ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

デブスの不思議な旅 ~恋と変と狂愛?と~ (有栖川ハジメ/著)

いろいろ書いちゃってください~
なんでもありがたく読ませていただきます。

いただいたメッセージにはなるべく早くお返事いたします!

  • \イリコ/さま♪
    はじめまして(´∀`)
    フラッとこの作品へ辿り着いて面白そうだなぁと思い読んでみました!
    いつも1000ページを超えている作品は途中でダレてしまってあんまり読まないのですが、イリコさんの作品はもう面白くて1日で読んじゃいました笑
    文書も凄く読みやすいし、それぞれの登場人物の桜ちゃんを想う気持ちが赤裸々?に書かれてて、みんな桜ちゃんを好きになって行く様子が見ててキュンキュンしました♡
    個人的にはカナンLoveで、彼には本当幸せになって欲しいけど、でも彼が心から愛してやまないのは桜ちゃんだけなんだなぁと勝手に思っております笑 カナンと桜ちゃんがくっつくことはないのでしょうか笑(小声)
    あとアラエさんも何気に好きです笑 香水を桜ちゃんの匂いにさせて彼女の代わりにするところとか←え
    王様は早く正気に戻って欲しいなと願うばかりです(´∀`)わたしは彼は苦手ですが笑、桜ちゃんの決めた人ならば幸せになって欲しいです(´∀`)
    長々と文書失礼しました(T_T)再開また楽しみに待ってます〜

    なつみかん7733   2018/05/12 17:47

    なつみかん7733様
    はじめまして!
    ご感想、ありがとうございます!
    一気読みして頂いたとは!嬉しいです!
    楽しんで頂けたようでホッとしています!なんかえらく重い展開になってきてしまいました(笑)
    カナンは人気がありますね、実は私も彼が書いてて一番楽しくて、ホントは桜と一番うまく行くのも彼かなと思います(笑)
    カナンは重要な場面でもう一度登場する予定ですよ★
    王様苦手ですか、ですよね、私もこんな男付き合いきれません(笑)王様は一番不完全な人間として書きたかったので、苦手と言っていただけたらむしろ成功です!
    なかなか忙しくて更新できないのですが、ページにはよく来ています!いきなり更新するかもしれませんので、その時はまた読んで頂けたら嬉しいです(*^^*)

    作者からの返信 2018/05/15 21:59

  • お久しぶりです!
    最近忙しくてなかなかこちらにこれなかったので、一気読みしました!w
    王様のヤンデレはすごいですね。桜ちゃんがいい子すぎて、涙が(;_;)
    二人とも最終的に幸せになれることを祈っています!

    紺野 アン   2017/07/30 22:23

    紺野様、お久しぶりです❤ご感想ありがとうございます!

    王様の暴走を何とかするのに私も必死です(笑)なんて面倒な奴だ……。もう少し明るい話にするつもりだったのに、おかしいな(´・ω・`)
    桜に何とか頑張ってもらって、更生させようと思います(笑)
    またもうしばらくお付き合い下さると嬉しいです❤

    作者からの返信 2017/07/31 21:00

  • 紺野 アン様☆
    こんにちは! ご感想ありがとうございます♡
    すこーしずつですが、何とか再開し始めました(゚∀゚)まだ先が長いですが、読んでくださると嬉しいです!
    紺野様、金髪小僧がお好きですか〜。私も彼はよく動いてくれるので好きです(笑)
    ご感想はすごく楽しみで励みになるので、またぜひお願いします(*´∀`*)人(*´∀`*)

    有栖川ハジメ   2017/01/21 00:23

  • 更新再開待ってました~(*´ω`*)
    桜ちゃんが最終的に誰を選ぶのかドキドキです。
    個人的にカナンが好きなので、登場するとテンションがあがります笑
    これからも楽しみにしてます!
    何回も感想を投稿してすみませんm(_ _)m

    紺野 アン   2017/01/18 18:53

  • 紺野 アン様♪
    お祝いのメッセージ、ありがとうございます!
    しばらくダラダラと休んで、育児の合間の癒やしとして(笑)更新を続けようと思います(`・ω・´)
    最初の想定ではもう完結しているくらいのページ数なんですが……計画性のなさがガッツリ出てしまっております。
    また、ゆっくりお付き合いくださると嬉しいです♡

    有栖川ハジメ   2016/12/02 00:05