ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「ごめん、待たせた」

    『ん〜?ぁあ、おかえり~』

    放課後、私は日誌を出しに行った幼馴染の海里を教室で待っていた。

    「それ、何読んでんの?」

    『これ?海里の新しい雑誌!』

    「ふーん。」

    『この海里、超可愛い‼ ほんと最高…!』

    普段のそっけない海里とは違い、モデルの海里は可愛い天使の笑顔でこっちを向いている。

    『普段からニコニコしてればいいのに…』

    「結衣は可愛いモデルの海里じゃなきゃやなの?」

    『別にそーいう訳じゃないけど…』

    「ねぇ…、結衣だけは本当の俺を見てよ…」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    「今日はゆっくりできた〜」

    私の名前はえりか。
    高校2年生。一応モデル兼タレントをやってる
    この頃は活躍させてもらえることも多くなった

    「あ、えりか」
    「ひろとおかえり」

    そして私には同い年の彼氏がいて、ただいま同居中//ω//

    「ジャジャーン! 今日はご飯奮発しちゃいました〜」

    「すご でもこんなに…
    疲れてるのに大丈夫?」

    そうやっていつも優しくしてくれるとこ優しいよね。

    「うん、大丈夫
    ひろととゆっくり出来るの久しぶりだし」

    「ありがと」

    そう言って私を後ろから抱きしめてくれる

    「ちょっ! いきなりどうしたの!?」

    「少しだけこのままでいさせて
    今えりか不足だから」

    「何よ、えりか不足って」

    「この頃えりか人気出すぎ
    みんなエリカの事が好きじゃん」

    「私が好きなのはひろとだけだよ」

    「この状況でそれ言うの反則
    やっぱお前は俺だけのものだから」

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「波は誰派?」
    クラスの子達と雑誌を広げながら誰がカッコイイとか話している。
    「あ、あたしは…」
    「勿論、俺だよね?」
    「きゃあっ!?」
    答えようとした言葉を塞ぐようにして後ろからギュッと抱きしめてきた翔。翔は芸能科で人気のモデル。当然、周りは大騒ぎなわけで…。そんなのお構い無しな翔はというと…
    「波は当然俺を選ぶよね?」
    頬にチュっとキスを落とした。
    「なっ…!?」
    「照れてる顔も可愛い」
    「そうじゃなくて…!」
    ニコニコとしている翔。
    「で?波は結局誰派?」
    「この人、かな…」
    本題に戻されるとあたしは翔の横に写っている人を指した。
    「何それ…。めっちゃ妬けるんだけど」
    拗ねてる翔。本当は翔って言おうとしたけど何か恥ずかして思わず別の人にした。
    「じゃあ、もっと俺のことカッコイイって思って貰えるように頑張らないとね」
    チュっとキスをした翔。そんな翔に目が離せなかった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ある雪の降る日私は運命の恋をする (☪︎唯月まそら☪︎/著)

♥感想♥

♥こうして欲しいという要望♥

など、じゃんじゃん受け付けています!

誤字脱字の指定もお願いします!!

どんな事でもいいので書いてくださると嬉しいです!
更新の励みになります!

  • 今回、2回目を読みました!初めて読んだのは半年前です。だから何となく内容は頭に入っていたのですが、終始ハラハラドキドキするような
    一気に夢中になる。そんなお話でした。
    楓摩と朱鳥の関係を最初から考えて、それを関係付ける内容にしているのはとても驚きました。実は昨年までなかなかクラスに馴染めず孤独な思いをしていました。でも周りに支えられ、助けられ、今ではとても充実した日々を過ごしています。朱鳥ほど辛い思いはしてませんが、少し親近感が湧きました。昔の自分を思い出しなが、白血病と戦う朱鳥と昔の自分にエールを送りながら読み、
    「辛いことを乗り越えればきっと楽しいことが待っている」
    「人生を100に例えるなら100-49=51で楽しいことの方が多い。」
    これを思いつくまそらさんはほんとにすごいと思いました。私事ですが、この春高校生になり、
    辛いことも多くなると思っています。でもこの言葉を信じて頑張っていきます。٩(ˊᗜˋ*)و

    ☽皐月☽︎‪︎   2019/03/28 20:03

    わっ、私と同い年ですね!私も中二のときに辛い思いをして、その時期にこれを書きながら、読者の方々の優しい感想を読んでなんとか乗り越えてきました。この小説が読者の方々の力になれたのなら幸いです。ありがとうございます^^*

    作者からの返信 2019/03/28 20:19

  • 途中でほろりと泣きそうでした。とても良かったです!更に続編見てみたいです!

    meamea   2018/10/09 23:31

    嬉しい感想ありがとうございます!!(*^^*)
    今少し事情があって更新は遅れているのですが、まだまだ書き続ける予定なので、どうかよろしくお願いしますヽ(*´∀`)ノ

    作者からの返信 2018/10/09 23:32

  • とても面白かったです!楓摩と朱鳥がすごく頑張っている様子がよく伝わってきました。「つらいことを乗り切ればきっと楽しいことがある」楓摩の言葉がすごく心に残りました。私は勉強や友達関係でいろいろ悩んでいました。でも、どんなにつらいことでも乗り越えればきっといいことがあるんだと感じました。
    小説の途中は楓摩と朱鳥がケンカしてしまったり、最後は楓摩が目を覚まさないんじゃないか…とハラハラドキドキでしたが無事に仲直りもして、目を覚まして、2人が結婚できて本当に良かったと思いました。キュンキュンしました♥️ほかの作品や続編も期待してます!頑張ってください

    やみみあ   2018/10/06 19:54

    長文での感想本当にありがとうございます!!
    書き手が伝えたかったことを伝えられたようでよかったです^^*
    少し更新頻度が下がってしまっていますがこれからもよろしくお願いします!!

    作者からの返信 2018/10/07 23:05

  • 長文、ごめんなさい!

    やみみあ   2018/10/06 19:54

  • 😍ありがとうございます。😍
    涙が止まりませんでした。最後の後半、楓摩目を覚まさない!?辛いままbadend!?ページを読み進めるうちにどんどん焦って目で追いかけていました。また、度々見る失鳥の男の子と女の子の夢、早く気づけなんて簡単なことで済ませていましたが、楓という言葉と箱を埋めたことが分かった瞬間涙が止まりませんでした。本当に素晴らしい作品をありがとうございます。これからも頑張ってください。

    AINA .H   2018/08/20 02:44

    とても嬉しい感想をありがとうございます(´;▽;)
    こういう感想をもらえると励みになってとても嬉しいです!!これからも頑張ります!!応援よろしくお願いします‪(*´꒳​`*)

    作者からの返信 2018/08/20 07:10