ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月08日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 登校中
    • 通学路
    • ハグ&キス

    ヤバい!寝坊したー!!急がないと、先生に怒られるー
    湊「あれ?そんなに急いでどうしたの?」
    私「いや、湊君こそ急がなくていいの?!遅刻するよ!」
    湊「大丈夫!俺、近道知ってるし!なら、一緒に行く?」
    私「え?いいの?」
    湊「うん!一人じゃ寂しいしねー!」
    ま、近道だし遅刻する事ないか!

    私「なんか、スゴく暗い場所だね。お化けとかでできそう...」
    湊「大丈夫だって!いつもここ通ってるし!」
    私「な、なら、いいけど...」
    って、あれ?湊君がいない?!え?ど、どこに行ったの?いた!
    私「湊君!大丈夫?!」
    ギュ
    え?湊君?
    湊「ごめん...俺、本当は近道なんて知らない。ただ、お前と二人でいたかっただけ...」
    私「湊くん...そんな事だったらいつでも言って!私ができることは何でもやるから!」
    チュ
    私「え、、湊くん///」
    湊「ふふ...これで許して。」
    許すどころか、好きになっちゃたよ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後

    ──幼なじみって難しい。

    近くて遠くて、届きそうで届かない、そんな存在。


    「ゆうちゃ.....優心(ユウシン)くん、」

    ゆうちゃん、と呼びそうになって慌てて口をつぐむ。
    たった今、信号待ちでたまたま一緒になった彼は、いわゆる幼なじみだ。

    長谷川優心。
    さらさらの髪、綺麗な二重の瞳、高い背。

    彼自身の性格は目立つわけじゃないけれど、整った顔立ちと優しい性格で、校内では有名人だったりする。

    「...心結(ミユ)、」

    声をかけられるまで私に気付かなかったのだろう。
    ちょっと戸惑って目を瞬く優心くんは、何だか可愛かった。

    「久しぶり、だよね。元気?」

    私は彼に、もう一度近付きたい。

    勇気を出して声をあげると、彼はふわりと笑って頷いた。

    「心結が元気そうで安心した」

    あったかくて優しい、ゆうちゃんの声。


    ──幼なじみって近くて遠くて難しいけどきっと、また近付ける、よね。

    開く閉じる

    • 同級生

    「薬だけは絶対やだ!」
    「あ?仕方ないだろ。熱あるってのに学校来たお前が悪い」
    「だって...!」

    ―――廉に会いたかった

    喉まで出かかった言葉を飲み込む。こんな恥ずかしい台詞、私が言える訳なかった。

    「んだよ、そんなに薬飲みたくねえのか?」

    首を傾げて聞いてきた廉は、どうやら勘違いしてくれた様子。
    必死に首を縦に振ると「しゃーねぇな」と廉が小さく呟いた。そして机に置いてあった水と薬を手に取っている。
    (何するつもりだろう?)
    そんな疑問も束の間。それを自分の口の中に入れてしまった廉。
    「ちょっ...!」
    「ん」
    「んんっ!」
    止めようと思った時にはもう遅く、触れ合う唇。そこから水と薬が流れ込んできて、そのまま飲み込んでしまった。

    「ふ、かーわい」
    優しく笑って頭を撫でる廉を見て、私の熱が上がったのは言うまでもない。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

アンドロイド#01 (ぴよ子/著)

初のSFですが…、これってSFですよね…?不安。



  • おおー!姫だ(*´▽`*)
    やっぱりまだファン登録
    してくれてたんですねー!!
    嬉しい!!

    そう言ってもらえると
    初のSFに挑戦して
    良かったです(・Θ・)b
    わざわざありがとうございます♪

    ぴよ子   2011/04/24 20:10

  • つきひとさん

    素敵なレビューまでいただいて
    ありがとうございます!!!
    あわあわ
    ファンポチまで(・ω・;))((;・ω・)
    恐縮ですっっ

    そうなんですー(TωT)
    書き終えてから
    救助活動の
    描写の少なさに気付き、、。
    また密かに
    ページが増えてるかもです。笑

    つきひとさんも
    アンドロイドのお話
    書かれてるんですね(^ω^)
    あたしもアンドロイドネタ
    だいすきなので
    (映画のアイ・ロボットを
    参考にさせて頂きました)
    是非読ませて頂きますね
    (^ω^)/
    ありがとうございました♪

    ぴよ子   2010/01/24 14:51

  • 初めまして^^

    タイトルに吸い込まれるように来てしまいました。

    アンドロイドの人間模様が大好きで、映画もいっぱい見ますよ☆
    短編ゆえか、あまり活躍のシーンが見られなかったので、もうちょっと見たい衝動にかられました。
    博士はシャープを作った生みの親でもあり、母親でもあります。

    でも博士の過去の苦しみを察して自分の殺人プログラムを制するシャープ。

    そこには見えない親子の絆があった…

    切なすぎる(;_;)

    実は僕もアンドロイド執筆中なんです^^
    シャープみたいに格好良く無いですけどね♪

    素敵な作品をありがとうございました。
    あ、感激してすぐにファンポチしちゃいました。すいませんでした。 では

    かわせつきひと   2010/01/24 04:03

  • 垢欟さん

    もちろんです〜(σ>ω)σ
    お久しぶりです♪

    あっ、いや!
    これが完成形ではなく
    続きはあるんですよ!
    続きは既に書いてまして。
    いつもならその場で書くので
    下書き的なものは無いんですが
    今回の作品は別のところで
    書いたので、
    それをアップする形で。
    でもそのアップ作業が
    非常にめんどくさ…
    んふ(ー∀ー)

    オチも微妙なんですよ〜。汗
    でもせっかく出来上がってるので
    いつかはアップしますね!
    またアップしましたら
    お知らせに伺う…かも。かもかも
    ヾ(・ε・。)
    たまに。本当にたま〜に本棚
    チェックしてみてくださいね♪

    ぴよ子   2008/10/28 00:08

  • 覚えててくれて嬉しいです(*/ω\*)

    あ、成る程。終わってましたか…これは失礼(>_<)

    雨音 赤猫   2008/10/26 15:26