いつものように学校に向かう。




何でもない日常をまた過ごす。




でも、唯一私には楽しみがある。
それは…




「陽菜おはよっ!」



私の好きな人、大森 柚希に会えること。



『うるさいんだけど。』



これが好きな人に返す挨拶かって思ったよね?
そう。私は素直になれない女の子。



柚希から、好きって告白されたのにも関わらず冷たくあしらってしまう。



私も好きだよ。とか言えればいいのに…