ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗哉ここにいた。探したんだよ?帰ろ?」

    「なぁ惟蘭,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ惟蘭,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと惟蘭が好きだった」

    「斗哉ありがとう。私の好きな人って斗哉なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗哉!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗哉のこと離さないよ?」

    「惟蘭,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

雨宿りの法則 (柴本 奏/著)

  • 柴本さん、

    再度、神野です。^_^;

    あのですね、久しぶりに何故かカメさんたちに会いたくなり、柴本さんの作品たちを検索させていただいていたら、雨宿りの響ちゃんに先に思いがいきまして、じっくりと読み返していたんです。それで一つ学ばされたので、どうしても再度感想をお伝えしたく、、、、

    私も柴本さん同様に既婚者で子供が二人おります。ですから、プライベート色々な忙しさ、とても理解できます。
    日々の生活の中で、忘れかけていたことがありました。それを響ちゃんの心境で自分に当てはめられる点が多々ありまして、、、(^^ゞ
    お恥ずかしいのですが、今の私めちゃくちゃに余裕ないので、家族に対してはその余裕のなさが思い切り出ているような気がしてました。響ちゃんの救命で働いている頃の余裕のなさが敬佑くんを傷つけていたとしたら、今の私がまさにそれかな、、と。読みながら、自分に余裕がないと相手を見ることもできないでしょう?以前の響ちゃんが、まるで今の私をわからせてくれるみたいだったんですよ。
    だから、どうしても感想に思いを再度お知らせしたくなりました。

    すみません。長くなりますね。毎回。
     
    そして、読み直して感じたのですが、人って本当にあの時なら、とか今なら、とかうまくいったりいかなかったり難しいですよね。そんなことも新たにこの作品から感じました。又、時間をあけて読んでみます。楽しみです。

    では、カメさんたちに会いに行きますので、また。

    ありがとうございます。
    \(^o^)/

    神野 恵   2017/07/28 04:35

    神野さん、返信が遅くなってしまって申し訳ありませんでした(TдT)
    ちょっとプライベートがバタバタしていて、サイトを見る余裕すらありませんで……本当にすみません!!
    でも、遅くなっても必ず返信させていただきます!
    まずは、私の作品を何度も読み返してくださり、本当に本当にありがとうございます。もう、感謝しかありません。一度読んでいただくだけでもありがたいのに、何度もというのは素人で執筆活動をしている身ですが、書いていて良かったと思う瞬間でもあります。
    「雨宿りの法則」は、かなり言葉の足りない作品でして、それは実は書いていた私が狙った部分でもありました。
    多くを語らず、作品の雰囲気や空気感で読んだ方がどんな風に感じるだろうと思いながら。
    神野さんとまったく同じで、私も子育てしながらの生活で毎日てんてこ舞いで、余裕ゼロの状況だったりしますが、小説の構想を練ったり書いたりするのは一種のストレス発散でもあったりします。(それすら今はちょっと難しい状況なのですが(><))
    そういったストレスを発散できなかったのが響なんですよね。そしてそんな彼女をいち早く理解して、それこそ言葉足らずながらも包みこもうとした敬佑の、不器用な2人の物語なのです。
    ですから、神野さんがそのように感じて感想をくださって、私が伝えたいことがしっかり伝わってるんだって実感することが出来て、本当に嬉しかったです(*'ω' *)
    しっとり静かな切ない話を書くのはラブコメを得意とする私にはかなりの挑戦でしたが、頑張って書いて良かったです。
    私ももう少しプライベートが落ち着いたら、また執筆を再開したいと思っていますので、これからもよろしくお願いします^^

    作者からの返信 2017/08/11 22:56

  • 奏さん、こんにちは!

    完結お疲れさまでした!
    本当は完結したその日に読了していたのですが、どうやって感想を表現したら良いものやら、と悩んでいました。
    2度も読み返しちゃったりして。

    しっとりとしたラブストーリーで読み終わった後はじんわりと温かな気持ちになりました。
    表現下手な響さん、そんな彼女を包む大人な年下男子の敬佑くんのお話。最後には響さん、素直になれて良かったです(⌒▽⌒)
    今、久しぶりの梅雨空の下、この感想を書いています。

    次回作も気長に待っています。
    暑い日が続くのでお身体ご自愛下さいね(⌒▽⌒)

    おみゆちゃん   2017/07/13 15:09

    おみゆちゃん、ご無沙汰してます!
    感想ありがとうございます(T_T)

    短編でさらっとしている話なので、なかなか感想を書きづらかったと思うのですが、こうして書いていただけてめちゃくちゃ幸せです!
    恋愛に年齢は関係ない、と口では言えるのですが、彼らのようにまだ相手が学生だったりすると、なんとなく色々なことに踏み切れないのは事実であり、すぐに行動に移すのは難しかったりするんですよね。
    本当に敬佑はよく我慢したと思います(;ω;)

    次回作は得意の(笑)ラブコメにしますが、少し間が空いてしまうかもしれないので、申し訳ありません!
    でも必ず公開しますので、よろしくお願いします^^*

    作者からの返信 2017/07/15 21:18

  • 柴本さん、

    こんにちは、そしてお疲れ様でした!
    ポストにメールが届いていて、(毎回嬉しいメールです)作品が完結されたことを知りました。初めから短編予定の作品でいらしたんですね。
    私は待つぞ〜と気合を入れて続きを待ち望んておりました。恥ずかしながら勝手に130ページくらいで内容これから展開!を想像してしていたんです。^_^;^_^;
    ですから、少し勝手に味気なく思ってしまいました。妄想勝手女なファンをお許しください。
    何かの際には是非是非二人の四年間の空白に起きた出来事や、その後の二人の付き合いなどなど、読みたい!希望させてください!!   
    若くても一途に人を思える、思っていられるって素晴らしいですよね。頑張れ!と応援してしまいますよ。

    新しい作風に挑戦されるとのこと、お忙しいとは思いますが、頑張れ〜のエール送ります。楽しみにしています。

    あと、また勝手な感想なんですが、、、柴本さんのラブコメは最終的にはとても心温まる終わり方でまとめてくださるので、途中に読んでいて笑える場面が出てきても、とても楽しい気分でいられる作品さんたちです。

    勝手ばかりを並べてすみません。^^;

    再度、楽しみにしてます。(^^)/

    神野 恵   2017/07/09 11:44

    神野さん、いつも感想ありがとうございます(´•ω•̥`)
    短編なのにものすっごい時間がかかってしまい、私自身もどうしてこんなに〜ともどかしかったです。プロットもサラッと作ったのですが、書いているうちにどんどん違う方向へいってしまったので意味がなく(笑)
    次回作はしっかり練ってからと思っています(((^^;)
    その次回作は、いくつかあるラブコメ作品よりももっと楽しく笑えて、そして時々切なくなるような話を書けたらなぁと思って考えていますので、ぜひ楽しみにしていてください^^*
    ……とはいっても、まだ少しかかってしまいそうなのですが(><)

    いつも神野さんのお言葉に励まされて頑張れています!本当にありがとうございます(*'ω' *)
    これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

    作者からの返信 2017/07/11 16:03

  • はぁ~♥満足です~(*^^*)
    ずーっと読みたくて、でも今回はできれば一気に読みたくて、なかなか読めずにいたので今満足感にひたっています。
    しかも雨の日に読めました(笑)
    大学時代に、内科と小児科と耳鼻科を併設した診療所で看護士助手のバイトをしていたので、勝手にそこを響さんや雪子さんの勤務先に重ねて読みました。
    (まあ、私は所謂雑用で、医療行為は全くしてないですが)
    雨のしっとり感と作品の雰囲気が合っていて、二人のもどかしさが際立ちますね。
    濡れて耐えるのではなくて雨をやり過ごす時間、独りでこらえるのではなくて彼と話して過ごす時間、どちらも響さんには必要な雨宿りなんですね。
    マイナス×マイナス=プラス、二人でいれば晴れ。
    素敵なお話、ありがとうございました!

    葉月紗羅   2017/07/05 09:40

    葉月さーーーん(TT)
    感想だけでなく、素敵なレビューまでありがとうございます!!!
    しつこくしつこく、中身を覚えるほど読み直しました(笑)
    葉月さんのレビューって、作品を書いた私以上に理解して書いてくださってる感じがして大好きなんです♪嬉しかったですー!
    このお話は、おっしゃる通りちょこちょこ読むのではなく一気読みが一番読み手にはスッキリ感じるかもしれません。いつものように短期間に完結させられなかったというのも大きい要因だとは思うのですが(^^;)
    雨の季節は憂鬱になりがちですが、うまく付き合っていくと気持ちも明るくなるかなーなんて思って、恋愛に重ね合わせてみたというわけなのでした。
    敬佑に関しては見た目の描写などを詳しく描かなかったのは、あまり深いところまで掘り下げて書くとかえって安っぽい男に見えるかなと考えていたんですが、そのへんの微調整が難しかったです。。。
    まだまだ勉強不足なので、次回作に活かしつつ頑張りたいと思います!
    本当にありがとうございました(*^^*)

    作者からの返信 2017/07/06 13:21

  • 完結おめでとうございます!
    雨降る夜に読みました…素敵な作品でした。
    しっとりした情景のなかにも、二人の間にながれるほんわかと心温かい風を感じました。

    私個人的には、イジイジ・ウジウジ響ちゃんよりも朗らか雪子さんが好きです(笑)。雪子さんのような人に憧れます。

    ゆっくり休んでくださいね。これからもずっと応援しています。

    オリーヴ   2017/06/27 23:40

    オリーヴさん、いつも感想を寄せてくださり、ありがとうございます(;ω;)
    こんなに時間がかかってしまったのに、読んでくださったこと感謝致します!!
    まぁ〜本当に響はイジイジウジウジジメジメでしたね(笑)私も本当ならば雪子さんみたいな人が大好きです♪
    彼女のような人が主人公だったらサクサク書けるのか!?
    ……ということで、次回作は振り切ったラブコメに、サバサバ女子を主人公にして書きたいと思っておりました(笑)
    やっぱり自分が大雑把な性格だから、そっちの方が書き進めやすいのかなぁなんて^^;

    次回作の公開はまだ少し先になりますが、私なりに頑張りますのでよろしくお願いします(*^^*)

    作者からの返信 2017/06/28 11:29