ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    「はぁ……」

    「溜息ついたら幸せ逃げるぞ」

    隣の席の柳が頬杖を付きながらそう云った。

    「我慢する方が身体に悪いわ…」

    私は机に腕を伸ばして、そのまま顔を伏せた。

    「何かあったなら聞くけど?」

    「聞いてくれる?!」

    その言葉に私はガバッと顔を上げた。

    「最近売れてる芸能人!男性なのに女顔で、凄く綺麗な顔してるの!!もう憧れの顔よ…あんな顔になりたかったと思ったら最後…自分の顔が辛い」

    言ってて悲しくなってきた…
    自分の見た目に自信無いもん、可愛くないしスタイルも良くない

    「はぁ〜…なんだ、そんな事?」

    柳が深い溜息を付きながら頭を掻いた。

    「いや、そんな事じゃないよ?!重要だからね!こんな醜女じゃ、恋人出来ない」

    駄目だ、泣きそう…

    「そう?」

    急にほわっと両頬が温かくなった。
    柳が私の頬を挟んで自分の方へ向けたからだ。


    「可愛いじゃん。俺は好きだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上

    バタンッ


    『今日の空は綺麗だな〜!』


    私は“空”が好き。


    嫌なことを全て忘れられるから。


    『よし、描こっと』


    カリカリ


    私は絵が好き。だから美術部に入っている。


    でも描くのは空だけ。


    見る度に表情が違うから全然飽きない。


    1番好きなのは夕方の空。


    理由は…


    バタンッ


    「遥華ー!!」


    大好きな君に、会えるから。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中

    「妃奈ちゃん。どっかわかんないとこある?」



    『うーん。あっ、ここ出来ないです…。』



    「あ〜。ここね。僕もあんまり上手く出来ないけど」



    •*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪



    「多分こんな感じだと思う!出来る?」



    『多分出来ます。』



    「良かったー。」



    『ありがとうございます。助かりました!』



    「いえいえ。先輩だし!あっ。でも…」



    ナデナデ


    『!!?』



    『えっ!?どうし「妃奈ちゃん。」…はい。』



    「妃奈ちゃん大丈夫だから。もっと周りを頼って」



    『え?……でもっ「…いいから」』



    『…分かりました。』



    「よしっ」



    「そろそろ戻ろっか!」



    『あっ。はい。先輩は先に戻ってて下さい。』



    「分かった。じゃあまた後で!」



    ガラガラ



    『……~っ!!!』



    『はぁ…。顔があつい…。』

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

女神は蜘蛛の巣で踊る (明紫/著)

  • 小粋優心様。

     初めまして、明紫と申します!というか、それよりも、感想だけでなくレビューまで、有り難うございます!!すみません、何故かお知らせが見えなくて、感想に気がついた時にレビューも発見したのです、お礼が遅くなってしまって申し訳ないです(T_T)
    まりを楽しんで貰えたようで安心しました!この回はとにかく桑谷が可哀想で。仕方ないですけどね、惚れてしまったもん負けですよね(苦笑)この作品で女神は五作目になります。いまのとこ最後ですね。トマトときゅうりや漆原大地シリーズも読みに行って下さるとは大変だ!!伏して感謝します。どうかご無理なさいませんように!

    明紫   2016/11/21 21:33

  • mayaco様。

     初めまして~!!嬉しいです、特にコメントのないこの作品に、足跡を残してくださってありがとうございます!そうなんですね、奈良県民・・・穏やかなあの地。関西人の血が騒ぐっていうのは他の方からも言って貰ったことがあります(笑)その度に判るので笑ってしまう。あはははは。
     他の作品にも、再読という形で愛をたくさんありがとうございます!ほんま、私は幸せものです。この作品は桑谷がいつもより可哀想でしたよね。お疲れ様です、あの男・・・。ありがとうございました~!

    明紫   2016/09/05 07:51

  • 作品を読ませていただいた勢いで、コメントさせていただいてます(*^^*)

    いつでも安定のオモシロ痛快さ!な小川まりさん(笑) 、それを溺愛する桑谷さん、大好きなシリーズです♪
    明紫さんの作品は 会話のテンポや 心の中のツッコミなど、読んでてすごく心地いいんですよね~ 関西人の血がさわぐ(笑) ちなみに私は奈良人です。

    ベリカには久しぶりに来たので『明紫さんの新作が~♪』と嬉しくなり、黒胡椒~も再読しました(^^)
    引き続き 他作品もまた再読しようっと(*^▽^)/
    よい作品は何度読んでも楽しめます!

    mayaco   2016/09/04 21:51

  • さつぽむ様。

     こちらにも!!やったー、ありがとうございます!何せ感想をあまりいただけなくてですね・・・ダメやったかな、とか凹んでいたのです。助けて下さってありがとうございます~。
     ここまでくるとまりは楽しんでますよね。わざわざトラブルに突っ込んでいってる。可哀想な桑谷・・・。読んで下さって、コメントも、ありがとうございました!

    明紫   2016/05/29 09:52

  • こちらも完読!
    今回はよりハラハラが増して、最後まで心配だったです〜^^;
    もーぅまりさぁぁん!

    大きな借りも作っちゃいましたし、雅坊の成長も楽しみなので!また新作が出る事をのんびりお待ちしてまーす(^ ^)

    さつぽむ   2016/05/28 16:12