ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年08月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 神田外語大学【SS】

    「レンちゃーん!構ってよー」

    レポートに追われている私の腰に、腕を回して密着してくる先輩。

    「今、忙しいんです。後にして下さい」

    「いいじゃん、俺レンちゃんがかまってくれないと死ぬ」

    子犬みたいに潤んだ目で見てくる先輩に、思わず構ってあげたくなっちゃうけど、
    我慢、我慢。


    表面上は頼り甲斐のあるしっかりした先輩なのに、私の前ではこんな甘えたになる。

    「レンちゃーん」

    「先輩、大人しくしてて」

    「無理、レンちゃんがちゅーしてくれないと俺死ぬ」

    いつになくしつこい先輩。

    「一回だけですよ」

    「やった!」

    顔を綻ばせる先輩に尻尾が見えるのは気のせいだろうか。


    触れるだけのキスを彼の口に落とすと、そのまま腕を引っ張って引き込まれる。


    「やっと、捕まえた」


    妖艶な笑みを浮かべた先輩。

    ドキッとしてしまう私。


    結局、レポートは進まなかった…。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 神田外語大学【SS】

    「陽菜?」

    「先輩?」

    目の前には、高校時代私の憧れだった先輩がいる。

    言葉が出なくて固まっていると、

    「俺がいなくてさみしかった?」

    なんて当時と変わらない屈託無い笑顔を浮かべる先輩。

    「さ、さみしくなんて」

    私は、いつも強がりばかり言ってしまう。

    「そっか、俺はさみしかった」

    さりげなく抱き寄せられて、頭を撫でられる。

    私が強がったとき、先輩はいつもこうしてくれていた。

    その優しさに、何故かあふれ出る涙。

    「そんなにさみしかったか?」

    何故か嬉しそうな先輩と、涙が止まらない私。

    私はこんなにも先輩が好きなのに、

    彼はいつも余裕で、…ずるいよ先輩。

    「陽菜、好きだよ。ずっと前から」

    「え?」

    「 陽菜は?」

    おでこにキスされて、魅力的な瞳に囚われた私。

    分かってるくせに…。

    「私も好きです」

    あなたはいつだってずるい先輩だ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 神田外語大学【SS】

    「なぁ今更婚約破棄ってどういう事だよ」
    「元々親が決めた政略結婚でしょ」
    「最初はそうだったとしても今は俺らお互い惹かれ合ってるよね?何で?」
    「…浮気」
    「…は?俺が浮気?してるわけないだろ」
    「昔女癖悪かったことくらい知ってる」
    「それ今関係なくね?俺を信じられないわけ?こんなに想ってんの初めてなのに…」
    「信じてたわよ、でもこの写真‼友達から送られてきたの」
    「え?あー、これ姉だ」
    「いないでしょ」
    「俺もつい最近知ったんだけど親父の元愛人の娘」
    「は?」
    「だから、その写真の人と俺はただの姉弟。しかもそれ、これ買ってるときだわ、手出して」
    「こう?」
    「そうじゃなくてこう」
    「これって…」

    「婚約指輪」

    「嘘…ごめん…」
    「泣くなよ。本当は誕生日に渡す予定だったけどこんな所でごめんな」
    「ううん、ありがとう」
    「おうよ」

    彼は涙が溢れて止まらなかった私を優しく抱きしめくれた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】俺が愛してやるよ。 (SEA/著)

  • はじめまして!こんばんわ!
    もぉ携帯小説でこんなにもボロボロに泣いてしまったのは初ですー!!!!!!!!

    結実ちゃんの思っていた最初の家庭事情が私と似ていて、気になって読んでいくうちに、銃牙くんがもぉ色々とかっこよすぎるのと優しすぎるのときたらもうこれは、胸の高鳴り押さえきれないです♥️😋最初から最後まで胸がドキドキ止まらなくて痛かったです😆でもそれがたまらなく何度も読みたくなります!!
    これわもう私のお気に入りナンバーワンです!!!!!

    続編あることを楽しみに待ってます!!!!🙇🙇❤️

    ありおかたぴちゃん   2018/08/13 23:14

  • はじめまして!こんにちわ!
    SEAさん、
    とても感動しましたー!!!!
    ------------------
    実は自分も、何度か闇を抱えたことがあり、結実ちゃんと統牙くんがとても共感が出来ました。
    ------------------
    改めて、心から愛してくれる人が、どれだけありがたい事か、どれだけ素敵な存在か、とても心に染みるお話でした✨
    それを思い出させてくれたSEAさんにはホント感謝でいっぱいです…✨
    ありがとうございます(´˘`*)
    ------------------
    もう、最後の最後まで大号泣でした(泣)笑
    こんな素敵な作品を書いて下さり、本当にありがとうございます( ´╥ω╥`)
    ------------------
    次回作も心から楽しみにしています…✨

    yunaりんご   2018/08/10 20:04

  • はじめまして!
    まさかここまで泣くとは、、、笑
    すごいドキドキしました!
    統牙くんみたいな人に出会いなーとか思ったりしてます笑

    次回作も楽しみにしてます!

    みねすとろーね   2018/08/09 23:28

  • ケータイ小説で初めて涙しました。
    たくさんの愛や絆で溢れていて、こころがじんわりあたたかくなっていくような作品でした!!!
    そして、愛にはいろんな形があることを知ることが出来ました。
    愛に包まれた作品には心動かされますね♡何度でも読みたいと思えます!

    おだのすけ   2018/08/07 02:18

  • 最後まで読みました!
    とても感動しました(´;ω;`)
    結実と結実のお母さんが仲直りしていたところと、統牙と結実が結ばれるところがとても感動しました.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
    これからも頑張って下さい、応援してます!

    来栖四ノ宮   2018/07/29 23:56