ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    今日はバレンタインデー!ということで、もちろん私もチョコレートを作ってきました!


    「後輩くーん!おまたせおまたせ、私のチョコ待ってたんだよね?」

    「いえ、違います。早く部室の鍵開けてください」

    「ちょっとくらい待っててくれてもよくない!?」

    ほんとに可愛くない後輩だな!今度から辛い味のチョコにしてやろうかなぁ。


    「ほいコレ、美味しくなかったらごめんよ」

    「わざわざ、ありがとうございます」

    「お返しは高級なお菓子でいいから!」

    「そこで要求するからモテないんですよ」

    「なんだと!」


    フンっ!別にモテなくたっていいもーん!…アレ、なんか涙出てきそう。




    「高級なお菓子は今ないんで、とりあえずこれで我慢してください」

    「え、なになにキャンディ?わぁ、かわいいありがとう!」

    「…。いづれは気付いてもらいますからね」

    「え、何を?」

    「何でもないです」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 放送部

    『ハロー!エアラブ放送局です』
    『今日は家庭科室からお届けです』

    バレンタイの後話を美友と後輩は進めて行った。

    『ええと1年男子からのお悩みです。「僕はチョコをもらえなかったのでホワイトデーで告白したいです」ですって』

    その告白の言葉を二人は考えてみた。


    『来年のチョコを僕に下さい!』
    『うーん』
    『好きです!僕と付き合って下さい』
    『どうかな』
    『じゃあ先輩が考えて』

    今度は美友が男子気分でイケボでささやいた。

    『好きだよ』
    『え?』
    『一緒いたいんだ。すごく好きだから……ねえ、僕を見て』
    『はい』
    『好き。大好き』
    『美友先輩?あの!……今日の放送はこれで終了です!』

    えええー?!と教室からのどよめきが聞こえたが彼は終了させた。

    「あら?もう終わり」
    「そうです。美友先輩。今日も大好きです」
    「ウフ?ありがとう」

    今日も生徒達を悶えさせてた二人は笑顔で戻って行った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • バスの中
    • チョコを渡す

    羽生君のクリアファイルを欲しさにファミリーアイス3箱買う私は、アイスクリームに悩まされていた。一箱ならオッケー。でも二箱は買いすぎたろうと言われるに決まっているのに私が買ったのはファミリーアイス三個だ。どうする?忘れたふりして捨てるか?いやバス待ちの見知らぬおじさんにあげるか?嗚呼、買ったドラッグストアのレジうち店員さんに(バレンタインデーのチョコですと)渡してくれば良かった。そしたら、危なくないモノとして受け取ってくれたかもしれない。ウィルスが蔓延する中、私はしくじりを後悔した。その時、バスに幼馴染が乗り込んだ。「どっしたの?」そのアイスと聞いてきた。「居る?」と涙ながら聞くと「要らねー理由が無いだろ」と爽やかに笑い、一箱をビニールから取り出した。「助かった(笑)ありがとう」と言った私に「えっ何?また羽生君のグッズ集め?」と悔しげに呆れる。ごめんというと、いい加減俺を見ろよなと言われた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺に彼女ができないのはお前のせいだ! (aona/著)

  • あおなさん!遅れながらも最後まで読ませていただきました!まず言わせてください…この作品大好きです!好きすぎてしんどいくらいです。思わず感想ノートにおじゃましてしまいました。

    振り回されているんだけど、振り回してもいる良一くんがズルい。振り回すことでやっと自分を見てもらうことができるアリサちゃんが切ない。良一くんの性格め!カワイイぞちくしょう。年上ウケも年下ウケもいいのかちくしょう。わたしもすっかり惚れてしまいました。だって良一くん、優しいし、ちょっと危うさもあって魅力いっぱいなんですもん。でも彼をそうしたのはアリサちゃんの存在があったからなんだろうなあと思うと、ふたりの関係が愛おしいです。

    それからお父さんを含め、にぎやかでひだまりのような家族たちも印象的でした。おばあちゃんが働くホテルとか、カップ上昇はママが売る乳製品のおかげとか、153ページとか、リアル思春期な男友達との会話とか、あおなさんのシリアスも大好きですがラブコメも最強です(;_;)♡一生ファンです。ラストまで笑えました。ラストまでふたりのかたちがうらやましくて胸きゅんでした。長々とすみません!すてきなお話をありがとうございました!

    KIMORI   2017/12/08 10:24

    KIMORIさん 読んで頂きありがとうございます!素敵すぎるレビューと感想、嬉しすぎて泣きそうです~!!
    良一を気に入って頂けて本当に良かったです!口は悪いしすぐ調子に乗りますが、最後にはようやく腹をくくってくれました。アリサとはお互い振り回し振り回されつつも、一生離れられない関係でいるんだろうなと思います。
    コメディ部分も楽しんで頂けてよかったです!(特に153ページ!何書いてるんだ自分!?と焦りつつも楽しく書きました笑)家族にも触れて頂けて嬉しいです。男の子にとって父親の存在ってどんな感じなんだろう~?的なことをぼんやり考えてみました。母と祖母はやたらコミュ力が高いという笑。
    KIMORIさんのおかげで改めてこの作品と向き合うことができました。本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2017/12/11 23:48

  • 水槽スウィッチさま こんばんは。レビューありがとうございます!素敵なお言葉を頂けてめちゃくちゃテンション上がっております!
    恋愛はもちろん笑ったり悩んだり親との関係だったり、青春時代ならではのいろんな要素をひっくるめたものを表現したかったので、絶妙なバランスとおっしゃって頂けて良かったです。なかなか素直になれない主人公でしたが、成長も感じ取って頂けて嬉しいです~(´▽`*)
    読んで頂き本当にありがとうございました!!

    aona   2017/10/30 22:01

  • こんばんは〜!(*^_^*)/
    ご無沙汰しております。織音♪改め、真矢すみれです。
    例によって密かに更新追っかけてました♡ 2人の仲もいよいよ佳境でしょうか? 同じ学年だったら、全く違う展開の2人だったんだろうな〜。男の子が年下(?)って、色々思うところあるんでしょうね。(#^.^#)
    そんな事を思いつつ、ほのぼの、じれじれ、ドキドキしながら更新楽しみに待ってます♡

    真矢すみれ   2017/10/10 23:41

    真矢さん お久しぶりです!わーーーー読んで頂きありがとうございます(*^▽^*)感想めちゃくちゃ嬉しいです!
    幼なじみの年下男子…おっしゃる通りで、きっと複雑な感情を持っているんだろうなと思い物語にしてみましたが、いざ書き始めると全く恋愛が進まずびっくりしております笑。じれじれな2人を見守っていただけて嬉しいです。
    ようやく最終章に入りましたので、最後まで楽しんで頂けるよう頑張ります!本当にありがとうございます!

    作者からの返信 2017/10/11 21:50

  • 気が付けば夢中になって一気に読んでしまいました。
    笑いありグッとくるシーンもありドキドキするシーンもあり、とにかく俺はこの物語にハマっています。
    こういうケータイ小説を求めていたのかもしれない、そんくらい読んでいて楽しいです。

    水槽スウィッチ   2017/09/23 00:21

    水槽スウィッチさま
    はじめまして。この作品を見つけて頂き、読んで頂きありがとうございますm(__)m
    嬉しすぎるお言葉を頂けて嬉しいです。物語もそろそろ終盤に入りますので、引き続き楽しんで頂けるよう頑張ります!
    (余談ですが、水槽スウィッチさんのプロフィールの好きな音楽欄見て、おおお!とテンション上がっております!)
    本当にありがとうございます!!

    作者からの返信 2017/09/24 01:39