ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • バイト先の先輩
    • バイトの帰り
    • 駅前
    • 頭ぽんぽん

    ふぁー(´º`)やっとバイト終わったー
    午前だけだったけど疲れたー

    「美蘭ちゃん!!ちょっと待って!!」

    この声は....京汰先輩だ!!

    「このあとお茶でもどうかなって聞こうと思ったらもういなかったから(´˘`*)」

    『え?ごめんなさい!お茶ですか?何か悩み事でも....』

    ぽん。
    頭に先輩の手がのったのがわかった。

    「最近美蘭ちゃん頑張ってるからね。疲れてないかなって思って」
    『あ...ありがとうございます///』

    「それに...美蘭ちゃんのこと大切に思ってるからね。」

    『ふぇ?!////////』
    せ...先輩が...え?!

    「ふふっ駅の近くに行きつけのカフェがあるんだ。そこで続きを話してあげる」

    先輩が私の手を取って歩き始めた。
    すると桜の花びらが風にのって肩に落ちてきた。
    まるで恋の訪れを知らせるかのように....

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 告白

    「あいつもう来てるかな?」
    そう思いながら私は廊下を

    開く閉じる

    • 後輩
    • 髪キス

    『エアラブ放送局ですが、美友先輩が今日で中学卒業です』
    『お世話になりました』

    『とっても寂しい……』
    『でも。新人が』
    『僕は美友さんじゃなきゃヤです!』

    後輩はチワワのような目で彼女を見つめた。

    『で、でも、ここでお知らせします。明日2月25日より「お嬢様と呼ばないで」がスタートで、ここには美友さんがでてきますって読めばいいの?』
    『うん』
    『……読めば会える。あ、えい!』

    ここで彼は勝手に曲を流し音声を切った。

    「美友先輩、僕、すぐ同じ高校に行きますから待っていて下さい」
    「でも。自分に合った学校に」
    「ヤです!」

    そんな彼はおねだりをした。

    「第二ボタン欲しい」
    「私の?そうだ!」

    美友は裁縫道具で互いのボタンを付け直した。

    「ね?君のボタンは私のだよ。あ?」

    彼は美友の髪にキスした。

    「これで1年我慢するか」

    春風は彼らの夢と頬を染めていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

小倉ひとつ。 (綾瀬真尋/著)

ご感想お待ちしています。

  • 完結おめでとうございます。
    更新される度かおりちゃんと瀧川さんの優しさに癒されておりました。

    「小倉ひとつ」が「小倉ふたつ」になったのがすごく素敵だなと思いました。ふたりの長年の想いが実ってよかったです。これからもお互いを思いやり仲良く暮らしていく姿が目に浮かびます。

    更新を追っていましたので、次は一気に読んでみようと思います。本当に素敵な作品ありがとうございます。

    山風晴風   2020/02/22 13:16

    Re;山風晴風さま

    わああ、山風さま、お久しぶりですー!
    ご感想ありがとうございます。

    お祝いありがとうございます。
    山風さまは前回も瀧川さんに合わせて名前を読んでくださっていましたね。丁寧でお優しい方だなあと思っていた覚えがあります。
    山風さまにかおりちゃんと呼んでいただけること、とても嬉しいです。
    立花さんではなく、かおりちゃんと呼んでいただけるくらいにふたりの関係が変わったんだなあと思うと感慨深いです。

    癒されていただなんて恐縮です。
    こちらこそ、いただいたお言葉、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

    わ、よかったです……!
    随分前から最後の流れは決めていて、結婚とか交際とか直接言ってしまいたくなくてうんうん悩んでいたところ、以前、小倉を読んで小倉たい焼きをふたつ買いました、とお声がけくださった方がいらっしゃいまして。
    その響きのあまりの多幸感に、ああ、最後は「小倉ふたつ」をタイトルにしよう、と思ったのです。ですので、私というよりはその方のおかげです(笑)

    小倉は素敵なご縁をたくさん賜って、いろいろな方にお言葉を頂戴して、そのおかげで元の構想につけ足して書いたところがたくさんある、思い出深いお話になりました。
    山風さまにいただいたお言葉も、本当に本当に嬉しかったです。いつも宝石のようなご感想をありがとうございます。
    そうですね、これからもお互いを思いやって、お互いがお互いを大事にしながら、仲良く楽しく暮らしていってほしいなあと思います。

    私は本当に遅筆ですのに、のんびりゆっくりな更新を気長に追ってくださってありがとうございました。
    恐縮です。なんだかいつの間にかすっかり長くなってしまいましたので、どうぞものすごーく余裕のあるときにでもご覧くださいませ。
    更新をお待ちいただくのとひと息にお読みいただくのとでは、また感じ方が違うかもしれませんが、楽しんでいただけましたら幸いです。

    素敵なご感想、ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/22 15:59

  • 完結お疲れ様です
    この物語を読み始めてから本当に素敵な時間をいただきました
    大好きなお話のひとつです

    何度もお伝えしていることですが、綾瀬さんの物語のことばが本当に好きで、「小倉ひとつ。」では二人の会話で、二人がとてもことばを大切にしているのが伝わってきました

    これからも私の癒しの時間を作ってくれる物語です
    何度も読み返したいと思います

    素敵な作品ありがとうございます

    朝日奈杏   2020/02/22 00:26

    Re;朝日奈杏さま

    朝日奈杏さま、お久しぶりですー!
    ご感想ありがとうございます。

    おかげさまで、無事なんとか完結することができました。
    最後まで読んでいただけたこと、すごくほっとしています。
    とんでもないです。こちらこそ、朝日奈さまには初めの頃から何度もご感想をいただきましてありがとうございました。
    いただいた素敵なお言葉を抱きしめて、何度も読み返しながら書いてきた三年と少しでした。
    大好きなお話のひとつだなんて光栄です。本当に長い間ふたりにお付き合いくださいましてありがとうございます。

    ううう、恐縮ですありがとうございます……!
    私の選ぶ言葉は癖が強いですし、読みにくいところが多々ある自覚もありますし、結構言い換えをいつも一生懸命考えるのですが、でも小倉は好きなように書こうと決めた通り、私の中では好きな言葉を好きなように詰め込んだお話でした。
    そんな小倉も他のお話も、言葉が好きだとおっしゃっていただけて本当に嬉しいです。

    ありがとうございます。ちょっとべそべそしています(笑)
    私の好きなものアソートセットみたいなお話が、朝日奈さまのお気に召して、できればお邪魔にならないお話になってくれていたら、こんなに嬉しいことはありません。
    小倉を思い出していただけたときは、どうぞ楽しくお読みいただけましたら幸いです。

    小倉は、更新する度ご感想をくださる朝日奈さまの律儀さ、お優しさに、何度も何度も心浮かせながら書いてきたお話でした。
    お話はもちろん自分の楽しみのために書いているのですが、書きながらご感想をいただくのは本当に光栄で嬉しいものでした。
    こちらこそ、長らくのお付き合い、本当にありがとうございました。改めまして多謝を。

    素敵なご感想、ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/22 15:26

  • 完結おつかれさまです
    初めて感想ノート書かせていただきます。

    何度読んでて喉がギュッときたか、涙が出たか…力説したいのに本編のような綾瀬様のような語彙力が私にはなくて…

    すごくすごすごく幸せな気持ちで読了しました
    素敵な作品を読ませていただけたこと感謝です、ありがとうございます

    何度でも読み直したいと思います。
    何度もすみません、ありがとうございました!

    kyuuri   2020/02/17 17:42

    Re; kyuuriさま

    kyuuriさま、はじめまして。
    ご感想ありがとうございます。

    >何度読んでて喉がギュッときたか、涙が出たか…力説したいのに本編のような綾瀬様のような語彙力が私にはなくて…
    とんでもないです。切なさを一生懸命考えたあのときの私が報われる思いです。
    喉がギュッときただなんてあまりに苦しそうで、語弊があるかもしれませんが、本当に本当に恐縮です。抹茶ラテはお好きですか、たい焼きはお好きでいらっしゃいますでしょうか、何か差し入れを持って伺いたいくらいです……!

    初めは切なく、最後は絶対ハッピーエンドにしたいなと思っていました。
    幸せな気持ちで読了していただけて嬉しいです。
    こちらこそ、素敵なお言葉をいただきましてありがとうございます。

    読み返したいなと思っていただけたときに、楽しくお読みいただけるようなお話になっていたら嬉しいです。
    その際はまた是非読んだよと一言教えてくださると、作者が喜び勇んでお礼をしに参ります(笑)

    素敵なご感想、ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/17 18:52

  • 完結お疲れ様でした
    二人が相思相愛になってくれてとても嬉しいです。
    ベリーズの中で何回も何回も読んだ作品で一番大好きです!終わるのは少し寂しいですが>_<
    いや、大分(>_<)寂しいですがまた素敵な作品読ませて下さいね

    十五夜おつき   2020/02/17 14:58

    Re;十五夜おつきさま

    十五夜おつきさま、お久しぶりですー!
    ご感想ありがとうございます。

    長らくご心配をおかけしましたが、おかげさまで完結でき、無事相思相愛になりました。

    ベリーズカフェさんで読んでくださっているのですね。
    小倉はどちらかと言えばベリカさんを利用してらっしゃる方のほうが読んでくださるかなあなんて思いながら書いたので、ベリカさんの利用者さまに読んでいただけて嬉しいです。
    何度も読み返してくださってありがとうございます。
    一番大好きだなんて光栄です……!

    長らくお付き合いいただきまして、本当に本当にありがとうございました。
    私は自分の好きなものを好きなように書いているとはいえ、ご感想をいただくのは嬉しいもので、初めの頃にいただいたお言葉を抱きしめながら書いてきた三年間でした。
    私も寂しいですが、お気に召すものがありましたら、またどうぞ拙作にお付き合いいただけましたら幸いです。

    素敵なご感想、ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/17 18:43

  • 「小倉ひとつ。」完結お疲れ様です。
    とても楽しく読ませていただきました。キリがいいところで栞を挟んで後で読もうとするのにも、続きが気になって結局最後まで読んでしまいました(笑)
    「瀧川」という、難しい方のたきがわ、すごく綺麗だと思いました。
    二人の関係はとても柔らかく、これからも順調に気持ちを重ねていくのでしょう。優しく、丁寧なふたりが大好きです。

    このお話、とても好きになりました!
    番外編など、楽しみにしています。
    ありがとうございました。

    Rin✵   2020/02/17 00:13

    Re; Rin✵さま

    Rin✵さま、はじめまして。ご感想ありがとうございます。

    >キリがいいところで栞を挟んで後で読もうとするのにも、続きが気になって結局最後まで読んでしまいました(笑)
    とても嬉しいです。ありがとうございます。
    楽しんでいただけたのでしたら光栄です。

    難しい方の瀧川、綺麗だなあと思って名前に決めたので、そうおっしゃっていただけてよかったです。
    音にしても言いやすく、難読ではなく、響きも字面も綺麗なところが素敵な名字だと思っています。

    そうですね、ふたりには、これからものんびりゆっくり、ふたりのペースで仲良く暮らしていってほしいです。
    気持ちを重ねるだなんて素敵な表現をありがとうございます。
    ふたりは重なるところがたくさんあるからこそ、お互いを好きになるひとを書きました。
    そう読み取っていただけましたら嬉しいですし、これからもそうあってくれればいいなあと思います。

    好きになっていただけて光栄です。
    素敵なご感想、ありがとうございました!

    作者からの返信 2020/02/17 08:21