ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

イジワルな彼と夢みたいな恋を? (森沢結羽/著)

久しぶりに楽しい話を書けたらいいなと思います。
でも、果たしてラブコメになるのか?
ツッコミ含め、感想を寄せて頂けたら嬉しいです。

ノートの公開設定を無しにしたままでした。(ToT)
今更ですが、何かあればお願いします。(^o^;)

  • お返事ありがとうございます(^^)
    もちろん読んで気づいてます(笑)でも、一ノ瀬君も設計士やのに桜庭さんが一ノ瀬君の新居を設計してるんやろう…?と思ってて、繋がりないんかなぁとか一人で考えてました(笑)同じ一ノ瀬君だったんですね(o^^o)新作も更新楽しみにしてるので頑張って下さいね(^^)

    @りんりん☆   2018/10/06 08:57

    @りんりん☆様

    またまた書き込みありがとうございます。(* ̄∇ ̄*)
    鋭いツッコミ嬉しいです。
    一ノ瀬君も確かに設計士ですけど、彼は社長に就任してしまい、流石に自分では設計する時間はないと判断致しました。
    しかし、自分や妻の希望に沿った家にしたい。
    そこで、信頼できる先輩設計士に依頼した訳なんですよ。彼のことだから、それなりに無茶ぶりしてそうで、妄想してはニヤついてます。(⌒‐⌒)
    コラボに気づいて頂きありがとうございました。
    誰か言ってこないかなぁ…と思ってたのでとても嬉しかったです。更新中の話も頑張ります。

    作者からの返信 2018/10/06 20:03

  • 良かったです(^^)一途、Sな男性大好きです(笑)

    @りんりん☆   2018/10/06 06:33

    @りんりん☆様

    お話読んで頂き、ありがとうございます。
    (⌒‐⌒)
    私も一ノ瀬君は好きなキャラなのでお気に入りですよ。
    今書いてる話の中にもちょろっとだけ出てくるので、探されてみてはいかがでしょうか?(* ̄∇ ̄*)
    書き込みどうもありがとうございました。

    作者からの返信 2018/10/06 08:51

  • 一ノ瀬君いいですね。
    意地悪男子で統率力あって。
    大仏ちゃんの好物です。
    後日談または続き期待しています。
    よろしくお願い致します。

    大仏ちゃん   2018/01/25 11:31

    大仏ちゃん様

    お話読んで下さってありがとうございます。
    リクエストまで頂き、嬉しい限りです。
    当初は私も続きが書きたいな…と思ったんです。が、キャラが壊れそうなので止めたんですよね。
    今執筆中のが済んだら、また考えてみますけど、あまり期待し過ぎないで下さいませ。
    書き込みありがとうございました。m(__)m

    作者からの返信 2018/01/25 12:56