ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同居【お題】

    いじめられていたわたしが、同棲したのは…
    15歳と27歳…歳の差カップルの行方は⁉

    開く閉じる

    • 先生

    私は学校で1番人気の千晶先生と同居している。同居のことは誰にも言えない2人だけの秘密。同居以外でも千晶先生とは秘密の関係がある。

    私達は幼馴染みだったけど、千晶くんは父親の転勤で引っ越したので離れ離れになったけど、教師と生徒として再会出来るなんて思ってもいなかったので嬉しかった。

    「千晶くん……朝ごはん出来たよ」

    「お前……学校では絶対に千晶くんって呼ぶなよ」

    「呼びませんよ。千晶先生」

    「どうやら余計な心配だったみたいだな。でもダブルブッキングの相手がお前で良かったよ」

    「私も同じだよ……千晶くん」

    「同居のことも幼馴染みであることも絶対に秘密だからな。お前の友達にも言うなよ」

    「それくらい分かってるよ千晶先生」

    私にはもう1つ秘密がある。千晶くんは私の初恋の人……おそらく私の片想いだから、この気持ちは胸に秘めて千晶くんとの同居することにしたのである。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 授業中
    • 保健室

    えっと、、この状況は?


    ここは保健室。

    目の前には保健室仲間の後輩君。

    じりじりと横になっていた私のベットに
    手をついて中腰のまま近づく後輩君。


    『えっと、、近くない、、?』


    『、、、そうですか?』


    これで近くないとか後輩君の
    人との距離感どうなってんの?


    『ちょっ、、ほんと、、ちかっ、、』


    『鈍いんですよ、、先輩』


    ガンッ、、!


    私の背中がベットの頭の柵にぶつかる音。


    その後輩君の言葉に返そうとした私の言葉は
    後輩君の唇で邪魔される。


    『んんっ、、!』



    逃げようにも逃げれない、
    角度を変えて何回も何回もキスを落とされる。


    強引だけど、どこか優しく、そして甘いキス、、


    『っ、、ふっ、、はっぁ、、』



    やっと離れた唇、目の前には満面の笑みの後輩君。


    『その顔たまんない、、』


    このドキドキはきっとキスのせいだ、、

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ケンショウ学級 (RyU/著)

物語の感想など書いていただけると嬉しいです!
アドバイスや誤字の報告なども大歓迎。よろしくお願いします。

  • この作品はとても良かったし、夢中で、よんでました。
    最後まで予想のつかない方向でびっくりもしました。
    ただ、ひとつだけ、きになったのが、205ページのところに、カルテとか、記憶の塗り替えとかいろいろいってて、なんのことをいってるのかが自分はわかなかったので、できれば、教えてほしいです。

    香里亜   2019/04/11 21:27

    香里亜さん コメントありがとうございます!

    そのシーンに関しては春馬の回想シーンになっていますが、どういった記憶の改ざんがあったのかは読者様に投げかける形にしています。

    前回もケンショウ学級を勝ち抜いた彼だからこそ改ざんした記憶かもしれませんし、次の教室で上手くやるために改ざんした記憶かもしれません。
    また彼もとアイツのことを言っているので教師としてケンショウ学級を運営する立場になる際にも何かしらの改ざんが行われるのかもしれませんね。

    1ページ1ページしっかりと読んで頂けたのが伝わってきてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

    作者からの返信 2019/04/12 12:00

  • 桜良 白です!
    1ヶ月前、このケンショウ学級を見つけ、夢中で読み進めました。しかし、途中で更新が途絶えており、しかも最後に更新されたのが1年前となっていました。そして、ダメもとで感想ノートを書かせていただいたのですが、また更新が始まり、すごく嬉しかったです!

    ケンショウ学級が再び更新されてからの1ヶ月間は、毎日毎日更新を楽しみにしていました。
    今まで読んだミステリーの中で一番最高です!

    一人称だと思っていたのに、まさか色んな人の視点があっただなんて…
    しかも、ちゃんと書き分けられていたなんて…

    アナグラムは、HARUMA,OOUEとなっていて、びっくりしました。

    こんなに素晴らしいミステリーをありがとうございます!!!

    桜良 白   2019/04/11 12:54

    桜良 白さんコメント有難うございます!
    この物語が完結に至ったのも、未完で更新できていないにも関わらず読者登録をしてくださった方々の存在や、桜良さんのコメントがあったからこそで本当に感謝しています。

    応援してくれていた方々にきちんと物語の行く末を届けることができて、本当に良かったです。

    アナグラム大正解です!あとがきまで目を通して貰えたみたいで書いた甲斐がありました。笑

    最後までお付き合い頂き本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/04/11 13:11

  • 初めまして!!
    最後まで読み終わりました!!

    もう、本当に鳥肌ものでした!!

    ミステリーのランキングで、この作品に出会ったのですが…
    読み始めた瞬間から、惹き込まれまるで自分も藍斗や春馬ともにケンショウ学級の一員になった様なきがしてとてもドキドキしました!!

    私自身、大学で心理学をとろうと考えているのでより胸にきました!!

    これからの作品も、楽しみにしています!
    素敵な作品をありがとうございました🥰

    わたなべ あい   2019/04/11 10:24

    わたなべ あいさんコメントありがとうございます。
    最後までご覧頂きありがとうございました!

    心理学に興味があるのですね!今回題材にしているものはほんの1部の有名な実験のみですし、今は心理学も多岐に渡って研究される学問になっているので、ぜひ心理学科に進学されてもそうでなくても勉強して見てください、色んな物の見方を得ることができるかと思います!

    一人称視点のメリットとして、感情移入がしやすいというのもありますが、僕の拙い文章でも臨場感をもって読み進めて頂けているのは本当に読者の方の想像力が高いからだと思っています。

    嬉しい感想本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2019/04/11 11:36

  • こんにちは。なや あんりと申します。
    私は桜良白さんと知り合いで、桜良さんから「ケンショウ学級」をオススメされたので、読み始めました。

    ついに、アイツの正体が…。
    私は、藍斗がアイツかな?とずっと思っていました。「一人称」というキーワードがやけに強調されているので、
    もし藍斗がアイツなら読み手に真実を隠しているだろう、なので私達は騙されてしまうのだろう。と考えました。

    春馬も怪しかったですが、逆に違うかな、と思っていたのでまさか、まさか…先生だとは…

    ビックリです!
    もう、鳥肌がたちましたよ。

    スタンフォード監獄実験を元にした映画もあるそうですね。
    見てみようかな…。

    素晴らしいミステリーをありがとうございました!


    なや あんり   2019/04/11 07:29

    なや あんりさんコメントありがとうございます!
    そして最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    視点も意識して読んで頂けていたようで、すごく嬉しい感想を頂きました!本人が犯人であるケースも驚きますよね。また、ミステリー系に手を出す時には挑戦してみようかなと思います。

    スタンフォード監獄実験を題材にした映画に関してですが、僕も観させてもらっています。けっこう、衝撃強いので……鑑賞お気をつけて。汗

    改めて、最後まで物語にお付き合い頂きありがとうございました。コメントもとても嬉しかったです。もし、よければ桜良 白さんにも完結したよ。とお伝え頂けると嬉しいです。

    作者からの返信 2019/04/11 11:30

  • こんにちは。桜良 白です。

    173ページまで読ませていただきました。
    とても臨場感があり、まるで自分も教室にいるかのような錯覚を覚えました。
    サイコパスのような「アイツ」の正体。クラスの中にいる黒幕。全てが気になって早く続きが読みたいです!
    更新されることを願っております。

    桜良 白   2019/03/09 15:46

    桜良 白さん
    コメントありがとうございます!
    物語の雰囲気に、共感しながら読んでいただけているようで嬉しいです。

    物語もクライマックス、少しずつではありますが更新をしていければと思います!是非、犯人を推理しながら読み進めてみてくださいね。

    作者からの返信 2019/03/10 13:58