ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 帰り道
    • 相談

    「ね、ねぇ、冬樹くん。」

    「なに?」

    「あ、あのね、誕生日例えば欲しいものってありますか?」

    わたしはももえちゃんに送る誕プレをどうするか悩んだ末に横にいる冬樹くんに聞くことにした。

    「え、何、くれるの?」

    「ち、違います!も、ももえちゃんにあげるだけです!」

    「…………なーんだ。」

    冬樹くんは下を俯いて何も喋らなくなった。

    す、すねちゃった?



    「手作りのお菓子、あげたら?ももえ……さん?だっけ?名前知らないからわかんないけど……よく昼休み、お菓子食べてんじゃん」

    「……うん!ありがとうございます!」

    「ま、わかんないけどね、あまねの手作りって美味しいかわかんないし。」

    「えぇー、これでもよく料理するんですよ?」

    「んー、よくドジってそう。」

    「ど、ドジってません!」


    わたしは週末、甘い甘いカップケーキをつくった。


    ……………………2人分、ね。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「俺、お前が好き」


    信じられないんだ、そういうの。
    後ろからギュッ、と抱きついて囁く拓人の言葉に、ただただ不信感を抱いていた。




    甘いものは嫌いなの。


    ほろ苦いビターチョコがいい。


    甘い恋なんて辛いだけ。


    お願いだから、お願いだから、近づかないでくれないか。





    「ぉえっ...」

    これ以上、触らないでくれ......!!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    小学五年に転校してきた聖。聖とは話すうちにお互いの気持ちに
    気付き、中学に入った同時から付き合い出した。ラブラブやったのに…離ればなれになるのは嫌だったのに…お互いの夢のために離ればなになる事になった。お互い別れるつもりはなかったけど、いつしか聖がモテモテでとか噂が私まで届いた。それからしばらくは付き合ってたけど、結果的に自然消滅なった。聖には彼女がいるとかいないとか…あれから…二年、高校三年になってすぐ同じクラスの崇人君から告られ、進む道も同じで大好きになった。でもいいムードになると、聖が浮かんできて、そんな気持ちになれない…崇人君が大好きなはずなのに…自分の本当の気持ちがわからない

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

きたない心をキミにあげる。 (aona/著)

  • 野々原 苺さん こんばんは!わーーーー!読んで頂き本当にありがとうございます!!そして素敵すぎるレビューも!本当にうれしいです。ありがとうございます!
    圭太、愛美、そして弘樹の気持ちを感じ取って頂けて、あたたかい言葉も頂けて、嬉しくて泣きそうです。このような話を公開していいのかなと迷いつつも、書きたいものを書こうと意気込んだ作品ですので、頂けた言葉一つ一つが本当に嬉しかったです。
    レビューにも頂いた通り、みんなきたないところを持っているんですよね、きっと。共感して頂けて良かったです。
    余談ですが、日々を過ごしている中で、きたないをきれいに見せることができる人が何事もうまくやれているような気がしてまして……(そうとは限らないかもしれませんが汗)。だからこそ、きれいときたないの間で不器用にもがきながら生きている人を表現してみたかった的な感じです。
    きっと圭太は愛美にいい意味で振り回されつつも、2人で幸せになれるんじゃないかなと思います(*´∀`*)
    本当にありがとうございました!

    aona   2017/01/24 00:37

  • 桜坂ゆうりさま はじめまして!この作品を見つけて頂き、読んで頂きありがとうございます!一気読みして頂いたんですか!?本当にありがとうございます~( ;∀;)
    圭太はさえないオタク男子ですが、自分のきたない心に苦しみながらも、愛美を守ろうと必死に頑張りました。桜坂さんにイケメンと言って頂けて、圭太もめちゃくちゃ喜んでいると思います。(または、ヘタレな性格なので、えええっ!?とビビってるかもしれません笑)弘樹のことも好きになってもらえて良かったです。
    圭太は愛美と時々弘樹のお墓参りに行きながら、これから2人で幸せに暮らしていけるんじゃないかなと思います。
    つらい話なので、受け入れて頂けるか心配していましたが、最後まで読んで頂き、感想も頂けて、書いて良かったと心から思いました。本当にありがとうございました!

    aona   2016/12/30 01:02

  • KIMORIさん こんばんは!わーー!圭太と愛美のゆくえを見守って頂き、本当にありがとうございます!
    書きたいと思ったテーマを書きたいように書いた作品なので、読まれた方がどのように感じられるのかずっと不安でしたが、最後まで読んで頂き、素敵なレビューも頂けて、本当に嬉しいです。
    人を好きになると独占欲とか支配欲とかきたない気持ちが生まれて、でも、悲しいけれど多少のそういうきたない心がないと幸せはつかめないのかなぁ、などと考えておりました。(余談ですが、ギリギリのラインで多少のズルができる人の方が、仕事でも恋でも強いような気がする・・・みたいな汗)
    特に圭太のお墓での告白シーンは嫌悪感を持つ方が多いかなと心配しておりましたが、ここまで書いたらもう描き切ろうと思い、思い切って圭太の気持ちをまっすぐに描きました。圭太と愛美の気持ちを受け入れて頂けて良かったです( ;∀;)
    本当にありがとうございました!!

    aona   2016/12/30 00:50

  • 夢雨さん こんばんは!この作品を見つけて頂き、読んで頂きありがとうございます!そして素敵すぎるレビューも・・・本当にありがとうございます!めちゃくちゃ嬉しいです( ;∀;)
    圭太たち3人はかなしい運命を背負っていますが、その中でも、きれいときたないの間でもがいていく様を描いてみました。3人のゆくえを最後まで見守って頂き本当にありがとうございます!
    おそらく圭太はこの先も自分のきたない心に苦しむことが何度もあることが予想されます。でもしっかりと愛美を幸せにできるんじゃないかな、レビューにも頂いた通り、お互いのきたない心を理解した上で愛し合える、そんな2人になれたんじゃないかなと思います。
    このような悲しくて重たい話を公開して良かったのかな・・・と心配しておりましたが、読んで頂けて、素敵な言葉も頂けて、思い切って書いて本当に良かったと思いました!
    本当にありがとうございました!!

    aona   2016/12/30 00:31

  • 初めまして〜(*´-`)

    今まで見たことがない展開で思わず一気読みしてしまいました
    そしてめっちゃ泣きました(笑)

    とりあえず圭太がイケメンでした!一生懸命愛美を助ける姿にきゅんきゅんしました
    アニメ好きとか私とめちゃくちゃ話が合うんじゃ…!?なんて思ったりもしました(^_^)

    実は弘樹が好きだったりします…(笑)
    1人で全部抱えて愛美を助けたり、やっと心を許せる友達ができたのにその友達を庇ったりすることがイケメンだなぁ〜なんて思いながら見てました
    もちろんめちゃくちゃ泣きながら!!(笑)



    一人一人の感情の描写がものすごく上手くて感情移入してしまいました…!
    最後に2人が結ばれてほんとによかったです
    これからも2人が幸せになりますように…!


    執筆お疲れさまでした…!
    新作、楽しみに待ってますね(*゚▽゚*)♡

    桜坂ゆうり   2016/12/29 10:49