ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • 部活中
    • 後ろからギュッ

    「柚夏、今日どうする?」
    「んー、家で勉強しない?」

    私、柚夏!北高の2年生!
    隣を歩いてる陽菜とは中学からの親友なんだ♪

    「柚夏せんぱーい!」

    ぎゅっー!

    「わっ…!あれ!?悠真君!」
    「え!?山下 悠真?」
    「はい!お久しぶりです!」
    「悠真君、北高受けたんだ!」
    「はい!また2年間よろしくお願いします」
    「うん!」

    悠真君とは中学が一緒で私がサッカー部のマネージャーやってたから仲良かったんだよね
    後輩の中でも1番仲良かったんだ♪

    「柚夏先輩、またマネージャーしませんか?」
    「えー、マネージャーかぁ」
    「俺、先輩がいてくれたら頑張れるんすよ!だから、お願いしますー!」
    「えー?ほんとに?笑 まぁ、考えとくよ」
    「ありがとうございます!あ、じゃあ俺、部活行くんで!」
    「うん!がんばって」
    「はい!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 告白

    「彩夏?」
    「え?あ、大輔!」
    「久しぶり、彩夏1人?」
    「うん、大輔は友達と?」
    「おう」
    「行かなくていーの?」
    「ま、大丈夫だろ」
    「そっか…」
    「彩夏?何かあった?」
    「やっぱ大輔達と同じ高校行けばよかったな…」
    「彩夏……んな顔すんなって!いつでも話聞くからさ」
    「うん…ありがとう」

    大輔とは中学で仲が良かったんだ
    同盟とか言ったりしてね笑

    「大輔っ」
    「悪ぃ待たせて」
    「え、大輔の彼女?」
    「え"!」
    「違ぇよ!」
    「じゃあ俺の彼女に……」
    「それはダメ」
    「なんだよそれー」
    「もうちょい待ってて」
    「ほーい」

    「じゃあ、待たせてるし行くわ」
    「あ、うん」
    「またな」
    「あ…大輔っ」
    「ん?」
    「……好き」
    「俺も好きだよ」
    「ちょ、冗談やめてよ。こっちは本気なんだから」
    「冗談なんかじゃねぇよ。彩夏、好きだよ。俺と付き合って」
    え……ほんとに?
    「うんっ♡」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 図書室
    • 頭ぽんぽん

    「んっ…」
    「起きた?」
    「へっ…?」
    確か蒼君に勉強教えて貰っててそれで…。
    「あっ…。ごめんね、寝てしまって…」
    「うんうん。大分疲れてるみたいだったから。睡眠も大事だしね」
    優しく頭をポンポンとしてくれる蒼君。
    「起こしてくれて良かったんだよ…?」
    「那由の寝顔可愛かったから起こすの勿体なくてね」
    「なっ…!?」
    寝顔を見られたことが恥ずかしく顔が赤くなる。
    「顔真っ赤。ホント、那由はコロコロと表情が変わって面白いよね」
    「なっ…。面白くなんか…」
    「…可愛いよ」
    「っ…!?」
    耳元で甘く囁く蒼君。
    「蒼君の…意地悪」
    「…ねぇ、そんな意地悪な俺にもっと色んな表情見せてよ」
    両頬を包まれる。恥ずかしかったが静かに目を閉じた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

この空の彼方にいるきみへ、永遠の恋を捧ぐ。 (涙鳴/著)

  • 感動ですーーー泣
    ファン登録もさせていただきました!あまりにもいい話で書店で本も買いました!

    私はあまり感動系の本は読まないのですが、この本を読んでまた読んでみたいなと思えるようになりました!読む度に泣いてます!かれこれ5回も読んでますが毎回泣きます!もし自分が美羽だったら…と想像すると余計泣けてきます!

    この本は人の大切さを教えてくれる本でした!
    私も1日1日を大切にして過ごしていきたいと思います! また涙鳴さんの本を読ませていただきます!これからも頑張ってください!

    満月の涙   2019/05/28 23:28

  • とても感動しました。
    本当に涙が止まらんくて……。

    命の尊さを知れるいい小説だと思います。

    みんな明日も生きてるって保証はないし病気にならないっていう保証もない。

    私はこの4月に高校生になるのですが一つ一つの出会いを大切にしようと思いました。

    ®️るきあ。   2019/03/23 16:35

  • 最後の方はほんとに涙が止まらなくて、読むのがすっごく大変で、気づいたらティッシュの山ができてました笑
    棗くんも美羽ちゃんもとてもいい人で、2人できずかないうちに支えあって生活していて、そうゆうのとても素敵だなと思いまし!
    昨日までの当たり前が、明日には無いかもしれないって考えさせられて、とっても胸が苦しくなりました。
    この本を読んで良かったって心から思えました!!!
    これかも頑張ってください!!!

    愛ღ愛   2019/01/12 23:08

    愛ღ愛さん、感想ありがとうございます!

    ティッシュの山が……!
    この本のために、たくさん涙を流してくださって
    目が腫れてなければいいのですがm(。>__<。)m

    生きるって、きっと長さじゃなく、
    生きている間にどれだけ自分らしく生きたか
    って、ことなのかなと思います。

    当たり前なんて、きっとこの世に存在しないですよね。
    なので、愛ღ愛さんも後悔しないように、
    自分らしく毎日を過ごしてくれたら嬉しいです( *´︶`*)

    作者からの返信 2019/01/17 18:13

  • あまりの感動作品に、初めての感想を書いてみようと思います。
    後半部分から涙が止まらなくなり…。ずっと号泣してました。

    最愛の人とのお別れ…
    これ以上に辛いものはないのかも知れませんね…。
    棗が美羽を大事に想い続けていた事がとてもいい話でした。

    棗が亡くなる直前…。
    みんなに一言ずつ言って行った所で涙腺が崩壊しました…。

    涙鳴さんの作品は良いものばかりですね…!
    これからも頑張ってください…!

    朱雨鳴   2018/11/24 08:41

    朱雨鳴さん、返信がおそくなってしまってすみません!
    初めての感想、本当にありがとうございました。

    この作品は最後のシーンにとっても思い入れがあって、
    お互いが大事で、大好きだって気持ちが、棗が亡くなったあとにも残ってるからこそ、美羽が前を向けるんだということが、伝わればいいなと思って書きました。
    なので、その部分を感じ取ってもらえて嬉しいです!

    これからも、心に残る1冊を書けるように頑張ります!

    作者からの返信 2018/12/26 00:32

  • すごく感動しました!!
    私は、本の中に入り込みやすくて、
    感情的になってしまうんですが、
    この作品を読むと涙が止まらなくて、
    ずっと号泣しっぱなしでした。

    おばあちゃんおじいちゃんになるまで
    生きていられなくても、大好きな、
    愛している美羽といられて、最期まで
    幸せだったんだろうと思います。

    私は、携帯小説を1番初めに読んだのが涙鳴さんの作品でそれからずっと
    ファンです!!
    これからも頑張ってください!!!!

    じゅりのり   2018/10/28 09:36

    じゅのりさん、返事がおそくなってしまってすみません!そして、初めて読んだのが私の作品だったとのことで、嬉しいです(; ;)

    この作品はラストシーンは初めから決めていて、どんなに辛いことがあっても、その辛いことを見方を変えたら幸せだったことに変えられるようなお話にしようと思って書きました。

    作品を通して、嫌なことも苦しいことも、未来では『この辛い時期があったから、今の私がいる』と、そう思ってもらえるお手伝いができたら嬉しいです!

    そして、じゅのりさんが本を読んで涙を流したり、笑ったりできるのは、心が純粋である証だと思います!

    自分がこの人の立場だったら、と考えたり、誰かのために涙を流せる人はとっても優しい人です。

    いつまでも、その素敵な心を大切にしてください!

    涙鳴より

    作者からの返信 2018/11/12 23:46