ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 同居【お題】
    • 頭ぽんぽん

    女子高の男性教師というのは、どうしてこうも人気なのか。
    集中なんか出来てないくせに、休み時間にノートを開いてシャーペンを握り、たくさんの生徒に囲まれる先生を見つめる。


    「ミナ、化学室行こう」


    親友に言われて、ノートを閉じてシャーペンを筆箱にしまう。


    「相変わらず人気だなあ」
    「そ、そうだね」


    そんな会話をしながら、先生の横を通る。
    だけど、そのとき一人の生徒とぶつかり、筆箱を落としてしまった。
    さっききちんと閉めることが出来ていなかったらしく、中身がばらまかれた。


    急いでかき集める。


    「どうぞ」


    先生は消しゴムを差し出してくれた。
    先生を直視出来なくて、俯いて受け取る。


    すると、空になった先生の手が、私の頭に置かれた。


    「帰ったら可愛がってあげます。だから、今はいい子で我慢してて?」


    周りには聞こえない声。
    私は咄嗟に先生を突き放し、逃げ出した。

    開く閉じる

    • 同居【お題】

    いじめられていたわたしが、同棲したのは…
    15歳と27歳…歳の差カップルの行方は⁉

    開く閉じる

    • 先生

    私は学校で1番人気の千晶先生と同居している。同居のことは誰にも言えない2人だけの秘密。同居以外でも千晶先生とは秘密の関係がある。

    私達は幼馴染みだったけど、千晶くんは父親の転勤で引っ越したので離れ離れになったけど、教師と生徒として再会出来るなんて思ってもいなかったので嬉しかった。

    「千晶くん……朝ごはん出来たよ」

    「お前……学校では絶対に千晶くんって呼ぶなよ」

    「呼びませんよ。千晶先生」

    「どうやら余計な心配だったみたいだな。でもダブルブッキングの相手がお前で良かったよ」

    「私も同じだよ……千晶くん」

    「同居のことも幼馴染みであることも絶対に秘密だからな。お前の友達にも言うなよ」

    「それくらい分かってるよ千晶先生」

    私にはもう1つ秘密がある。千晶くんは私の初恋の人……おそらく私の片想いだから、この気持ちは胸に秘めて千晶くんとの同居することにしたのである。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

「お願い、キスして!」 (田崎くるみ/著)

  • くるみさん♪この作品もすごく良かったです!
    我が子も心臓に疾患があり、ちょっと動くとぐったりして…苦しそうな姿を見ても何も出来ない私は、毎回ハラハラしながら見守るだけでした。
    数年前にやっと、手術を受ける事が出来、今ではあの頃が夢だったのでは?と思うほど、元気一杯に走り回っています。
    たかちゃんの事を思うと、手術を受ける前の息子の姿と重なり、ポロポロと涙が止まらなくなりました。
    でもたかちゃんが結婚し、生きた証も出来、後悔しない生き方が出来て本当に良かったです!
    くるみさんの作品を読むと、いつもいろいろと大切な事を思い出させられる事が多いなぁ〜と感じます。
    これからもくるみさんの作品を楽しみにしています¨̮♡︎

    まゆたくえす   2017/09/21 18:57

    まゆたくえすさん

    いつもお返事遅くなってしまい、すみません>_<
    オフィスラブではない作品にもかかわらず、こちらまでありがとうございます!

    まゆたくえすさんの息子さん、大変な病気を経験されてきたんですね。ですが今は手術を受け、元気に走り回っていると聞いて安心しました。

    子供の病気ほど辛く、悲しいことはありませんよね。私も娘がいますが、喘息だったりアレルギー持ちだったりするので、症状が現れるたびに心配になります。

    病気や人の死を扱った作品は少ないですが、書く際はいつも私もいろいろと考えさせられてしまいます。
    身近な人が病気になった経験や、大切な人を失った経験を元に書いていますが、感じること、考えさせられることがたくさんあり、改めて一日一日を大切に生きていきたいと思います。

    この作品にもそんな思いをたくさん詰め込みましたので、まゆたくえすさんに少しでも届いて嬉しく思います。

    こちらこそいつも感想をくださり、本当にありがとうございます^^

    作者からの返信 2017/09/24 21:42