ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 公園
    • 告白

    今日は2月14日、バレンタイン!!

    作ったのはもちろん生チョコタルト

    私の好きな人が好きだから。

    ちゃんと渡せるといいな...


    「かえで!今日一緒に帰ろ!」

    「いいけど、もしかしてチョコ?笑」

    「後でね笑」

    「やった!!笑 行くか!」


    ~公園にて~

    「今年もかえでの好きな生チョコタルト作ってきました笑」

    「毎年ありがと笑」

    「本命チョコ貰ったの?」

    「なんか、本命ですって渡されたけど受けとんなかった笑」

    「なんで?!」

    「本命チョコ欲しい人いるからさ!」

    「そーなんだ...」

    「てか、美海はこれ何チョコ?」

    「え??」

    「本当は美海以外からチョコ受け取りたくなくて、
    美海の本命が俺がいいってずっと思ってた」

    「美海のことずっと前から好き」

    「俺の彼女になってください!」

    「私もずっと好きでした。
    彼女としてよろしくお願いします!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

くノ一 (さいマサ/著)

  • わぁーい!
    お久しぶりの師範代!お墨付き作品だぁーっ!ヒャッハー!待ってたぜーい!!←あんた、テンション

    このシリーズ大好きです。ええ、すぐにわかりました。お習字シリーズだと!わたくし、マニアですから!!また読めて嬉しいです!うっきーうきー。←だから、テンション

    …って、これ、もしかして主人公と師範代、前作から転生しました?あれ?師範代ってこんな華奢でしたっけ?主人公もこんな無骨な手でしたっけ?男女逆転して転生した?そういうことではなく?わたし、読み込みが浅い?←矢継ぎ早に台無しな質問をぶつける
    シリアスなラリアット先生が書いてるのかとふと錯覚しました。

    臣を制圧した、の最後の部分に地団駄踏んで痺れましたよー。
    イマジネーションの海へ誘われるのが心地よいです。あ、そういうのはレビューに書けば良いのか。そうします。ひとりごとみたいな感想で失礼しました!
    マサさん、執筆ありがとうございましたーっ!

    東雲 葵   2017/03/09 11:32

  • 感想上に同じと書こうとしました笑レビューもミラさんに持っていかれた感じです。

    これは懐かしい密フェチの作品に近いですね。個人的にこういうの好きですね(*^^*)

    高山   2017/03/06 16:24

  • 石田先生にお会いしたい今日この頃、
    いきなりの短編ありがとうございます。
    くノ一、タイトル見て
    あっ、石田先生の続編?
    それともまさかのあさこくノ一になるとか?
    (いや、なってましたっけ?スナイパー止まりか?)
    なぁーんて思ったものの読み始めたら
    あっ、これ、部首シリーズとかのんやんっ!
    ってめちゃテンション上がりました。
    緊張感と切なさが伝わってくるような
    鼻にツンとくると墨の匂いが漂ってくるような
    そんな気がいたしました。
    読めて良かったです(^^)
    石田先生に会えたら良いなぁ…とか言うて去ります。

    月乃ミラ   2017/03/06 15:49