ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

春が来たら、桜の花びら降らせてね (涙鳴/著)

  • 今晩は
    霜月湊です
    この作品は読んではいたのですが動画があると知って聞きにいきました
    動画もとても感動できてもう一回読み直してまた感動してしまいまいました。
    本では伝わりにくいところも歌と一緒に聞きて前よりも感動したと思います!
    感動をありがとう

    霜月湊   2018/08/22 23:10

    霜月さん、こちらにも感想くださって、ありがとうございます!

    MVの動画があって、物語と連動しているので、また違った楽しみがありますよね!

    私も曲を聴きながら同時進行でこの物語の編集作業をしていたので、より物語がシンクロしていると思います。

    こちらこそ!

    感動してくださり、感想に残してくださり、いつも応援してくださりありがとうございます!

    涙鳴より

    作者からの返信 2018/09/03 23:54

  • 涙鳴様
    初めて、作品を閲覧させて頂きました!
    本でこんなにも感動したのは初めてです。
    嫌なことがあって落ち込んでいたけど明日からまた笑顔で頑張れる気がしてきました!
    素敵な作品、ほんとうにありがとうございます!

    なずなす   2018/07/10 20:38

    なずなすさん、感想ありがとうございます!

    初めてこの作品を読んでくださったとのことで、嬉しいです〜( *´︶`*)
    嫌なこと、たくさんあるかもしれませんが、この本がなずなすさんの前を向くきっかけになれればと思います。

    辛いことがあると自分ひとりがすごく不幸だと、孤独な気分になったりすると思います。
    でも、誰かに相談してみると同じような悩みを抱えてる人もいると思うので、抱えこまずに相談してみてくださいね!

    誰かに頼れない時は、本を読むでもいいと思います。前を向けるような、辛い気持ちを共感できるような一冊を見つけると、スッキリできるかな? と思います!

    きっともう頑張っていると思うので、無理せずに!
    陰ながら応援しています(*¨*)

    涙鳴

    作者からの返信 2018/07/10 20:56

  • 場面緘黙症の子は、はじめは彼女の傷が痛々しいほどの反応で、話かけないほうがいいのかな?
    って思ってました。
    でも、周りの人との関わりかたをみて、そうじゃないんだって思いました。
    他の人と同じように、挨拶して、「ありがとう」って言葉を伝えて、自分が、彼女を信頼していることを伝えること。彼女と話ができるまで、一年かかりました。
    彼女が私に話してくれる言葉は、飾りのない言葉だけど、子供の頃に見つけたどんぐりみたいにうれしい宝物です。
    この本に出会えて、よかった。

    麦夏   2018/06/09 17:12

    麦夏さん、感想ありがとうございます!

    麦夏さんの身近にも場面緘黙症の方がいらっしゃったんですね。。。
    場面緘黙症の子に話しかけるのは、勇気がいるかもしれません。
    かけた言葉が相手を傷つけたらと思うと、私もセリフを考えながら不安になりました。
    でもきっと相手を傷つけて、逆に自分が傷つくかもしれなくても、踏み出さないと友情も愛情も関係って始まらないんですよね!
    ご友人が話せるようになったのは、きっと麦夏さんが相手を知ろうとすることをやめなかったからです。
    それって、何度も言いますがすごく勇気のいることだと思います。
    相手の表情や言葉から嫌われてるかも?と思って逃げ出したくなっても、向き合い続けた麦夏さん自身も素敵だなと感想を見て思いました。
    その優しさを忘れずに、そのままの麦夏さんでいてくださいね!( *´︶`*)

    涙鳴

    作者からの返信 2018/07/10 20:49

  • もう結構前にこの本を買いました。
    そして最近ケータイで読みました!
    質問なんですけど、どうしてこんな面白いのが書けるんですか⁉️
    もう凄すぎです!で、急に話変わるんですけどこの本は、もうキュンキュンですね!この本大好きです!
    また新作出して下さいね!

    ロニーちゃん   2018/06/08 22:46

    ロニーちゃんさん、お返事が遅くなってしまってすみません!
    感想ありがとうございます( *´︶`*)
    面白いと、言ってもらえて嬉しいです!
    アドバイスになるかはわかりませんが、私は小説やら映画やらを見た時に、どういうシーンで泣いたり胸きゅんするかをメモしたりして、作品に生かしています!
    私の作品で胸きゅんしてくださって嬉しいです!
    新作、頑張ります!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

    涙鳴

    作者からの返信 2018/07/10 20:42

  • 友情 恋の力って素晴らしい!
    そう思える作品だと思いました。

    個人的に園崎さんがラストシーンで冬菜ちゃんを
    さり気なく助けるところがとっても印象に残っています

    これからも感動するお話をたくさん書いてください!
    応援してます!!

    はるにゃっち   2018/04/03 10:31

    はるにゃっちさん、感想ありがとうございます!

    どんなに人に傷つけられても、自分を救ってくれるのは、結局同じ人なんですよね!

    園崎さんが素直になるには、まだ時間が足りないとは思うのですが、彼女なりの精一杯の優しさだと私は思います!

    これからも、はるにゃっちさんが感動できるような作品を書きたいと思います!

    作者からの返信 2018/04/03 21:48