ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    ―どんなお菓子でも俺は嬉しいよ!



    今日はバレンタイン。
    お菓子作り苦手だけど、頑張ってチョコブラウニーを作った
    浅見君はモテるから、美味しいお菓子沢山貰ってるんだろうな…
    こんなお菓子食べてくれるかな…どうしよ…

    「遙日!」
    「!浅見君」
    「遙日は誰かにチョコあげた?」
    「あ、あげたい人がいて作ってはいたんだけど…私お菓子作り下手で、みんな凄く美味しいの作ってて…私のなんか貰ってもその人嬉しくないと思うから…」
    「あげたい人いるのか〜ちなみにどんなお菓子でも俺は嬉しいよ!」
    「え?」
    「俺がそのチョコ貰いたかったな〜なんちゃって」
    「私があげたい人は…」
    「ん?」
    「浅見君、だよ」
    「え!?ほんとに!?今すぐ食べるからちょうだい!」
    「あ、味は保証しないよ?」
    「味とか見た目よりも気持ちの方が大切だろ?」
    「!」
    「んー!うま!美味しいよ!遙日!勇気出してくれてありがとな!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 告白

    「先輩、一緒に帰りませんか?」
    部活後、声をかけられた
    私は断る理由もなかったので一緒に帰ることに
    他愛のない会話をして歩いていると、唐突に質問された
    「何の日か知ってます?」
    「バレンタインでしょ?」
    「正解!で、僕の分は?」
    「部活でマネージャーからで渡したでしょ?」
    「個人宛はないんですか?」
    頬を膨らませる姿が、なんだか可愛くて私はつい微笑む
    彼は気に入らなかったのか、私を睨む
    「それにしても義理チョコとか友チョコとか女の子は大変だよ…」
    彼が急に立ち止まる
    「海外では男性から女性に渡すらしいですよ」
    彼はバックから小包を取り出した
    「実は、先輩に用意してたんですよ…」
    「先輩が好きです!付き合ってください」
    真剣な眼差しに、鼓動が早くなる
    「…よろこんで」
    私がそう言うと、抱きしめられる
    「…勇気必要だったんですよ?お返し期待してますね…」
    私は答えるように、抱きしめ返した

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

王宮侍女シルディーヌの受難 (涼川 凛/著)

  • シルディーヌとアルフレッド、2人ともとっても可愛くて、一気に読んでしまいました!
    もっとあってもよかったくらいです(笑)
    次もまた楽しみにしています♪

    大野ソイ   2019/04/02 14:15

    大野ソイさま
    はじめまして。嬉しいお言葉ありがとうございます。
    この二人は書いている時も楽しくて、お話を終わらせるのが寂しかったんです。
    続きを書きたい!と思いながらも、なかなか着手できずにいます(;´∀`)
    プロット作っておいたら、寝ている間に執筆してくれる小人さんがいたらいいな、なんて思ったり笑
    ありがとうございます。楽しみのお言葉がとても励みになります!頑張ります。

    作者からの返信 2019/04/02 21:10

  • リズム感のあるお話になっていて非常に読みやすいものになってました。
    シルディーヌのお転婆だけど頑張る姿はとても見ていて好感が持てました。
    彼が好きになるのもわかります。
    周りの反応も結構面白く読ませてもいました。町に繰り出すときとか、「絶対に気をつけてください」と必死に副騎士団長が言うシーンとか思わず笑ちゃいました。
    団長は兎に角鈍感なシルディーヌに猛アタック、よく頑張ったと思います。
    グッジョブ!
    いつも冷静沈着な彼がシルディーヌに関わると血相変えて慌てふためく、ギャップ萌えがもう、私のストライクゾーンで、一人一人でニヤニヤしていました。
    本当に面白かったですっ!

    ケーキ大好き乙女   2019/01/04 03:04

    ケーキ大好き乙女さま

    新年初の感想をいただき、嬉しさのあまり小躍りしそうになりました!
    ありがとうございます♥
    シルディーヌの言動に狼狽えながらも、頑張るアルフレッドをお楽しみいただけて何よりです。

    これからも楽しんでいただけるような作品を書いていこうと思っています。
    嬉しいご感想ありがとうございました。

    作者からの返信 2019/01/04 10:25

  • とても面白くてページを進める手が止まらなくて大変でした(^-^;)
    内容が面白いのは、さることながら主役の“シルディーヌ”っていう名前がなんだか語呂が良くて覚えやすかくてとても良かったです!

    四つ葉 幸菜   2018/12/28 19:52

    四つ葉 幸菜さま

    拙作をお読みくださりありがとうございます。
    今日は朝から雪が降ってて激寒だったのですが、四つ葉さんのお言葉のおかげでほっこりあたたかくなりました。ありがとうございます!
    シルディーヌはタイトルにも使うくらい、私にとっても覚えやすく、お気に入りの名前なんです。

    平成最後の年末ですね。
    四つ葉さんがよいお年をお迎えできますように。

    作者からの返信 2018/12/29 09:03

  • ステキな作品でした!
    他の作品も楽しみです!

    愛莉沙☆   2018/11/30 09:49

    愛莉沙☆さま

    ありがとうございます。
    お楽しみいただけて何より喜ばしいです。
    ほかの作品は長いのもありますので、ごゆっくりお読みください。
    感想ノートへの書き込み感謝です!

    作者からの返信 2018/12/01 12:37

  • 1日で一気読みしました!
    すごく面白かったです!
    シルディーヌのかわいさにアルフが「む」っていうところが個人的にすごく好きです(笑)
    外国の時代物の話が好きなので、素敵な作品に出会えて嬉しいです!
    涼川さんの他の作品もこれから読ませていただきます!

    aoioi   2017/11/23 20:16

    aoioiさま

    はじめまして。そしてこのお話に目を留めてくださりありがとうございます!

    そうなんです♥
    アルフの「む」にはシルディーヌへの溢れる思いが詰まってるんです。
    aoioiさまに好きだと言っていただけたのは、すごく嬉しいです。
    朝からハッピーな気分になれました。
    感想を残してくださり、ありがとうございました!

    作者からの返信 2017/11/24 07:18