ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 駅前

    奈々は、幼なじみで中学まで一緒に登下校をしていた。
    高校は、別々になってしまったが、1か月前の奈々の誕生日にやっとの思いで告白して、付き合えることになった。
    今日は、『付き合って1か月記念日だね!デートしよっ!』と奈々が誘ってきた。
    それなのに、HRが終わってから先生に雑用を頼まれ現在、集合5分前。
    「はぁ、はぁ、居たっ。」
    駅前の噴水の前にいる、奈々を見つけ息を整え声をかけようと近づく。それなのに、目の前まで来ても俺に気づかない。
    スマホ見ながら、嬉しそうにしてるし…
    「奈々っ。」
    俺に気付いて欲しくて、腕を引っ張った。
    手を引っ張った時に見えた画面、、1か月前に告白し日に2人で撮った写真だった。
    その写真見て、嬉しそうだったの…
    『あ、漣!来てたんだ。』
    「うん、遅くなってごめん」
    『全然、大丈夫!』
    上目遣いで俺を見上げてきて、デートを楽しみにしてくれてたんだと思えた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 屋上

    「手を挙げろ!!お前はもう包囲されている!」


    昼休みの屋上、私は唐突に彼氏である先輩へ手で作った拳銃を向ける。


    「なんだ?ガキ戻りか?」



    「うっ…だ、黙って手を挙げろー!」


    私の奇行に戸惑いながらも手を挙げてくれる優しい先輩。


    私は意を決して先輩の背中に手を回してギューっと抱きついた。


    「は…?!」


    普段、恥ずかしがって自分からできないハグ。今日は素直になってみた。


    「先輩、大好き…ですっ…!」


    ああ、言えた。
    先輩はどんな反応なの?怖くて顔が見れないでいると、急にギューっと抱き返された。


    「…俺の彼女、可愛すぎ…っ…!」


    先輩は腕の力を緩めないまま、私の耳元でこう囁いた。



    「俺は愛してるよ…。」


    普段、好きを言葉にしない先輩。
    ああ、たまには勇気出してみよっかな!



    今日も私は貴方のおかげで幸せです。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 告白

    卒業式。私の初恋は、今日ようやく終わる。
    「先輩ー、第二ボタンくださいよ」
    ふざけて頼む後輩の女の子に、先輩は、
    「だーめ。もう予約済み」
    そんな声を遠くから耳にして傷付く。
    けど、仕方ない。私の想いなんて先輩が知るわけがないのだから。
    「ねえ、そこの君。生徒会とか興味ない?」
    初めて声をかけられてから、先輩と2人で過ごした甘く苦い思い出が蘇る。
    卒業証書の筒に頭を叩かれて、驚いて振り向く。後輩に囲まれていたはずの先輩が笑った。
    「お前、何泣いてんだよ」
    「……すみません」
    「ほら、笑え」
    頬を引っ張られる。この悪戯な笑顔ももう見られない。私は意を決して、叶わぬ恋に終わりを告げる。
    「先輩のこと、好きでした。
    忘れないでください」
    すると先輩は眉をひそめた。
    「何、勝手に過去にしてんの?お前が俺から離れられるわけないでしょ」
    驚く私の手のひらに、先輩の輝く第二ボタンが降ってきた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺に彼女ができないのはお前のせいだ! (aona/著)

  • あおなさん!遅れながらも最後まで読ませていただきました!まず言わせてください…この作品大好きです!好きすぎてしんどいくらいです。思わず感想ノートにおじゃましてしまいました。

    振り回されているんだけど、振り回してもいる良一くんがズルい。振り回すことでやっと自分を見てもらうことができるアリサちゃんが切ない。良一くんの性格め!カワイイぞちくしょう。年上ウケも年下ウケもいいのかちくしょう。わたしもすっかり惚れてしまいました。だって良一くん、優しいし、ちょっと危うさもあって魅力いっぱいなんですもん。でも彼をそうしたのはアリサちゃんの存在があったからなんだろうなあと思うと、ふたりの関係が愛おしいです。

    それからお父さんを含め、にぎやかでひだまりのような家族たちも印象的でした。おばあちゃんが働くホテルとか、カップ上昇はママが売る乳製品のおかげとか、153ページとか、リアル思春期な男友達との会話とか、あおなさんのシリアスも大好きですがラブコメも最強です(;_;)♡一生ファンです。ラストまで笑えました。ラストまでふたりのかたちがうらやましくて胸きゅんでした。長々とすみません!すてきなお話をありがとうございました!

    KIMORI   2017/12/08 10:24

    KIMORIさん 読んで頂きありがとうございます!素敵すぎるレビューと感想、嬉しすぎて泣きそうです~!!
    良一を気に入って頂けて本当に良かったです!口は悪いしすぐ調子に乗りますが、最後にはようやく腹をくくってくれました。アリサとはお互い振り回し振り回されつつも、一生離れられない関係でいるんだろうなと思います。
    コメディ部分も楽しんで頂けてよかったです!(特に153ページ!何書いてるんだ自分!?と焦りつつも楽しく書きました笑)家族にも触れて頂けて嬉しいです。男の子にとって父親の存在ってどんな感じなんだろう~?的なことをぼんやり考えてみました。母と祖母はやたらコミュ力が高いという笑。
    KIMORIさんのおかげで改めてこの作品と向き合うことができました。本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2017/12/11 23:48

  • 水槽スウィッチさま こんばんは。レビューありがとうございます!素敵なお言葉を頂けてめちゃくちゃテンション上がっております!
    恋愛はもちろん笑ったり悩んだり親との関係だったり、青春時代ならではのいろんな要素をひっくるめたものを表現したかったので、絶妙なバランスとおっしゃって頂けて良かったです。なかなか素直になれない主人公でしたが、成長も感じ取って頂けて嬉しいです~(´▽`*)
    読んで頂き本当にありがとうございました!!

    aona   2017/10/30 22:01

  • こんばんは〜!(*^_^*)/
    ご無沙汰しております。織音♪改め、真矢すみれです。
    例によって密かに更新追っかけてました♡ 2人の仲もいよいよ佳境でしょうか? 同じ学年だったら、全く違う展開の2人だったんだろうな〜。男の子が年下(?)って、色々思うところあるんでしょうね。(#^.^#)
    そんな事を思いつつ、ほのぼの、じれじれ、ドキドキしながら更新楽しみに待ってます♡

    真矢すみれ   2017/10/10 23:41

    真矢さん お久しぶりです!わーーーー読んで頂きありがとうございます(*^▽^*)感想めちゃくちゃ嬉しいです!
    幼なじみの年下男子…おっしゃる通りで、きっと複雑な感情を持っているんだろうなと思い物語にしてみましたが、いざ書き始めると全く恋愛が進まずびっくりしております笑。じれじれな2人を見守っていただけて嬉しいです。
    ようやく最終章に入りましたので、最後まで楽しんで頂けるよう頑張ります!本当にありがとうございます!

    作者からの返信 2017/10/11 21:50

  • 気が付けば夢中になって一気に読んでしまいました。
    笑いありグッとくるシーンもありドキドキするシーンもあり、とにかく俺はこの物語にハマっています。
    こういうケータイ小説を求めていたのかもしれない、そんくらい読んでいて楽しいです。

    水槽スウィッチ   2017/09/23 00:21

    水槽スウィッチさま
    はじめまして。この作品を見つけて頂き、読んで頂きありがとうございますm(__)m
    嬉しすぎるお言葉を頂けて嬉しいです。物語もそろそろ終盤に入りますので、引き続き楽しんで頂けるよう頑張ります!
    (余談ですが、水槽スウィッチさんのプロフィールの好きな音楽欄見て、おおお!とテンション上がっております!)
    本当にありがとうございます!!

    作者からの返信 2017/09/24 01:39