ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    はぁ、やっと補習も終わったし帰ろっかな

    ガッタ ガッタ
    バタバタ バタバタ
    何の音?
    この学校って怪奇現象とかなたっよね?

    「やっと見つけた!!
    桜井探してたんだぞ」
    「えッ?小畑先生なんですか?」
    「あのさ、今から時間ある?」
    「ありますけど?」
    何なのかな?
    こんなに慌ててるってことは、大切な用事なのかな?
    「えっとさ、お前って今、
    好きな人いる?」
    えっ、なにこれ?!
    先生なに言ってるの?
    「いますよ!」
    「そうなのか?
    あのさ、俺と付き合ってくれないか?」
    「えっ!!?
    はい!!」
    何で?私でいいのかな?
    でも、すごく嬉しい!!
    「幸せにするから!
    ありがとう!」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗唯ここにいた。探したんだよ?」

    「なぁ祐希,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ祐希,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと祐希が好きだった」

    「斗唯ありがとう。私の好きな人って斗唯なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗唯!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗唯のこと離さないよ?」

    「祐希,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼氏と別れて早1時間…
    私から振ったのに、何故か涙が…止まらない。

    だって、しょうがないじゃない…
    あの女…藤守さんに、脅されたんだから。
    今頃裕翔は、どうせ藤守さんと一緒に居るに違いない。
    私より女子力もあって、メイクは少し濃いけど可愛いから。
    だから、男子なんて嫌い。性悪女でもすぐにホイホイついて行くんだから。

    私には、もっと素敵な男の子がいるはず…
    するとお店の方からふわりといい匂いがして来た。

    ああ。この匂い。裕翔の香水の匂いに似てるわ。

    「…ぐすっ」

    すると今度は後ろからも香水の匂いがして来た。

    ふわん…

    「はぁ…梨佳っ!何で別れるなんてっ」

    裕翔…息を切らしてまでここに来てくれたの?

    「うるさいっ近寄らないでよ!」
    「藤守に何か言われたんだろ?俺はあんな女の命令に従わない」

    「〜っ」

    バカ。気付くの遅いわよ。

    そう言い終わる前に、唇は重なっていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

雨宿りの星たちへ (小春りん(Link)/著)

小説を読んでのご感想、とても励みになります! 貴重なお時間をくださり、本当にありがとうございます(*´︶`*)

  • こんにちは。本日、文庫本を購入させていただきました。
    小春りんさんの小説は本当に大好きで、今回は初めて本で読みました。
    もし、私があと一週間で死ぬとしたら。きっとユリみたいに、やりたいことを全部やる、と言うと思います。…でも、それは口だけで、ちゃんと考えてはいないでしょう。

    美雨は目をそらしたくなりながらも、決して未来から目をそらさずにいました。最後、美雨を外に出そうとした事態がおきても、自分より、相手のことを考えました。
    そんな美雨のように私も生きていきたいです。この本を読み終わった今から。
    そして、手紙のシーンでは思わず涙が出てしまいました。
    「雨宿りの星たちへ」という題名はこういうことだったのですね。
    小春りんさんの小説の題名はどれもセンスを感じます。
    私はそのセンスがないのでうらやましいです。

    最後に、素敵なお話をありがとうございました。
    これからも応援しています。

    なや あんり   2018/12/16 17:45

     
    感想ノートにお言葉を残してくださり、ありがとうございます。お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

    こちらにも素敵なご感想をいただけたこと、とても嬉しいです^^
    美雨と雨先輩を最後まで見守ってくださり、本当にありがとうございます。
    美雨はたった一週間ですが、その中で自分の命や自分を支えてくれる周りの人たちと向き合い、大きく成長したと思います。
    けれど、誰にでもそういった成長の機会は訪れるもので、その中でたくさんの経験をし、自分と向き合うことが大事なのだと思っております。

    これからも少しでも楽しんでいただけるように精一杯頑張りますね。
    いつも温かいお言葉をくださり、本当に本当に本当に、ありがとうございます^^



    作者からの返信 2019/09/21 14:05

  • 実は文庫本を購入させていただいて
    じっくりと読ませていただいてました。

    私も最近先の見えない将来のことで不安になったり、進路がなかなか決まらず、やりたいことがあって踏み出せずにいたりと悩む日々で、美雨ちゃんと同じように『未来がみえたらいいのに』と思うことがたくさんあります。
    ですが、この作品を読んで“未来が見えないからこそ、今自分がどうしたいのかを考えて未来を良くするために頑張るんだ”ということを強く感じました。
    親に遠慮してしまうというところや進路に迷う美雨ちゃんが今の自分と重なって共感できる部分も多くありました。
    周りは進路も決まっていて、自分だけ置いていかれている…というような気持ちもすごく分かりました。
    カズくんのように自分の夢のために一生懸命努力して生きている人はとてもカッコいい思ったし、そんなカズくんのセリフ一つ一つが心に染みました。

    心が弱かった美雨ちゃんが雨先輩と共に強く成長していく姿はとても感動しました。
    支え合い、ぶつかりあった二人だからこそ、掴めた未来なのだと思いました。
    雨先輩にも美雨ちゃんが必要で、美雨ちゃんにも雨先輩が必要。そんな二人の関係がとても羨ましく素敵だと思いました。

    この作品を読み終えた時に“未来の自分のために今一生懸命頑張ろう”と思えました。
    いつ、何が起きても後悔しないように‬一生懸命、がむしゃらに生きようと思います。
    少しずつ先のことも考えて私もいつか美雨ちゃんみたいに心の強い人になれるように頑張ります。
    この作品を読んで少し気持ちが軽くなって、前向きになれました……!

    また、迷った時や悩んだ時は
    この作品を読み返そうと思います!

    いつも、Linkさんの作品には元気をもらったり、大切なものを教えていただいたりしています(*´﹀`*)
    Linkさんの書く作品が本当に大好きです。

    これからも陰ながら応援しています(﹡ˆˆ﹡)!
    お仕事などお忙しいとは思いますが、
    頑張ってくださいo( ›_‹ )o♡

    SEA   2017/11/29 21:09

    SEAさん*

    感想ノートに素敵なお言葉を残してくださり、本当にありがとうございます。
    お礼が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。

    文庫本をお手にとっていただけたとのこと、とても嬉しいです。
    そして美雨に共感し、物語の中で二人と一緒に走っていただけたことを作者として幸せに思います^^

    あとがきにも書きましたが、私もこれまで何度も悩み、苦悩し、ときには挫折したこともありました。
    そのときは、どうして……なんで……と後悔したこともありましたが、今、数年が経って改めて過去を思い返すと、あのとき悩んだ時間があるからこそ、今こうして『雨宿りの星たちへ』という物語書けたのだろうと思います。
    人生に無駄なことって、ほとんどないと思います。
    どんな経験でも、本人次第で未来を切り開くための武器に変えることができる。
    だからこそ今を精一杯生きることに意味があるのだと、SEAさんのお言葉を読み、改めて実感することができました^^

    SEAさんの夢や希望が叶うように、私も心から応援しています。
    そして私もこれからも、少しでも楽しんでいただけるものをお届けするため、精一杯頑張りたいと思います!

    温かいお言葉を、本当にありがとうございました。
    また気軽に、感想等お聞かせくだされば嬉しいです^^

    作者からの返信 2017/12/11 18:03

  • nix.さん*

    こちらの感想ノートにも素敵なお言葉を残してくださり、ありがとうございます。
    「雨宿りの、星たちへ」も読んでいただけたこと、とてもとても嬉しいです。
    雨宿り〜、は、私も初めて挑戦するタイプのお話だったので、温かいご感想を読み、本当に励みになりました。
    生きていると大変なこともたくさんあるし、時々、疲れて投げやりになることもあるけれど。それでも生きていたら、前を向いたら、何か良いことが明日はひとつ起きるかも。
    「雨宿りの、星たちへ」を読んで、そんな風に思っていただけたら嬉しいです^^
    いつも、温かいお言葉をくださり、本当にありがとうございます!
    また是非、気軽に感想もお聞かせください!

    小春りん(Link)   2017/02/21 22:46

  • azisai(^^)さん*

    こんにちは、こちらにも素敵なご感想をくださり、ありがとうございます! お返事が遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。
    高校時代って、将来に関る色々なことを選択しなければいけない時期ですよね。
    もちろん思い通りにいくことばかりではなくて、時には諦めなければいけないこともあると思います。
    azisai(^^)さんの仰る通りで、美雨と雨先輩は対象的なようで、とても良く似た二人だと私も思います。
    未来が視えても、見えなくても。
    大切なのは今ある現実を受け止め、自分なりの答えを探すことなのだと思います。

    azisai(^^)さんも今日まで、色々な経験をされてきたのですね。タクちゃんの幸せを自分のことのようによろこんでくださるazisai(^^)さんは、とても心の優しい方なんだなぁと思いました。
    少しでも、何か前向きになれるような。
    そんなものをこれからも書いていけたらと思いますので、気長にお付き合いいただければ嬉しいです!

    azisai(^^)さんのお言葉に、作者の私自身がハッとさせられることが、たくさんありました。
    こちらこそ、温かいお言葉をくださり本当に本当に、ありがとうございます!
    また是非、気軽に感想もお聞かせください^^

    小春りん(Link)   2017/02/01 16:48

  • こんにちは!今回のお話もじっくりと読みました!私も今高校生で、日々、進路やら、勉強やら、対人関係やら、と色んなものに追われています。そんな中でこの作品を読んで、言葉にしてしまうと薄っぺらく感じてしまいますが、とても感動しました。
    未来を"視る"という特異を持つ雨先輩と現実を見たことで未来を失っていた美雨ちゃん。対照的なようで実は似たところのある二人だと感じました。

    そして"命"を大切にしてくださってる話だと素直に思いました。私以前、大病を患いまして、タクちゃんのようになっていた時期もありました。期待してもどうせまた裏切られる。まさしくそう思ってました。毎日。だから、タクちゃんにドナーが見つかったとあったときに、自分の事のように舞い上がりました。ちょっと変ですけど笑


    最終的には雨先輩は特異を失ってしまいますが、きっとそれが雨先輩にとっては一番良い事となったのではないかと思いました。
    最後まで生きることを諦めないで。この作中でとても心に残った言葉でした。これからの人生、この言葉を忘れずに生きたいと思いました。

    なんか言いたいことがまとまらず、ぐちゃぐちゃになってしまい、すみません!
    とりあえず一番言いたかったことは
    素敵なお話をありがとうございました!
    今回もひとしきり泣きました笑
    これからも応援しています!!
    ということです(σ≧▽≦)σ

    azisai(^^)   2016/12/28 13:53