ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

memory〜紅い蝶と私の記憶〜 (七風 菜玖瑠/著)

感想やリクエストがあればお願いします(≧ω≦)

  • すごく面白かったです!!
    野いちごを初めてすぐくらいに七風さんの小説に出会えてすごく嬉しかったです!!
    こんなに面白くて楽しい小説かけるんだ!って思いました。
    今回、他の小説を読んでいたらオススメの所に七風さんの小説が出てて、『あ、読まなきゃ!』って思いました。
    見つけたら読む。それが習慣化してます‪w‪w😊
    読んでみて大正解です!!😄
    やっぱりすごく面白かったです!
    もうほんとに最高です♪

    ツキと星南の今後のシーンとか同棲中の話とか読んでみたいです!!
    外で普通にキスしてるので2人だけの空間でいる時どんななのかすごく気になります!🤩

    今後の活動頑張ってください!!
    応援しています😁

    桜龍 舞   2019/09/17 02:30

    感想ありがとうございます(*´ω`*)
    嬉しい言葉ばかりで…本当に嬉しいです!!
    私の場合、自分が読みたい物語を書いてる自己満足のようなものなんですが、それを舞さんのように面白い、最高と言っていただけて嬉しいですʚ❤︎ɞ

    番外編を考えているところで、新作も同時に考えているので、もう少しお待ちして頂くことになると思いますが、早く読んでいただけるように頑張りますね(o´罒`o)
    応援ありがとうございます!

    作者からの返信 2019/09/17 23:45

  • 率直にこのお話好きです♡♡笑
    星南とつき君のラブラブシーン、番外編で書いて貰えたら嬉しいです!!!!!

    雷龍(ノノ_☆)   2019/08/29 11:53

    感想ありがとうございます♬︎♡
    そう言ってもらえて嬉しいです(o´罒`o)
    ラブシーンですね!
    もう少しお時間をいただくことになりますが、ぜひ書かせていただきます(*´ω`*)

    作者からの返信 2019/08/30 11:46

  • 完結おめでとうございます!!
    とても感動しました😭
    レビューの方でも書かせて頂きましたが、もう少し築路と星南のラブシーンが欲しかったな…と思いました。次の作品も期待しています!!

    ❀美桜✿   2019/08/20 08:57

    感想ありがとうございます(≧∇≦)
    感動してもらえて良かったです✩.*˚
    ラブシーン少なくてすみません…
    何分記憶を取り戻したのが最後の方だったので…(´;ω;`)
    番外編を書く機会がありましたら、ラブシーンいっぱい書きたいと思います♪

    作者からの返信 2019/08/20 09:51

  • 完結おめでとうございます!
    完結するの楽しみにしてました。どんな風に記憶が戻るのか、昶と築路どっちとくっつくのかドキドキしながら読んでました。星南に振られた昶は可愛そうだったけどきっとすぐにいい人が見つかるんじゃないかなと思いました。紅蝶とmoonこれからも仲良くしていって欲しいなって思いました。それから晴天と太陽と庵の三人の会話はとても面白かったです。
    これからも頑張ってください!応援してます!

    アスナ*   2019/08/17 22:42

    感想ありがとうございます!!
    最後までどっちとくっつけるかすごく迷いましたが、築路がいてこその星南だなと思い当たった結果、築路を選びました。
    数ヶ月後には運命の出会いがあるかも?!です(o´罒`o)
    面白かったと思っていただけて嬉しいです!応援ありがとうございます(≧∇≦)

    作者からの返信 2019/08/18 12:06

  • 完結おめでとうございます!!
    最後まで楽しい作品を有難う御座いました(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

    .*✿ᴍᴏᴍᴏ✿*    2019/08/09 23:26

    わぁ!ありがとうございます(≧∇≦)
    楽しんでもらえてよかったです(o´罒`o)
    最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます!

    作者からの返信 2019/08/12 15:18