいてカッパを着て楽しそうに歩いているのを見かけたら、空に虹がかかっていたら、天から水滴が落ちてくることそのものはそんなに悪いものでもない、素敵だな、と私自身は常々感動しており(気を悪くされたらすみません、)
    創作における雨ふりのシーンがすきです

    話が作品のことから脱線しましたが
    アイドルとの予期せぬ恋ってシチュエーションは乙女の理想のひとつだと思って絶対に書きたかったんです……!(そしてまた書いてみたい)
    好きになってもらえてよかったです

    ファン登録まで、ありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/07/13 16:58

  • セイくんかっこいい…

    美琴ちゃんもセイくんも一途で可愛くて身悶えしちゃいます

    短編なのにキュンキュンするシーンが詰め込まれていて、やっぱり犬甘さんすごいなって思いました!尊敬してます|´-`//)

    かずみん*   2017/08/16 21:06

    かずみん*さんへ

    思い返せば私の物語にはめちゃくちゃ一途なヒーローが多々でてくるなぁと、お返事書きながらふと思いました。
    セイくんのことも気に入ってもらえてよかったですー。

    短編書くのが好きなので、これからもこのくらいの長さの物語色々と考えていきたいと思います。

    かずみんさんをまたキュンとさせられたらいいなぁ……!

    感想ありがとうございました。

    作者からの返信 2017/10/10 04:41

  • セイくんっ………!!!!(ここの声が漏れた)

    まずもって雨も滴るいい男、本当その通りですよね。セイくんに美琴ちゃんが傘を差し出すシーンからもうドキドキしちゃいました!

    お母さんとふたりのやりとりも楽しくて、テンポのいい会話にクスっと笑ってしまったり。セイくんの謎がわかった時は自分の好きな芸能人を思い浮かべてしまいました…。私の元にも現れないかな(笑)

    3年越しの想いが通じあってよかったです!雨ふって恋始まる、素敵なタイトル通りでしたね(*゚ー゚)♡
    犬甘さんワールドだいすきです!素敵なお話をありがとうございました!

    野々原 苺   2017/06/23 08:03

    野々原 苺さんへ

    譲り受けた冒頭シーンですが、道端にセイくんが濡れて立ってたらドッキリビックリしますよね……!!(とてもよい)

    お母さんとのやり取りは仲良し親子を書くのが楽しくテンションあげながら書いちゃいました~。
    好きな芸能人が突然現れたらめちゃくちゃビビるでしょうね……!(笑)

    ハッピーエンド至上主義的なところがあるので都合よく終わってますが素敵といってくださり嬉しいです。

    読んで下さり、そして可愛らしい感想をありがとうございます!
    (いきなり名前叫ぶとか可愛すぎます)

    作者からの返信 2017/07/12 21:04

  • 夜中にひっそりと読ませてもらいました〜!笑
    犬甘さん(王子)の世界観が今回も全開で特にお母さんのキャラがツボでした笑
    アイドルのセイくん、餃子職人のセイくんを想像してはニヤニヤしてました笑

    初めて会ったときは美琴ちゃんは中学生でまだまだ恋愛の知識などもなかっただろうとは思いますが、高校生になった美琴ちゃんはすっかり大人になって更に可愛くなったように思えました。

    セイくん、カッコよすぎます……フェロモン全開よ……
    美琴ちゃんと出会ってアイドルをやめようと思っていただなんて…考えることがカッコよくて惚れちゃいます。

    そして、セイくんが美琴ちゃんを迎えに来て、美琴ちゃんの一途な思いが実って私も嬉しくなりました(*´ー`*)
    最後がとてつもなく気になります…!
    後編希望です…!!!!

    素敵な作品を
    ありがとうございました( ´﹀` )♩

    SEA   2017/06/23 01:13

    SEAさんへ

    ごきげんよう姫。読みにきてくださり嬉しいです。

    お母さんのキャラや餃子職人のくだり、笑ってもらえたならよかったですー。

    そうなんですよねぇ。やはり恋する女の子は素敵だなと思います。好きという気持ちがその子自身を成長させてどんどん可愛くしちゃうといいますか。

    フェロモン出すのなかなか難しかったです(笑)
    SEAさんも嬉しくなってもらえるラストにできて私も嬉しいです。

    続編書きましょうか、姫のために(ノ・ω・)ノ
    書き加えたときはまた読んでやって下さい。

    感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2017/07/12 20:56