ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

王道系恋愛小説が書けません! 【新人作家の独り事】 (Machico/著)

  • 魅洛様
    コメントを残して頂きありがとうございます!
    喫茶店の中でこんなにもたくさん書いて頂けるなんて、大変感激しております(^o^)

    作中にも書きましたが、私は一人で喫茶店に入ることができません(笑)
    喫茶店でこのサイトを開いているってことは、今は多分お一人でいらっしゃるということですよね??
    その喫茶店に一人で入る勇気に大変尊敬いたしします☆彡(笑)


    五年も活動されているんですね!凄い……!
    そこまで続けられるなんて、大変な努力と根性がいると思います(^_^;)

    私はまだまだ作家歴は浅いのですが、PV数で一喜一憂しているうちはなかなかそこまで続けることもできないのかも……なんて弱気に考えたりしちゃいますね(笑)

    ぜひ家に帰られてからも、このしょーもないエッセイにお付き合い頂けたら大変嬉しく思います!

    お互い頑張りましょう!!ありがとうございますm(__)m

    Machico   2017/02/26 18:48

  • はじめまして!

    題名に惹かれてページをめくりました。
    まだはじめの方ではありますが、あまりの楽しさにどんどんページをめくりたくなります^^

    ケータイ小説家として「あるある」ですね。
    私もサイトに登録してもう五年ほどになりますが、当初はPV数が全然伸びませんでした。。。
    というかPV数の意味すら知らなかったし、『宣伝』システムがあることも知りませんでした(笑)マイペースに書いたら書きっぱなしで、周りの反応を特に気にしていませんでしたけど、作品が長くなるとやはり反応が気になりだすものですね。。。人間というものは欲深い。。。


    ところで王道もの、甘々のもの私も書けないので(努力はしているつもりですが)辛口とも言えるMachicoさんのエッセイ気持ちが良いほどスッキリします!
    実はただいま喫茶店にいるのですが、こちらのエッセイを読み始めて笑いが止まりません。
    おしぼりで口元を隠しながら、指先を震わせながら読んでいるしだいでございます(笑)
    「……っツ」→過呼吸??のくだりではとうとう声に出して笑っちゃいました。わかる~!と納得しちゃいましたが私も使っちゃうこと、あります(笑)
    色んな意味で危険な読み物なので、家に帰ったらゆっくり読もうかと思います♪♪

    家に帰ってから感想書けよ、とかお思いかもしれませんが、この楽しさの興奮を一刻も早く伝えたくて。

    はじめまして、なのに長々と失礼いたしました^^
    これからも作家活動頑張ってくださいね☆

    魅洛   2017/02/26 17:37

  • ありがとうございます*.(๓´͈ ˘ `͈๓).*

    ブログは26日深夜0時ちょうどに公開しますので、何かあったら言ってくださいヽ(´Д`;)ノ

    桐生千種   2017/01/25 21:17

  • 桐生千種様
    コメントを残して頂きありがとうございます!
    最後まで一気読みして頂いて、とても嬉しく思います(^o^)

    他の作品を読むほどそそられないとのことですが、こういったコメントを残していただくことで、私自身反省するところも見えてきます。

    現状に満足しているわけではございませんが、魅力ある小説が書けるよう、精進しないとならないですね!頑張らないと!

    コメントを残して頂いた上に、ブログにこちらの作品のことを書いていただけるなんて……!!

    宣伝ではないとおっしゃいましても、少しでも私の作品のことが広がることが大変嬉しく思います!


    本当にありがとうございますm(__)m大変励みになりました!

    Machico   2017/01/25 20:22

  • 今朝、完結作品速報で見かけて
    ついさっき読み終わったところです(・∀・)

    端々に共感できるところがあって
    比較的楽しく読むことができました:( ;´꒳`;):偉そうですみません
    残念ながら、他の作品に手を伸ばすほどそそられませんでした( TДT)本当にごめんなさい

    でも、文は読みやすいと思ったのでいずれ読む日がくるかもしれません|・ω・*)

    PS.もし可能であれば、個人のブログにこちらの作品のことを書いても良いでしょうか?

    宣伝ではなく、感想ノートへの書き込みをしたという日記としてです|ू・ω・` )
    ご迷惑なようであれば断ってくださって構いません!!

    桐生千種   2017/01/25 20:06