ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

おはよう、きみが好きです (涙鳴/著)

  • 泪の行動や心情などがすごく綺麗に描かれていて凄いと思いました
    これからも頑張って下さい!

    水花菜   2019/06/28 22:52

  • ほすみ先生は女なの?男なの?

    が頭の中で回って寝つけません。

    꽃구경   2019/04/22 00:28

  • ほんといいお話でした!!!
    よすぎますよ!!!!!
    涙鳴さんの本は本当にすきで、
    ほぼ全部みてます!!!!
    絶対文庫かいますね!!!!
    これからも頑張ってください!

    じゅりのり   2018/10/13 13:35

    じゅのりさん、返信が遅くなってしまってすみません!
    感想ありがとうございました~!

    ほぼ全部読んでくださってるとのことで、
    嬉しいです(*´罒`*)

    これからも、じゅのりさんに楽しんでもらえるように、
    泣きキュン作品もどんどん書いていけたらと思います!

    作者からの返信 2019/01/17 18:09

  • ありがとうございました✨

    いろいろ涙鳴先生の参考にして書いてみます🎵

    新作楽しみにしてます☺

    あゆな ☆   2018/08/22 18:35

  • 八雲と神崎泪がバイクに跳ねられた時八雲が助けてくれて病院に運ばれて死んじゃうのかと思ってすごく涙が止まらなくなり( ノД`)… 

    二人とも生きてて良かったて涙がぼろぼろ止まらなくなり
    すごく感動しました✨

    八雲と泪にドキドキハラハラさせられましたがいい作品で沢山の人に読んで欲しい☺

    私も小説を書きたいと思って頑張っているのでがなかなかプロットや起承転結が難しくて書けなくて小説が書けません
    涙鳴先生はどうやって書いてますか?

    あゆな ☆   2018/08/19 02:41

    あゆなさん、返信遅くなってすみません!
    はじめに、感想ありがとうございました( *´︶`*)
    私の作品でハラハラドキドキ、感動してくださったりと嬉しいです。
    あゆなさんも小説を書きたいと思ってらっしゃるんですね!
    ぜひぜひ、その気持ちを大切にしてください。
    そして、すでに起承転結を意識して書いていることがすごい!と思いました。
    私が書き始めた頃は、なにも考えずに殴り書きだったので(笑)
    物語を書くのに正解も不正解もないので、あくまで私の場合でお話しますね!
    あゆなさんは、やってみて自分に合ってたらやってみてください^^

    まず、物語を書き進められないのは【伝えたいこと】がまだフワフワしているからだと思います。
    流れとしては、
    ①伝えたいこと、テーマを決める。
    ②テーマにそってプロットを立てる。
    ③プロットを頼りに執筆する。
    ……という感じにしています。

    例えば【誰かの死から立ち直れる物語】をテーマにするとします。

    次に主人公が死から立ち直るためにはどんなイベントがあったらいいか(実体験などを参考に)を考えていきます。
    (例としては、亡くなった人や友人の言葉で励まされて立ち直れた……など)

    それが決まったら、そのイベントを起こすためにどんな話があったらいいのかな?と考えます。
    (例としては支えてくれる男の子が現れるなど)

    いくつか起こしたいイベントが決まったら、主人公に起きた【誰かの死】を具体的に考えます。
    (例としては、元彼の死など)

    そうすると、またお話を進めるために起こしたいイベントが浮かんでくると思います。
    (例えば、元彼と一緒に海に行く途中で事故に合うなど)

    こうやって、次々に浮かんだパズルのピースを最後に繋ぎ合わせて出来たものがプロットになります。

    ただ、物語を書く時は『こういう男の子の話しを書きたい』『誰かを泣かせる話を書きたい』など、きっかけはその都度違うので、いろんなやり方で書いていいと思います。

    でも、大事なのはやっぱり『テーマ、伝えたいこと』です。文章が上手でなくても、ここがしっかりしていれば読む人の心には届きます。

    なので、あゆなさんの『伝えたいこと』の軸をぶれないように書いていけばいいと思います。
    起承転結やプロットにもこだわらず、最初はいきなり書き殴ってもいいです。
    そのときは、オチを決めとくと書きやすいですよ!

    作者からの返信 2018/08/22 00:14