ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 放課後
    • グラウンド

    あ、今日もいる。


    放課後、教室の窓から
    いつも外を眺めてるのは、

    同じクラスの野村さん。


    その視線の先にいるのは、野球部の安部。


    その視線が俺に向くことがなければ、
    サッカー部の方に向くことすらない。



    たぶん、ふたりは付き合ってない。
    完全に野村さんの片想いだ。

    しかも、安部は野村さんの視線に
    全く気が付いていない。


    正直、安部が羨ましい。
    誰かにこんなに想われてるなんて。


    なんか、もやもやする。
    もどかしくて、いじらしい。



    俺だったら、すぐに気が付いてあげるのに。
    なんで、安部なんだよ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 教室

    「せ、先輩!これ!どういうことですか!」
    せっかくお昼寝してるのに机を叩かれて目を開ける。
    「んぁ、なぁに〜?」
    「か、可愛い…」
    「ふぇ?」
    見上げると後輩の春くんが。
    「ふわぁ?」
    「ね、眠そうですね…可愛いです、じゃなくて…こ!れ!」
    手元を覗くとモデルの私の表紙の雑誌が…
    「ひゃあ!そそそそそれはダメ!見ちゃダメ!!」
    は、恥ずかしい!!今回は水着と下着の雑誌なのに!
    「こんなのまたファンが増えちゃうじゃないですか!どうするんですか!!俺の前だけでこんなカッコしてくださいよ!」
    「「/////」」
    そ、そんなこと言っちゃったら…
    うぅ〜、外野から視線感じる〜!
    「先輩?」
    「う〜」
    威嚇すると小声で
    「可愛いですけど、その顔も家だけで見せたください?」
    「ば、ばか!」
    「今夜家で脱がせてあげますね?その後も期待してますよ?」
    私は真っ赤な顔で午後の授業を受けることになったのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    只今11時50分。
    あと10分で誕生日。

    「ニュースで綺麗な星が見れるって言ってたのに曇ってるなぁ。良い日になると思ったのに残念」

    そう呟きながらスマホをいじっているとメッセージの通知がきた。

    『10分以内に屋上集合』

    メッセージを送ってきたのは、同じマンションに住む幼なじみの亮太。
    突然のメッセージに焦りながらエレベーターまで走る。
    エレベーターをおり、屋上の扉を開く。
    と、同時に12時を知らせるゴーンという鐘が鳴った。

    「誕生日おめでとーう!」

    そう言って亮太はクラッカーを鳴らした。

    「綺麗な星と俺からのおめでとうです」

    空を見ると曇っていたはずの空は晴れて綺麗な星が広がっていた。

    「はい、プレゼント!」

    亮太は両手を広げた。

    「尾野亮太という彼氏どう?」

    私は返事の代わりに亮太に抱きついた。

    今までで1番のプレゼントだよ。
    なんて、亮太には言わないどこう。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ヤンキー上司との恋はお祭りの夜に 2 (森沢結羽/著)

読んでいただき、ありがとうございました。

調子こいて作ったショート集、いかがでしたでしょうか。

本編では見えなかった蛍や大輔のギャップを含め、あらゆるカップルの関係性を見直してみました。

思った以上にどんぶり金魚のホタルの出番が少なくてごめんなさ~~い (>_<)

感想お待ちしておりますね (^_^)

  • いえいえいえ!!
    こちらこそ返信ありがとうございます‼
    番外編に…あるんですね!わかりました!ありがとうございます!ぜひ読ませて頂きます!

    ノラみけ*   2018/04/21 00:02

    お時間のある時にごゆっくりどうぞ。
    『セレクト作品番外集』の中です。
    (すみません、作品名を間違ってましたので再度返信をしました)
    (*^▽^*)

    作者からの返信 2018/04/21 17:58

  • 凄く良かったです!
    前作から読ませて頂いて、気になっていた聖や真綾のお話も気になっていたので、素敵でした。

    ちょっと差し出がましいかも知れないのですが、108ページ(?)の真綾が名前を呼ぶところが大輔になっていたので一応お伝えさせて頂きます。
    感情移入してて最初は疑問に思わなかったのですが少しして疑問に思ったので…
    もし違いましたらすみません!

    ノラみけ*   2018/04/20 02:01

    ノラみけ*様

    本編、ショート集と両方読んで頂き、ありがとうございました。m(__)m
    そして、誤字まで教えて下さって、感謝感謝です。
    (*^^*)
    書き込みは夜中に気づいたので、誤字は直ぐに修正させて頂きました。
    返信は遅くなって申し訳ありません。
    (。>д<)
    要らない情報かもしれませんが、「セレクト番外集」の中に「ヤンキー上司…」の番外が少し載ってます。
    ファン登録しないといけませんが、蛍や聖の子供のことも少しだけ書いてるので良かったらそちらも見て下さいませ。

    書き込みありがとうございました。m(__)m

    作者からの返信 2018/04/20 12:52

  • あさみりん様

    はじめまして。コメントありがとうございました。
    返事が遅くなりまして、誠に申し訳ございません (>_<)

    二人の結婚生活が覗いて見たいとのことでしたが、それはつまり、
    轟家での三世帯同居が気になるということですか!?

    そうだとしたら、それは私も興味があります。
    どんな日常を過ごしているのか…と。

    でも、それを語るのは第三者目線が一番面白いと思うので、
    書くとしたら、きっとファン様限定となるかと思います。

    あさみりん様がファンなら、いつか「番外編集ができました〜」レターを
    送りますので、お待ちいただけると有り難いかなと思います。

    いろんな方々に親しまれたこの作品、本当に書いてて楽しかったです。
    現在取り組んでる新作もそんなふうになればいいですけど。

    また機会があれば読んでやって下さい。
    そしてコメント頂けたら嬉しいです。
    本当にありがとうございました (^O^)



    森沢結羽   2016/09/25 16:01

  • 良かったです。二人の新婚生活、子供がいる日常を覗いて見たいです。

    あさみりん   2016/09/25 08:01